最新ブログ Amazonサイバーマンデー2016おすすめ商品とジャンル別リンク集。Kindleやゲーム機や家電などセール中


格安SIMの通信速度比較。DMM mobileとOCNモバイルONE

格安SIM・MVNO

DMM mobile・OCNモバイルONEの格安SIMの通信速度比較

格安SIMは何よりも通信速度が気になるはず。DMM mobileとOCNモバイルONEのSIMの通信速度を都内で比較してきました。生活圏や時間によって通信品質は異なりますが参考にどうぞ。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

DMM mobileとOCNモバイルONEの通信速度の比較

月額料金はDMM mobileが最安値とはいえ、MVNO(格安SIM会社)で重要なのは通信の品質。同じプランが100円高くても通信速度が速い方がいいに決まってます。

そんなわけで現在契約している格安SIM2社を都内で比較してみました。DMM mobileとOCNモバイルONEです。

DMM mobileはSIMフリーのiPad mini2に差さっており、OCNモバイルONEはSIMフリーのXperiaZ SO-02Eに差さっています。

どちらもテザリングでiPhoneに電波を飛ばし計測しています。それではどうぞ。

 

秋葉原駅での通信速度比較

混み合っているところがいいと思い秋葉原駅を選びました。総武線ホームのイスに座っています。時間は帰宅ラッシュの18時20分から18時25分。4/25に計測しました。

左がDMM mobile、右がOCNモバイルONE。下り(ダウンロード)はDMM mobileが2.19Mbps・OCNモバイルONEが0.67Mbps。上り(アップロード)はそれぞれ3.02Mbpsと4.02Mbps

DMM mobile・OCNモバイルONEの格安SIMの通信速度比較。秋葉原

 
もう一度。今度は下りが1.89Mbpsと0.52Mbps、上りが0.46Mbpsと0.61Mbps

DMM mobile・OCNモバイルONEの格安SIMの通信速度比較。秋葉原

 
二回目の計測でどちらも上りがダウンしましたが、電車が来るタイミングなどはあるでしょう。どちらも影響を受けているので条件に忠実な結果とは言えそう。

私は動画を見ないので、1~2Mbpsの速度が出ていれば格安SIMという製品の面目躍如と考えます。なんせ月間3GBで1,000円もいきませんからね。

とはいえ0.5Mbpsくらいになるとちょっと厳しいかなという感じ。秋葉原は人が多いのでしょうがない話ではあります。

 

新宿駅での通信速度比較

今度は新宿。16時前ですが休日なのでもの凄い人。湘南新宿線のホームで計測しています。

左がDMM、右がOCN。下りが1.19Mbps、上りが0.30Mbps。OCNは4回ほど試しましたが全てタイムアウトとなりました

DMM mobile・OCNモバイルONEの格安SIMの通信速度比較。新宿

 
正直残念な結果に。ただOCNの名誉のために言っておきますと、通信速度計測アプリでタイムアウトになろうともツイッターやメールなんかは開けました(iOSのテザリングは端末をスリープ状態にすると勝手に切れるので、私はOCNのSIMが入ったAndroidからのテザリングをメインとしています)。

速度はかなり落ち込んでいたでしょうが完全に通信できなかったというわけではないです。DMMは一応1Mbpsを保っています。

 

川口駅での通信速度比較

16時過ぎ、今度はちょっと用事のあった川口へ。そこそこ人はいますが新宿には及びません。ネットワーク的にも空いているはず。

DMM mobileが下り2.77Mbps・上り1.92Mbps。対してOCNが下り0.52Mbps・上り0.46Mbps

DMM mobile・OCNモバイルONEの格安SIMの通信速度比較。川口

 
やっぱり人がいないと通信の品質も違うのは当然。しかしOCNは振るわない結果に。DMMは安定して通信ができています。

 

東京駅での通信速度比較

20時前の東京駅。DMMは下り1.7Mbpsで上り2.58Mbps。OCNは下り0.49Mbpsで上り0.43Mbps

DMM mobile・OCNモバイルONEの格安SIMの通信速度比較。東京

 
以上、都下と都内の4地点で計測した結果は全体的にDMM mobileの勝ちとなりました。

広告

 

ネットワーク品質は水物

ドコモやソフトバンク、auなどの大手キャリアもそうですが、格安SIM会社であるMVNOのネットワークは場所や時間の影響を殊更に受けます。

いくら評判が良くても利用する時間帯によっては満足な通信ができない事もあるでしょうし、都心なのか田舎なのかによっても違います。遅すぎて我慢できないという友人もいる事から、私は都内で利用する方には月間通信容量無制限のプランは勧めません。

MVNOは基本的にドコモのネットワークを使っていますが、ドコモと事業者間のパイプ(POIと言ってスペックは非公開です)は会社によっても違いますし設備投資が行われれば改善する事もあります。

通信品質でボロクソに言われている日本通信(b-mobile)も、月間容量制限なしのプランで月に300GBを超えて通信するヘビーユーザが15人ほどいたのが要因の一つとの事でした。

しかし2月26日に大きな設備投資を行ったそうで、それ以降は通信速度調査でもいい数字が出ているみたいです。

 

おすすめの格安SIMはDMM mobileとIIJmio

でじねこ.comではDMM mobileとIIJmioをおすすめしています。

DMM mobileは業界最安という事で気軽に申し込んだら快適に使えたナイスなSIM。今回の計測でも私にとっては十分な結果を残しました。

 
IIJmioは私は使っていませんが、ユーザの口コミをネットでさらっと見てみるとネガティブな反応が見当たりません。最近速度が落ちてきているそうですが、取材によるとこちらも5月下旬に改善予定。今後も通信品質には期待できます。

 
どちらも料金は最安クラスなのに頑張っている2社です。容量を使い切って低速回線に落ちても速度の低下を感じさせないバースト機能つき。おすすめです。

 
OCNモバイルONEは最近いい口コミが増えてきたので期待していたのですが、私の環境ではDMM mobileに劣る結果となりました。

もちろん快適に使えている方もたくさんいるわけで、OCNがなしというわけではありません。1日110MBで自動繰越し対応のプランは使い勝手がいいです。

 
文中に置いたリンクに料金などまとめているので、ドコモのスマホを使っている方やSIMフリーのスマホを持っている方はどんなものか見てみて下さい。ご自身の環境での通信速度チェックには最安プランがおすすめです。

私の環境でDMM mobileの調子がとてもいいのはMVNOとして後発だからユーザがまだ少ない、とかでしょうか。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


格安SIM・MVNO
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて