最新ブログ シンガポールのリトルインディアで海月姫に出てきたフィッシュカレーを食す


初めての格安スマホ・格安SIMの選び方。おすすめは3万円以下のSIMフリー機

格安SIM・MVNO

格安スマホと格安SIMの選び方。最新のおすすめ機種

格安スマホ・格安SIMの選び方のコツをお教えします。初めての人はもちろん誰にでもおすすめできるのが3万円以下のミドルレンジスペックのSIMフリースマホ。機種が多すぎて比較に困っている人に。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

初めての格安スマホ・格安SIMの選び方

今まではドコモ・au・ソフトバンクからスマホを買っていたはず。スマホだけでなくそれぞれの回線であるSIMカードも同時契約でした。SIMカードは電話番号やケータイ会社のネットワークを使うためのカードです。

ここ最近流行っているのが「格安スマホ」。これは単に安いスマホというよりは3大キャリア以外から単品で購入できるSIMフリースマホの事です。もちろん安くもありますが。

同じく話題になっているのが「格安SIM」。格安スマホと同様にSIMカード単体で購入できるため、機種に合えば好きなスマホに入れて通信ができるわけですね。こんな感じ

初めての格安スマホ・格安SIMの選び方。おすすめは3万円以下のSIMフリー機

 
このページでは初めての格安スマホと格安SIMの選び方をお教えします。きっと満足いく契約ができるはずですよ。最新の値下がりキャンペーンも追記していく予定です。

 

格安スマホはミドルスペック機を買おう

契約なしで単体購入可能な格安スマホ。iPhoneは取り扱い機種の違いがないので対象外。iPhoneとAndroidのどちらを買えばいいかわからない人は初めてのスマホの選び方。iPhoneとAndroid、おすすめはどっち?をどうぞ。

Androidは機種がたくさんあるので何を選んだらいいのかわからないという人は多いかと思いますが、選び方のコツは3万円以下のミドルレンジスペック機に絞る事です。

ドライな考え方として、スマホはコストパフォーマンスを重視すれば満足いく買い物ができます。要は性能と価格の比較で優れたもの。なぜならほとんどの人にハイスペックは必要ないから。

中くらいの性能のスマホで大抵の事はできる

PCでも同じですが、やりたい事に合わせたスペックは確かに必要です。動画編集をガンガンやりたいなら性能も価格も高いPCでないと厳しいのは当たり前。

しかしスマホでやりたい事を考えてみて下さい。ほとんどの方が「メールやLINE、あと画面がキレイな機種がいい」と言ったライトな用途のはずです。

今までは3大キャリアの決まった機種から選ばなくてはいけませんでしたが、GalaxyやXperiaあたりはいわゆる「かなりいいヤツ(高価)」です。私がおすすめするのは「そこそこいいヤツ(安価)」。

性能差があるのは事実ですがよほど大げさな事をやらない限り許容範囲です。きっと手元に届いた時に「この価格でこのクオリティなら十分すぎるじゃん。買って良かった」と思うはずです。

※処理が重そうな特定の用途があるならそこはしっかり下調べして下さい。3Dのゲームアプリがやりたいとか。

 

3万円出せば十分。おすすめの格安スマホ

2016年3月現在のおすすめ機種は5つ。一つはASUSが出している「ZenFone」シリーズの最新作である「ZenFone Go」。5.5インチと大きめですが、本日発売の最新機種にも関わらずお値段は21,384円。

 
同じく最新機種の「ZTE Blade V580」は性能的には同等ですがフルHDの液晶となっています。画面のキレイさを重視してプラス9,000円出せるならこっち。

 
今最も熱いのが5.2インチの「Nexus5X」。元値の半額近くにまで値下がりしています。私もさっき注文しました。これは総合的に考えて「かなりいいヤツ」が格安スマホの価格帯にセール中なので期間限定のおすすめ品。

輸入する形になるので香港からの送料と4.8%の消費税を含め16GBモデルで35,000円、32GBモデルで40,000円程度。3万円以下ではないですがGalaxyやXperiaと同等以上と思ってOK。

 
そんなに大きいスマホは持ちづらいよ、という方におすすめなのが5インチで出ているFREETELの2機種。32GBの容量で18,000円とコスパ最高の「雅」、容量は16GBの代わりに電池持ちの良い17,000円の「Priori3S LTE」。

 

格安SIMはどの会社を選べばいい?

格安スマホは単体でも購入できますが、格安SIM会社がSIMカードとセットで売っている場合もあります。もちろんSIMカードだけで契約する事も可能。

目当ての機種が目当ての格安SIM会社で販売されていればエイヤっとセットで購入してしまってもいいのですが、私は自分自身もそうである事からスマホとSIMカードは別々で買う事をおすすめしています。画像でいうと右

格安SIMと格安スマホはセットで購入も可能

 
理由は電話番号ごと移行するのは敷居が高いから。格安SIMでの通信は本家のドコモやauよりも遅くなりがち(その代わり安い)なので、まずは気に入った格安スマホを購入してからデータ通信SIMを契約して試してみるのがコツ。

格安SIMには音声通話SIMとデータ通信SIMの2種類があり、データ通信SIMであれば解約料もかからず新しく買った格安スマホで通信速度をチェックできます。

 

まずは格安スマホとデータ通信SIMを買い増しして試そう

いきなり音声通話SIMを契約するのも敷居が高いかもしれません。まずはデータ通信SIMをおすすめ格安スマホに入れればそれだけで格安SIM・格安スマホデビューができてしまいます。

乗り換えでなく買い増しなら現在の自分の環境・持っているケータイや電話番号は変わりません。格安スマホと格安SIMの組み合わせに問題がなかったら、そこで初めて電話番号を移行すればいいのです

格安スマホにいきなりMNP乗り換えするとこうなる

 
いきなり音声通話SIMを契約して自分の番号を移す(MNP)と何か不満があった時に戻れなくなってしまいます。電話番号の環境を変えずにまずデータ通信の速度と格安スマホの操作性を試してみるのが満足度の高いやり方

格安スマホとデータSIMを買い増しするのがおすすめ

 
音声通話SIMは人気の格安SIMとおすすめのMVNOを比較。最新のキャンペーン情報にまとまっているのでまたアクセスをどうぞ。

 

格安スマホ・格安SIMの選び方まとめ

「格安スマホ」はドコモなどキャリアの契約なしで買えるSIMフリースマホ。格安SIM会社が販売していたりも

おすすめは断然3万円以下のミドルスペック機。ほとんどの人が満足できる性能と価格のはずです

まずは安い機種にデータ通信SIMを入れて買い増しの形で試すのがポイント。気に入ったなら電話番号を移行しよう

今のケータイは何も変えずにまずインターネット専用のスマホを手にいれるイメージです。特に問題がなければMNPで音声通話SIMを契約し、データ通信SIMを解約すれば大丈夫。

欲しい格安スマホの機種代と今の月額がどれだけかかっているかを比較してみて下さい。もしかして半年程度で元が取れるんじゃないですか?

追記:11月下旬からUQモバイルとワイモバイルでiPhone5sが100円で投げ売りされています。いつまでやっているかはわかりません。

在庫の関係かわかりませんが、ワイモバイルではiPhone5sの16GBも32GBも同じ100円となっています。16GBを買う理由はないので必ず32GBモデルを買いましょう。UQモバイルは16GBモデルしかない様子。

UQモバイルはau回線、ワイモバイルはソフトバンク回線の格安SIM会社です。月額料金が安い代わりにスマホのラインナップが貧弱という欠点がありますが、初めてのスマホを探している方にiPhone5sはかなりおすすめできます。

月額料金はどちらも月間6GBまで通信できて3,218円。この料金には、ワイモバイルなら10分以内の通話が月300回無料になる特典、UQモバイルなら3時間分の無料通話もついています。

1年後はキャンペーンが外れて1,000円値上がりしますが、それでもドコモやauやソフトバンクでスマホを持つと8,000円くらい月額料金がかかる事を考えるとかなり安く手に入ります。

これは新規契約またはMNP(番号そのまま他社へ乗り換え)で適用されるキャンペーンなので、現在ドコモ・auを使っている人はワイモバイル、ドコモ・ソフトバンクを使っている人はUQモバイルへ乗り換えましょう。

auからUQモバイル、ソフトバンクからワイモバイルの乗り換えは系列会社なのでキャンペーンが適用されません。上記の太字のパターンで乗り換えて下さい。詳しくは公式サイトをどうぞ。ワイモバイルは「スマホプランM」、UQモバイルは「たっぷりプラン」を選びましょう。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


格安SIM・MVNO
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて