最新ブログ iPhone8/8 Plus予約開始!iPhone7/7 Plusと何が違うかスペック比較


震災時の格安SIMの繋がりやすさ。通話は本家ドコモ回線と同じ、データ通信はMVNOの混雑度次第

格安SIM・MVNO

人気の格安SIMとおすすめのMVNOを比較

震災時の格安SIMの繋がりやすさについてIIJの堂前氏が見解を出していました。音声通話は本家ドコモと同じ品質、データ通信は現地の混雑度にプラスしてMVNO自体の混雑度が影響してきます。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


震災時に格安SIMの通信速度はどうなるか

熊本の大震災は今も続いており被災者は避難生活を余儀なくされています。断続的な地震という事で現地の対応も難しいらしく、東日本大震災のノウハウが生かされていない感じもしていますね。

電話を中心としたケータイ通信が混み合って繋がらないのは災害大国の日本では良く聞く話ですが、今回の熊本大地震でも基地局の破損とトラフィックの増大によりやはり繋がらない状況になりました。

そんな中、東日本大震災の頃には一般的でなかった格安SIMでの通信はどういう影響を受けたのかIIJの堂前氏が答えていました。IIJはさすがですね。普段からネットワークの検証結果を公開してくれている信頼度の高いMVNO(格安SIM会社)です。

基地局が混雑した場合に起きる「つながりにくさ」は、MVNOも携帯キャリアも関係ないのですね。

堂前氏
厳密に言えば、たとえばSIMフリー端末の場合で限られた周波数帯にしか対応していないものはより影響が出るかもしれません。ただし、細かな違いを除けば、MVNOも携帯キャリアもつながりやすさは同条件です。

――仮定の話になりますが、もしMVNOと携帯キャリアのネットワークをつなぐ相互接続点が震災に見舞われ使用不能となった場合、MVNOによる通信は利用できなくなってしまいますか。

堂前氏
残念ながら、利用できなくなってしまいます。また、相互接続点に注目が集まりがちですが、認証系のシステムも非常に重要です。一例を挙げれば、端末をデータ通信ネットワークにつなげていいかの判断は認証サーバーが行っており、ここに障害が起きた場合は認証が通らずネットワークにはつながりません。

IIJ堂前氏に聞く「震災時におけるMVNOの実力」 音声通話・SMSはキャリアと全く同等、データ通信はMVNOの状況次第

 
ここで言う携帯キャリアとはドコモの事。MVNOは大手キャリアの回線を借りていますが「UQ mobile」「mineo」「Fiimo」がau回線であとは全てドコモ回線を使っています。

 

データ通信はMVNO自体の混雑度が品質のカギ

詳しくは被災地の熊本ではソフトバンクとauの電波が繋がりづらい?ドコモは通信できている様子で書きましたが、MVNOはドコモ回線が混んでいる地域では本家ドコモと同等に混みます。そしてプラスもう一点、MVNO自身の全国的な混雑度に影響を受けます。

これは引用した記事内で相互接続点と呼ばれているもの(専門用語でPOIと言います)で、格安SIMユーザなら体感している通勤時間・昼・20時以降に皆が通信して遅くなるあの現象です。あれは相互接続点が混み合っているのが原因。

ただこれは震災時に関係なくMVNOが普段から抱えている問題です。つまり持っているデータ通信帯域が混雑時には足りなくなる。しかし音声通話と違いデータ通信は震災時に特別に増大はしていません。

IIJの堂前氏は認証系のシステムについても言及していますが、こちらは混雑度ではなく物理的な破損や人的ミスが主な要因なのでユーザ側が気にしなくてOKです。

 

音声通話はドコモと全く同じ。データ通信品質は下位互換

まとめると格安SIMは音声通話は本家と全く同じ品質、データ通信品質は完全な下位互換という事です。途中に物理的・論理的に機器やシステムを中継させているので通信速度低下の可能性も脆弱性も高いと思っておきましょう。

そしてその代わり月額料金が安いというのが特徴なのです。品質が同等なのに料金が安いなんてうまい話はありません。どこかでコストダウンしている、その最たる部分がデータ通信速度。

音声通話の品質は本家ドコモと全く同じ。データ通信の品質は本家ドコモに比べて劣る

熊本の大地震では音声通話トラフィックは定説通り増大したがデータ通信はそこまで増えなかった

格安SIMは災害時に特別、というより普段の通信品質がそのまま影響してくる

今回の熊本大震災ではPOIや認証系のシステムに影響がなかったとの事なので(POIも認証システムも熊本にあるわけではない)、MVNOだから殊更に影響を受けたわけではなくドコモ回線を使っているユーザと同じような体感だったはずです。

 

震災時のネットワークは会社とユーザで作ろう

私はこれからも格安SIMでの通信をメインにしていくでしょう。MVNO自体の混み具合や脆弱性を考慮に入れてもその影響は普段の月額料金と天秤にかけると軽い印象を受けたからです。

データ通信についてはネットワーク会社の設備によるところが大きいですが、地震や災害時にLINEで電話するのはいいの?→ダメではないですが通話は控えましょうで書いた通り、音声通話の混雑度は被災地外からの通信にユーザが気を配る事で混雑は大幅に緩和できるはず。

震災時に大切な人の声が聞きたいというニーズはもちろんありますが、ネットワークに負担をかけない代替手段もたくさんあります。

単純に電話するよりはLINEなどのIP電話で通話した方がいいですし171の災害伝言板もあります。普段は意識する事はないですが、特に被災地外のユーザは災害時こそ配慮したいものです。

私も以前使っていましたがIIJmioは自社だけでなくネットワーク全体の事を考えて検証やデータの公開を行っているとても良いMVNOです。

 
複数回線契約時の料金プランが優秀なので特に音声通話SIMが必要な方に私は勧めています。二人暮らしなら一人あたり月間5GBデータ通信ができて月額2,138円。

iPhone8やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


格安SIM・MVNO
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて