最新ブログ ネタバレあり、古典部シリーズ氷菓の最新作「いまさら翼と言われても」感想・レビュー


英語のアナグラムを自動生成してくれるサイト「Wordsmith」

Webサービス

英語のアナグラムを自動生成してくれるサイトをご紹介。アナグラムとはアルファベットの綴りを組み替えて別の単語や文章にするというものですが、Wordsmithはそれをシステムで作成してくれます。

広告

アナグラムの自動生成

まずはサイトにアクセスします。こんな画面に

anagram01

 
Find anagrams forという欄に英単語を入力し「Get anagrams」をクリック。とりあえずdigitalcatと入れてみます。するとこんな感じに

anagram02

 

129個も別の単語の組み合わせが見つかりました。「advanced」というリンクをクリックすると条件を決めて検索ができます

anagram03

 

「Generate anagrams in this language」の所はアルファベットを使っている言語であれば別の言語に変えられます。

色々試してみます。Red rumというお酒は逆から読むと殺人者(Murder)に。これは有名ですね

anagram04

 

Dormitory(寮)という単語は並び替えるとDirty Room(汚い部屋)に。これはなかなか皮肉が効いていますね

anagram05

 

One plus twelve(1+12)は並び替えるとEleven plus two(11+2)に。答えが合っているのが面白いですね

anagram06

 

こんな感じで活用できます。ぜひどうぞ。

広告

ハリーポッターのアナグラム

いかがでしたでしょうか。日本語のアナグラムは基本的にレベルが低く、ほとんどは意味の通じない言葉かくだらないダジャレのようになってしまいます。ふと頭に浮かんだ英単語を入れてみたり、小説家を目指している人はネタ作りにぜひどうぞ。

ちなみにハリーポッターで有名な名前を言ってはいけないあの人の本名はTom Marvolo Riddle。並び変えるとI am Lord Voldemort(私はヴォルデモート卿だ)になります。おっと言ってしまいました。

アマゾンにクーポンがある事は意外とみんな知らない

Amazonクーポン 食料品も日用品も安い!

楽天だって毎日タイムセールをやっていますよ

楽天タイムセール 毎日19:00から。昼にチェックしておこう!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


Webサービス
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて