最新ブログ Amazonサイバーマンデー2016おすすめ商品とジャンル別リンク集。Kindleやゲーム機や家電などセール中


Facebookが同情ボタン(Sympathize)を開発中

Facebook

ねこ

FacebookがSympathize(同情)ボタンの開発を進めているそうです。Facebookにはいいね!というボタンがありますが、それが似つかわしくない投稿に対して用意するとか。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

FacebookのSympathizeボタン

Facebookのウリの一つであり様々なSNSがパクっている「いいね!」ボタンですが、ここにきてSympathizeボタンの開発が進んでいるとか。

Sympathizeは同情する・察する・共感などの意味を持つ動詞ですが、確かにいいねと言いづらい投稿もFacebook上にはあります。

そういった投稿に対しても一定数のリアクションを発生させ全体の活性化を図るのが狙いでしょう。

このいいね!というニュアンスが特定の投稿に対して気が引けるという問題は日本だけでなく言語の壁を越えて存在していたのですね。興味深い。

Facebook は、話題に応じて「Like (いいね)」の代わりをする「Sympathize (同情、共感)」ボタンを開発していることを明らかにしました。

「Like! / いいね!」ボタンといえばFacebook を象徴する機能のひとつですが、明るくない話題についても「いいね!」は如何なものか、共感を伝えるものと分かってはいても、「ひどい目に遭って良かったね!」と言っているようで気が引ける、という議論は言語を問わず続いてきました。

Engadget

 

いいねとの使い分けは考えられている

現段階ではどんな場面でもSympathizeボタンが押せるようになるわけではないとの事。

投稿者が「この投稿はSympathizeボタンで」と指定する事により、閲覧者側にいいねボタンの代わりにSympathizeボタンが現れる仕組み。

要は投稿者の方で前もって「この投稿はいいねを押しづらそうな話題だよね」と気遣う必要があるという事ですね。

このあたりがどういうインターフェースになるか、またそもそも実装されるかなどは未定ですが、使い勝手を損なわないものだといいですね。

広告

 

日本語版は「わかる!」と予想

英語圏ではLike!となっているいいね!ですが、Sympathizeボタンはどうなるのでしょう。

Sympathizeという単語はとても使えない(以前あったRecommendは長過ぎました)ので、英語圏では絵文字のようなものかSymなどの略語、または別の単語になるでしょう。

では日本語版はどうローカライズされるかというと、個人的には「わかる!」になるのではと思っています。「共感!」もありですが漢字は採用しないはず。

日本語はニュアンスが細分化されすぎているので増やすなら徹底的に増やすのも面白いと思いますが、とりあえずはリリース待ち状態です。

少なくとも同情!(直球)はないでしょう。この記事にはぜひ同情ではなくいいねをお願いします。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


Facebook
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて