最新ブログ Amazonサイバーマンデー2016おすすめ商品とジャンル別リンク集。Kindleやゲーム機や家電などセール中


楽天が「楽天モバイル」をスタート。格安SIMでMVNO参入

格安SIM・MVNO

ねこ

楽天が楽天モバイルにて格安SIMサービスを開始。ZenFone5というスマホもセットで販売します。価格などまとめ。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

楽天モバイルとは

ドコモやauの回線を間借りしてSIMカードの販売を行うMVNOと呼ばれるサービス、その楽天版です。
日本通信とかmineoなんて名前を聞いた事があると思いますが同じ形態の事業です。前者はドコモ回線、後者はau回線。

楽天モバイルはドコモのMVNOという事でドコモ回線のサービスになります。番号を変えずに乗り換えるMNPもできますし、新規契約でSIMだけ発行する事も可能。

楽天モバイルではSIMだけでなく端末も販売するそうなので、価格やサービス内容をまとめました。

 

楽天モバイルの費用

月額料金

SIMにかかる月額料金です。SIMは標準・Micro・Nanoの三種類から選択可能。20円/30秒で通話も可能。

高速通信容量 月額料金(税込み)
0GB 1,350円
2.1GB 1,728円
4GB 2,322円
7GB 3,196円

 

高速通信容量は読んで字のごとく、高速で通信できる容量です。ここからはみ出ても200Kbpsの速度であれば追加料金なしで通信可能。
0GBプランは最初から200Kbpsという事ですね。

ZenFone5スペック・端末価格

SIMフリーのAndroidであるZenFone5が28,512円(税込み)となっています。分割払いも可能。以下はスペック

OS Android 4.4.2
CPU Snapdragon 400 1.2GHz
(クアッドコア)
ディスプレイ 5インチ 1280×720
メモリ 2GB
容量 8GB
通信 Wi-Fi a/b/g
カメラ メインカメラ 800万画素
インカメラ 200万画素
外部接続 micro USB
イヤホン・ヘッドホン
micro SD
バッテリー 2110mAh
センサー 加速度センサ
電子コンパス
光センサ
近接センサ
磁気センサ
GPS
サイズ 幅148.2mm
奥行き72.8.mm
高さ10.34mm
重さ145g

 

スペックは容量が8GBな点、液晶が貧弱な点を考えると中の下と言ったところ。
前述の通り28,512円ですがZenFone5自体は楽天に関係なく単体販売されます。しかも普通に買うと同じ金額で16GBモデル、3,000円アップで32GBモデル。

11月8日(土)からAmazonなどで売り出されるので単体で買う事をおすすめします。SIMフリーでこの値段は相当お買得ですよ。

その他・オプション料金

ここを計算に入れておかないと契約時に痛い目を見るかもしれません。全て税込み表記。要チェック

初期費用 3,240円
端末お見舞金サービス 月額378円
安心サポートサービス 月額540円
高速通信容量追加 100MB/300円
SIMカード再発行 1枚2,160円
SIMカードサイズ変更 1枚2,160円
SIMカード交換 1枚2,160円
MNP転出手数料 3,240円
キャッチホン 月額216円
留守番電話 月額324円

 

キャッチホンやら留守番電話やらは必要がなければ申し込む必要はありません。

 

楽天モバイルの特徴

iPhone・iOS8対応

つい先日、au系のMVNOであるmineoがiOS8をサポートできないというリリースを出しました。
楽天は公式でiPhone対応とうたっているのでさすがに大丈夫でしょう。非対応ならこのタイミングで通達があったはずなので。

こちらで動作確認が取れている機種の一覧が見られます。

ドコモ端末でも使える

SIMフリーのスマホだけでなくドコモのスマホでも利用可能。SIMロックがかかっていても大丈夫。ドコモiPhoneでもいけます。

広告

 

楽天モバイルの注意点

プランの変更は不可

途中でのプラン変更は不可と書いてあります。やると解約扱いになるんでしょうね。

1年契約

途中で解約すると違約金がかかります。金額の記載は見つけられませんでした。判明次第追記します。

速度制限あり

直近3日間の通信量によっては速度制限がかかって200Kbpsの速度に落ちます。
2.1GBプランは3日あたり360MB、4GBプランは3日あたり400MB、7GBプランは3日あたり1.2GB。越えると遅くなります。

 

楽天モバイルまとめ

2.1GB1,728円、4GB2,322円、7GB3,196円
ZenFone5は普通に買った方がいい
SIMはドコモの機種に差し込んで利用も可能

総合すると微妙な感じ。SIMはドコモで使えるのが利点とはいえ料金やサービスは平凡ですし、ZenFone5は普通に買った方が間違いなくいいです。SIM単体ならアリ。

SIM単体の販売はすでにスタート、端末とのセット販売は予約受付中。なお現在は新規契約のみ。MNPの場合は11月6日(木)から受付開始との事。

端末とセットの申し込みで1,500ポイント付与、楽天でんわの利用で1,000ポイント付与、など色々なキャンペーンもやっています。公式サイトでご確認を。

せっかくならZenfone5とのセットで端末100円、とかやれば良かったのに。三木谷さんにしては踏み込みが足りない。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


格安SIM・MVNO
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて