最新ブログ Amazonサイバーマンデー2016おすすめ商品とジャンル別リンク集。Kindleやゲーム機や家電などセール中


ガラケーはいつまで販売される?2017年以降生産終了に

スマホ・Android

ガラケーはいつまで販売されるか

ガラケーやフィーチャーフォンと呼ばれる従来型携帯電話がいつまで販売されるか、再来年くらいに生産中止となりそう。今後はスマホやガラホに置き換わります。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

ガラケーの生産は2017年で終了

いわゆる普通のケータイ、かっこよく言うとフィーチャーフォン。仕様が日本独自のものが多いためガラパゴス・ケータイ(ガラケー)と呼ばれ親しまれてきました。

最近はタッチパネルのスマホが一般化してきたためほとんど売れず、メーカーも生産・開発コストがかさむ事からどんどん機種が少なくなっていってます。

そんなガラケーも再来年には一機種も出そうにないとの事。国内メーカー各社は生産中止を伝えたそうです。

パナソニックなど日本の携帯端末メーカーが独自の基本ソフト(OS)を載せた従来型携帯電話、通称「ガラケー」の生産を2017年以降に中止する。スマートフォン(スマホ)の普及が進み、ほぼ日本だけで通用する従来型携帯は開発が重荷になっていた。コスト削減のため、開発する全端末のOSをスマホの標準である米グーグルのアンドロイドに統一する。日本がかつてけん引した従来型携帯の基幹技術がその役割を終える。

従来型携帯(ガラケー)の生産終了 国内各社、17年以降 NECは端末完全撤退

 

今後はAndroidがベースに。ガラケーはガラホに置き換わり

ガラケーのOSは「Symbian」というものが主流になっており、これを基本として生産すると開発コストが高くついてしまいます。

対して現在のスマホのOSである「Android」はオープンソースと呼ばれ無償で提供されているので独自開発の必要がありません。今後は今以上にAndroidが主流になってきます。

じゃあガラケー的なケータイはもう買えなくなるのかというと、ガラケーのような形でAndroidが搭載された「ガラホ」が選択肢として出てくる事になります。

 
すでにauから一機種発売されていますが、どうしてもスマホは嫌だという方はガラホという言葉をチェックしておくといいかもしれません。

広告

 

基本的にはスマホへの乗り換えがおすすめ

しかし5年10年という長い目で見てガラホが生き続けるかどうかはわかりません。

昔のAndroidはそれは酷い出来で全く使い物になりませんでしたが、最近はタッチパネルの精度も素晴らしくおサイフケータイやワンセグといった馴染みのある機能も盛り込まれています。

ガラケーに比べるととてつもなく大きく重くなるので取り扱いには気を揉むかもしれません。ボタン式でないタッチパネルでの入力も初めは慣れが必要でしょう。

 
今のAndroidは5インチなんかの大きな機種が多い為、初めてのスマホでは4インチのiPhone5sなんかがおすすめです。今ではうちの両親も結構iPhoneを使いこなしていますよ。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


スマホ・Android
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて