最新ブログ ミュウツーのEXレイドは9月以降に実装、ジム別のレイドバトル招待状が必須


ユナイテッド航空のオーバーブッキング乗客引きずり下ろし事件は人種差別と言うより航空会社と警察の質の問題では

アメリカのユナイテッド航空がオーバーブッキングで乗客を他の便に振り替える際、警察に強制排除を依頼し力づくで引きずり怪我をさせた動画が出回っています。ニュースにもなっており人種差別ではとの声もありますが、単純にユナイテッド航空とシカゴ警察の質の問題ではないでしょうか。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


ユナイテッド航空がオーバーブッキングで乗客を強制排除

アメリカのユナイテッド航空が大不祥事を起こしています。かいつまんで言うと、オーバーブッキングで誰かを降ろさなくてはいけない状況で警察の手を借り乗客を強制排除したもの。引きずり降ろされた乗客は顔面血だらけ。

降りなくてはいけない人員は4人。そのうち二人は暴力被害を受けたアジア人の医師とその奥さんで、残りの二人と奥さんは降機に同意したそうです。しかしアジア人の医師は患者の診察を理由に拒否。

日本でも昨日のツイッタートレンドで一位になるなど話題になっていましたが、中にはアジア人だから降機候補に入れられ引きずり下ろされたのではという意見も見られました。

オーバーブッキングで飛行機を降りなければならない状況とはどういう事なのか調べてみました。結論から言うと単にユナイテッド航空が航空会社として、シカゴ警察が警察として低品質な組織というだけな気がします。

航空会社が定員以上の乗客の予約を受け付けるオーバーブッキングは良くあることだが、9日夜の米ユナイテッド航空の場合、男性が無理やり座席から降ろされ、口から血を流しながら通路をひきずられるという事態に発展した。ただでさえ問題山積の同航空はさらに悪評を重ねることになったわけだ。いったいどうして、こんなひどいことになってしまったのか。

なぜこんなことに? 米ユナイテッド航空はなぜ乗客を引きずりおろした

 

オーバーブッキングになると誰かが必ず飛行機から降りなければいけない

オーバーブッキングとは座席数を超えた予約を航空会社が受ける事で席が足りなくなる現象です。航空会社は別便への振替や日時・時間帯によってはホテルの確保、そしてボランティアの補償として現金や小切手を出します。

これはどの国の航空会社でも約款で定められており誰かが搭乗を諦めない限り飛行機は飛びません。つまり補償金を提示して乗客の中から降機候補を募り飛行機から降りてもらうという大筋の流れは特に問題がないわけです。

 

自社社員を横入りで優先搭乗させるのはオーバーブッキング?

じゃあ何が問題だったのかというと、普通のオーバーブッキングではカウンターでのチケット発券時、最低でも機内へ乗り込む前にボランティアを募るはずです。予約数の超過は前持ってわかっているのですから当然ですね。

しかし今回のユナイテッド航空の事件では乗客が飛行機に乗り込んだ後、ユナイテッド航空のスタッフ4名が乗り込むために乗客が割を食う形でボランティアの募集が行われたようです。なんとも理不尽な話。

私が調べた限りではスタッフの乗り込みがオーバーブッキングに値するのかどうかの答えは見つからなかったのですが、常識的に考えれば自社の事情こそ離陸前に把握しておくべきであり、そのしわ寄せが顧客にいくというのはアメリカなら裁判を起こされても仕方ないレベルの話でしょう。

 

ユナイテッド航空は800ドルしか補償金を提示しなかった?

またユナイテッド航空が渋ったのか他の規定があったのかはわかりませんが、補償金の限度額よりも低い金額を提示していた中で強制排除が行われた可能性があります。

ボランティアで降りてくれる人間が立候補で出てきた場合はVDB(Voluntary denied boarding)と言いますが、今回のケースはIDB(Involuntary Denied Boarding)と呼ばれる強制搭乗拒否。

IDBの場合の補償金額はアメリカの国内法で定められており、今回のシカゴ・オヘア空港→ケンタッキールイビル空港は国内線なので2時間以内の代替便がない場合は最高で1,350ドルの補償金出せるはずです。

Compensation shall be 400% of the fare to the passenger’s destination or first stopover, with a maximum of $1,350, if the carrier does not offer alternate transportation that, at the time the arrangement is made, is planned to arrive at the airport of the passenger’s first stopover, or if none, the airport of the passenger’s final destination less than two hours after the planned arrival time of the passenger’s original flight.

14 CFR 250.5 – Amount of denied boarding compensation for passengers denied boarding involuntarily.

 
追記:最高額は1,350ドルですが、購入した金額の400%が上限なので今回の便であるUA3411のチケットを200ドルで買っていた人は800ドルが上限となりそうです。しかしそれなら乗客に対して一律で金額を提示はできないと思うのですが。。

 

飛行機から降ろされる人間はランダムなのにアジア人が選ばれた?

また「アジア人ばかり4人が選ばれた。人種差別だ」という意見もWebでは散見されました。私もフランスのレストランや鉄道のチケットカウンターで差別的な対応をされた経験があるので、アジア人に対する嫌がらせみたいなものは確かに存在していると思います。

しかし今回選出された4人が全員アジア人というのは私が探した限りはソースがありませんでした。仮にそうだとしてもそこに差別的な意図が込められているかは証明のしようがないでしょう。

そしてランダムという言葉の部分ですが、多分これは翻訳の問題だと思います。発端となっているのは最も拡散されている以下のツイート

 
「ランダム」と聞くとコンピュータやダーツで無作為抽選みたいなイメージが確かに湧きますが、ユナイテッド航空は搭乗の優先順位についてのポリシーを持っておりこれに従い人選を行ったはずです。訳としては「不特定の乗客の中から」が正しいのでは。

航空券をお持ちで、時間どおりにチェックインされても、まれに対象フライトの座席をお客様にご提供できない場合ありますが、その際はユナイテッド航空の規定に従ってください。このような状況をオーバーブッキングと言い、対象フライトを安全に運航するために制限が適用される場合(機材の重量制限など)、当初予定していた大型の機材より小さい機材を使用しなければならない場合、あるいはご用意できる座席数より多くのお客様のチェックインと搭乗手続きを行ってしまった場合に発生します。

フライトのオーバーブッキングが発生した場合でも、コンファーム済みの座席をお譲りくださる方がいらっしゃるかどうかをお尋ねする前に座席のご利用をお断りすることはありません。座席を放棄していただけるお客様が十分に見つからない場合、搭乗優先順位に関する当社のポリシーに基づき、お客様の搭乗を拒否させていただくことがあります。チェックインとその他の規定に従ってお客様の搭乗をお断りせざるを得ない場合は、お客様の権利とオーバーブッキング時の搭乗優先順位の決定方法を明記した声明書をお渡しいたします。お客様は補償の対象となり、振り替え便が用意されます。

オーバーブッキングが発生した場合に、お客様に対して適正かつ一貫した対応をいたします ユナイテッドのお客様へのお約束

 
そのポリシー内容はおそらく運送約款に書いてある部分と思われます。日本語ページなのに英語で書いてあるのは勘弁して欲しいですが、基本的には障碍の有無・年齢・搭乗クラス・日程・会員ステータス・チェックイン時間などの情報から判断するとの事。

現場レベルの担当者の思考内容は読み取りようがありませんがアジア人だから種差別的な意図で選ばれたという意見は早計だと言う事です。

 

シカゴの空港警察の暴力は言語道断

先述した通りオーバーブッキング時の降機依頼は仕方のない事ではあります。しかし流血するほどの怪我を負わせて引きずり降ろすというのはどう考えてもやりすぎですよね。動画は貼りませんが顔面が血だらけでした。

乗客を強制排除したシカゴの空港警察の担当者はすでに停職処分になっているとの事。さすがにアメリカの警察は横暴ですね。日本の警察も十分腐敗しているとは思いますがいくらなんでもこんな事件が起きるとは想像できません。

広告

 

ユナイテッド航空乗客引きずり下ろし事件の問題点まとめ

そもそも自社スタッフの緊急乗り入れがオーバーブッキングの定義に法っているかが疑問。通常のオーバーブッキングは乗客数の問題で搭乗前に判明する

補償金額を800ドルまでしか提示しなかった可能性。規定最高額の1,350ドルまで提示すればボランティアが名乗り出たかもしれない

シカゴの空港警察は言語道断。犯罪者でもないのに暴力的に強制排除なんてアメリカこわい

ユナイテッド航空のボランティア募集対応については、おそらくは人種に関係なく規約の優先搭乗順位に基づきチョイスしたもので、人種差別問題に結びつけるのは早計です。

もちろん被害者の「自分は医師であり患者が待っている」という拒否理由はその他のビジネスや観光目的の乗客よりも緊急性の高いものだと判断してしかるべきですし、私はユナイテッド航空を今後使う気にはなれませんが。

ユナイテッド航空は低品質で有名。今回の事件ではそれに拍車をかける結果となりました。補償金の話はともかく、結果的に自社の都合をオーバーブッキングと言い張って乗客を暴力で排除したわけですから。

アマゾンにクーポンがある事は意外とみんな知らない

Amazonクーポン 食料品も日用品も安い!

楽天だって毎日タイムセールをやっていますよ

楽天タイムセール 毎日19:00から。昼にチェックしておこう!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


生活・健康・持論
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて