最新ブログ Amazonサイバーマンデー2016おすすめ商品とジャンル別リンク集。Kindleやゲーム機や家電などセール中


USB3.0や3.1の規格の違い。MacBookなどのUSB Type-Cポートを増設するハブ

USB3.0とUSB3.1って何が違うの?とわかりづらかったので噛み砕いてまとめました。最近はUSB Type-Cポートを搭載したスマホやノートPCも増えてきました。MacBookで使っている増設ハブもご紹介。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

USB2.0とかUSB3.0とかUSB3.1とか違いがややこしい

USBはユニバーサル・シリアル・バスの略で、みなさんご存知PCやらスマホやらプリンタに搭載されている機器接続端子・ケーブルの事です。でもこれ、一口に「USBケーブル」と言ってもどれだかわからなくてややこしいですよね。

ちなみにiPhoneは独自規格の「Lightning」という端子。Androidに多いマイクロUSBケーブルではなく、Lightningケーブルでなくては充電できません。

USBは形状もたくさんあるし2.0とか3.0とか数字の違いもわかりづらいのでちょっとまとめてみました。今の最新規格はUSB3.1Gen2となります。

 

USBはコネクタの形と性能で分かれている

簡単に言うとAとかBとかCとかアルファベットが形状を表し、2.0とか3.0とか3.1とか数字が性能を表しています(語弊がありますがとりあえずこれで覚えるとラク)。形さえ合えば性能を無視してとりあえず繋がります。

Type Aは一番スタンダードな長方形。今までのPCについていた裏表のわかりにくいやつです。最近はリバーシブルのUSB-Aケーブルも出ていますが。

Type Bはプリンタとかに繋げる凸みたいな形状。今後消えていきます。最近の外付けHDDでもほとんど採用されていません。AndroidスマホによくあるのはマイクロBという小型のやつ。

Type Cは小型で平たいリバーシブル形状。これが今後主流となり、最新のノートPCやスマホで採用されています。MacBookもCタイプ。形状が見たい方はサンワサプライのUSBケーブル・アダプタ製品をどうぞ。

性能を無視すると言ったのは互換性の事。形が同じUSB-Aの機器でも、片方2.0でもう一方が3.0の性能を持っていた場合は低い方(つまり2.0)のデータ転送速度となります。

今後は形状的にはUSB-Cが一般的になっていきますし、性能的にはUSB3.1が主流となっていきます。安い製品にまで普及するには10年くらいかかるかもしれませんが。

USBの性能の違い
  データ転送速度(理論値) 充電性能
USB2.0 480Mbps
(48MB/s)
500mAh 2.5W
(5V/0.5A)
USB3.0 5Gbps
(500MB/s)
900mAh 4.5W
(5V/0.9A)
USB3.1(Gen1) 5Gbps
(500MB/s)
1000mAh 100W
(5V/20A)
USB3.1(Gen2) 10Gbps
(1.2GB/s)
1000mAh 100W
(5V/20A)

本来bps(ビットパーセコンド)とB/s(バイトパーセコンド)の変換は8bit=1Byteで計算されますが、USBインターフェースは8bitを10bitとして転送します。Gen2は128bitを132bitとして転送。理論値の部分をそれを加味した計算になっています

 

USB3.1にはGen1とGen2の二種類がある

現在最新のUSB規格はUSB3.1です。USB4.0と名付けてくれればわかりやすいのに。ところで、表に書いたようにUSB3.1にはGen1とGen2の二種類があり、使うケーブルは同じですがデータの最大転送速度は倍違います。

わかりやすいのがMacbook。12インチの無印MacBookのUSBポートは形状がUSB Type-Cで性能はUSB3.1のGen1

MacBookのUSB3.1はGen1対応

 
対してMacBook ProのUSBポートは形状は同じくUSB Type-Cでも性能はUSB3.1のGen2

MacBook ProのUSB3.1はGen2対応

 
充電性能は変わりませんがデータ転送速度はハードの段階でスペックが違うという事ですね。MacBook ProのUSBポートは後述するThunderbolt3にも対応しています。

 

MacBook ProはUSB3.1Gen2対応だけど…

記事執筆時点のAppleの最新ノートPCは12インチのMacBook、そして13インチ・15インチのMacBook Pro。これらはUSB Type-Cのポートを搭載しています。

表の通り、10Gbpsは実行速度(理論値)で言えば1.2GB/sです。この転送速度が活かせる製品というと転送速度の早いSSDくらいでしょう。例えばこんな外付けSSD

 
これはUSB3.1のGen2に対応しているので、同じくGen2に対応しているMacBook Proにつければスペック上の最大データ転送速度に近い速度が発揮できるはず。

あるいはThunderbolt3を活用して外付けのグラフィックボードを積むなど。MacBookとMacBook Proに搭載されているUSB Type-Cポートはどちらも形状は同じですが、ProはGen2だけでなくThunderbolt3にも対応しています。

Thunderbolt3はディスプレイへの出力が主目的のケーブル規格ですが転送速度が最大40Gbpsと高速(USB Type-Cと同じ形状にも関わらず)なので、将来的にスピードが必要な周辺機器の接続に役立つ可能性があります。

 

外付けHDDやUSBメモリを接続したいならUSB3.0で十分

しかし従来の機器はほとんどUSB-Aの形状。性能的にはUSB3.0相当(Aコネクタの形で3.1はない)ですが、ほとんどの周辺機器はこれで十分オーバースペックです。

私が調べた限りではUSBハブでUSB Type-C Gen2に対応した製品はありません。接続先がHDDやUSBメモリなどであればUSB3.0の500MB/sで十分。従来のUSB-Aコネクタ(3.0)を増やすハブがおすすめ。

USB3.0は給電能力が900mAhなのに対しUSB3.1は1,000mAhですが、最大データ転送速度はどちらも同じく500MB/s。USBメモリや外付けHDDの読み込み・書き込み速度でこれを超える事はまずないので気にしなくてOKです。

 

MacBookに使っているUSB Type-Cポート増設ハブ

書いた通り、USBのポート増設ハブで3.1Gen2に対応した製品は多分ないです。そして大抵の用途ならそれで十分です。じゃあMacBookなどUSB-Cポートが足りない場合はどのハブがいいのか。

今回メーカーさんからプレゼントいただいたUSBハブはUSB3.1のCポート(Gen1)の数はそのままでUSB3.0のAポートの数を4つ増やせるもの。黒いやつです

dodocool USB Type-Cハブ03

 
以前MacBookにも最適!dodocoolのUSB Type-CハブアダプタはPC充電対応でおすすめで紹介したものは三角形でデザイン性が高いのですが、インナーケースの中でやや場所を取るんです

dodocool USB Type-Cハブ02

 
こちらは薄型の長方形。USB-Cは入出力が一つずつ、そしてUSB-Aが4つ

dodocool USB Type-Cハブ04

 
裏面は滑り止め

dodocool USB Type-Cハブ05

 
これならインナーケースにもフィット

dodocool USB Type-Cハブ06

 
MacBookに繋ぐなら電源アダプタからUSB-Cの入力ポートに差し

dodocool USB Type-Cハブ07

 
そこからMacBookへ。これでPCの充電も可能

dodocool USB Type-Cハブ08

 
USB-Aポートを一つ使ってLightningケーブルでiPhoneを充電

dodocool USB Type-Cハブ04

 
三角形の方はUSB-CポートがUSB3.0ですが、こちらはUSB3.1(Gen1)。違いは充電能力です。USB3.0が900mAhに対しUSB3.1(Gen1)は1000mAh。USB-Aポートは数も性能も一緒です。

MacBook本体の充電にどこまで違いが出るかわかりませんが(多分そこまで顕著には違わない)、使いやすい形状と十分な性能を併せ持ったおすすめのUSBハブです。USB-Cポートを減らさずにUSB-Aポートを増やしたい人はどうぞ。

アマゾンにクーポンがある事は意外とみんな知らない

Amazonクーポン 食料品も日用品も安い!

楽天だって毎日タイムセールをやっていますよ

楽天タイムセール 毎日19:00から。昼にチェックしておこう!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


スマホ・パソコン周辺機器
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて