最新ブログ iPhone8/8 Plus予約開始!iPhone7/7 Plusと何が違うかスペック比較


LCCのScoot(スクート)成田から台北!機内は広いし有料Wi-Fiも使えます

旅行・ホテル

LCCのScoot(スクート)で成田から台北に旅行したのでレポ。ボーイング787の機内は広くて快適、有料のWi-Fiも契約して試してみました。台湾は身近な国。ぜひ成田空港や新千歳空港からスクートでフライトをどうぞ。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


Scoot(スクート)で成田空港から台北までフライト

LCCって知ってますか?ローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略、要は安い航空会社です。既存の高い航空会社はレガシーキャリアと呼ばれています。

スマホで言えば格安SIMのようなもの。これも最近流行ってますね。フルサービスで高いお値段よりもサービスを簡略化してお安くというやつの飛行機版です。

マイルが貯まらないとか各種サービスが別料金とか色々コスト削減をしています。私は年に10回は海外に行きますがほとんどLCCしか乗りません。所用時間が変わらないのに爆安ですからね。当然SIMも格安SIMユーザ。

今回LCCのScoot(スクート)さんにスポンサーになっていただき、成田空港⇔台北桃園空港の航空券を用意してもらったのでレポートします。黄色いイメージカラーを見た事のある人も多いのでは。

 

#スクートガジェ旅

旅の目的は台湾に行ってガジェットを見てくるというもの。台北は気軽に行ける海外でSIMフリースマホや変なガジェットが多く、そういう人達にも楽しめる場所です。全行程が雨であまり動けなかったのが残念。。

ちなみに私だけでなくガジェット系ブロガー4人での旅でした。ガジェットブログを書いて生活しているガルマックスさん、LCCや旅行情報にも詳しいいがモバさん、社会人とブロガーの二足の草鞋を履きこなすトバログさん。そして私でじねこ.com

業界の有名人達とご一緒できて恐縮!みんなこれから旅行記を記事にするはずなのでアクセスしてみて下さい。まずは成田空港での搭乗手続きからどうぞ。

 

成田空港のスクートチェックインカウンターは第二ターミナル

スクートはLCCでありながらJALなどのレガシーキャリアと同じく第二ターミナルにチェックイン受付カウンターがあります。私は第三ターミナルも嫌いではありませんが、10分ほど歩くので敬遠される方もいるとか。

その点スクートは安いのに第二ターミナル。3階のBカウンターに行けばOK。

電車で成田空港まで来るなら降りる駅は「空港第2ビル」駅

成田空港の電車の駅は初見ではどこで降りたらいいかわからないという人が多いです。国際線と国内線が入り混じるレガシーキャリア向けの第一ターミナルと第二ターミナル。そしてLCCが集まった新設の第三ターミナル。

第一ターミナルは「成田空港」駅、第二ターミナルは「空港第2ビル」駅が降りる駅。第三ターミナルは電車の駅はなく、第二ターミナルから歩いて行く必要があります

成田空港への電車でのアクセス

 
前述の通りスクートはLCCでありながらレガシーキャリアと同じく第二ターミナルにチェックインカウンターがあるので、電車で来る場合は「空港第2ビル」駅で降りましょう。

もう「成田空港第1ターミナル駅」「成田空港第2ターミナル駅」と改名した方がいいですね。頭が悪すぎます。

バスで成田空港まで来るなら東京駅から900円

バスは乗り換えがないので手軽と言えば手軽です。所要時間は1時間。以下のリンクに予約方法と公式サイトのリンクをまとめています。大江戸温泉経由なら3日前には予約を済ませましょう。

 

チェックイン・搭乗手続き

スクートの受付である第二ターミナル3階のBカウンターにて。受付は出発の3時間前から開始です

成田空港のスクートチェックインカウンター01

 
スクートの機内持ち込み手荷物はエコノミーでも2個合計10kgまで持ち込み可能。LCCによっては7kgだったりします。

預ける荷物も20kgまで大丈夫。買い物で荷物が増える事を考えると嬉しいですね。

成田空港のスクートTZ201便のチケット01

 

機内のシートが広い!ボーイング787

今回のTZ201便は台北経由でシンガポールに行く便。私達は台北で降ります。11:45成田発で14:55台北着。所要時間は3時間10分ではなく、時差があるので4時間10分。

機内にやってきました。モニターなどはなし、シンプルなシート

スクート TZ201便 ボーイング787の機内の様子01

 
スクートは航空機にボーイング787を採用しています。今回はエコノミークラスの座席ですが十分な広さ。ジェットスターのビジネスクラスと同等の余裕ですね

スクート TZ201便 ボーイング787の機内の様子02

 
窓がちょっと面白い。ボタンを押すと…

スクート TZ201便 ボーイング787の機内の様子05

 
通常モードの窓が

スクート TZ201便 ボーイング787の機内の様子03

 
偏光カットモードに。眩しい時にGood

スクート TZ201便 ボーイング787の機内の様子04

 
足元にはコンセントがありますがこれはエコノミーの場合有料(路線により5シンガポールドルまたは8シンガポールドル)です。ビジネスマンにはありがたいですね

スクート TZ201便 ボーイング787の機内の様子06

 

機内食、まぁこんなもんか

機内での軽食はスナックやハーゲンダッツなど。6~8シンガポールドルくらい

スクート TZ201便 の機内食01

 
ビジネスクラスのスクートビズだと無料ですが、エコノミーだと機内食は有料です。大体12シンガポールドルくらい。私は鶏肉の蒸し煮ライス添えをチョイス

スクート TZ201便 の機内食02

 
「機内食ってこんな感じだよね」という味です。マッシュルームが美味しかったのでもっと欲しかった

スクート TZ201便 の機内食03

 

スクートの機内Wi-Fiの接続手順

スクートは空の上でもインターネット接続できる機内Wi-Fiを有料で提供しています。JALとかでもやってますね。速度が大して速くないのは仕方ないですがメールチェックやブラウジングくらいならOK。

プランは20MBで5ドル・1時間で11.95ドル・3時間で16.95ドル・24時間で21.95ドルの4種類。ここだけUSドル表記なのはわかりづらいので改善してほしい

スクートの機内Wi-Fiの接続手順01

 
機内Wi-Fi接続手順は以下の通り。スマホは機内モードにしておきWi-Fiはオン。その状態で「ScootWiFi」のSSIDに接続すると画面が自動遷移します。しない場合はURL手打ちでwww.scootwifi.comにアクセスしましょう

スクートの機内Wi-Fiの接続手順02

 
セキュリティコードを入力して「SUBMIT」をタップ。次の画面でプランをチョイスします

スクートの機内Wi-Fiの接続手順03

 
1時間や3時間

スクートの機内Wi-Fiの接続手順04

 
24時間。私は1時間プランを選びました。メールアドレスを入力して「Proceed」をタップ

スクートの機内Wi-Fiの接続手順05

 
パスワードを決めて「Create Acount」をタップ、姓名を入力して「Proceed」をタップ

スクートの機内Wi-Fiの接続手順06

 
「Buy Now」をタップしてクレジットカード情報を入力し「Pay Now」をタップ。これでインターネットが可能に

スクートの機内Wi-Fiの接続手順07

 
で、空の上から私がツイートした内容がこれ。画像付きツイートくらいなら問題なくいけるのでインスタやFacebookも大丈夫

 
ブラウジングも普通にできました。ビジネスマンにはいいですね

スクートの機内Wi-Fiの接続手順08

 

台北着!まずはSIMカードを購入

みんなでキャッキャウフフしていたら台北の桃園国際空港に到着しました。ここではまずSIMカードを買いましょう。4社くらいSIMカードを販売している会社が見つかると思いますが、見比べて良さげなプランを提示しているところにすればOK

台北のSIMカード売り場01

 
今回は3泊4日だったので亜太電信の「3日+キャンペーンで1日、230台湾ドルで使い放題」というプランにしました。このキャリアは爆速で100mbpsとか普通に出たりします

台北のSIMカード売り場02

 
設定もお店の人がやってくれるのでSIMフリースマホを出すだけです。私はZenFone3にイン。台湾はモバイルネットワークが優秀なのでSIMを買うのがおすすめ。

台北のSIMカード売り場03

 

台北へのフライトならスクートをどうぞ

スクートでのフライトはLCCにも関わらず広い機内で快適でした。時間帯や料金にもよりますが自信を持っておすすめできます。日本からは札幌の新千歳空港か千葉の成田空港から便が出ているのでぜひ台湾に遊びに行ってみて下さい。

ガジェットを見て回った記事については台北の小米之家(シャオミの家)への行き方。台湾はXiaomiスマホやガジェットが大人気をどうぞ!

同じ航空券でもここから買うと安くなるって知ってました?ブックマーク推奨。

高級ホテルだけじゃない。バックパッカーや安宿も最安値保証!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


旅行・ホテル
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて