最新ブログ iPhoneの充電ケーブル断線しすぎ!耐久性の高いLightningケーブルを買っておこう


フリー素材をDMCA通報された件、該当写真は著作権的に問題はありませんでした

ブログ運営

でじねこ

フリー素材サイトの画像を使った記事がDMCA通報を受けてGoogleの検索結果から消えてしまった件、素材サイトのphoto ACさんからは写真の著作権が問題なかったと返信がきました。

フリー素材を使っているのにDMCA通報された件

一月ほど前にフリー画像サイトの写真を使ったブログ記事が著作権侵害で検索結果から削除されたという記事を書きました。経緯は読んでいただくとして私の立ち位置としてはphoto acさんから返信がないとどうしようもない状況。

で、実は記事公開後に返信はきていました。色々とやりとりはあったのですが、結論を言うと該当素材は確かに該当ユーザが作ったもので著作権的に問題はないとの回答。ちなみにこの写真

雷

 

photo ACでは本人確認機能を実装

今回の件を受けてphoto ACは写真アップロード者の本人確認機能を実装しています。身分証の画像を送って認証する形。

アップロード者が画像をどこかからパクってくるケースを防げるわけではないので案件的には無関係ですが、何かあった場合に確認が取りやすくなる作用はありそうです。

確認が取れたアカウントはプロフィールに「※本人確認済み」と出ています。今回の件では画像に問題はなかったとの事なのでACワークス株式会社さんも被害者のようなものですね。

 

Googleの検索結果からは削除されたまま

検索結果から消されたのはHi-Bitがフレッツ光のサービス卸でまた行政指導。NTTを装う電話勧誘には要注意という記事ですが、画像に問題がない事は確認できてもGoogleがそれを一向に理解してくれないので画像自体を消しています。

また最初の異議申し立てで「著作権利者とphoto ACの間での話でしょ」と名前を出した経緯もあるのでphoto AC側からも同様の旨で連絡をしてもらっています。しかし現在も状況は変わらずです。

せめて日本語が通じてレスポンスがあれば弁も立つのですが、私の英語力に限界があるのと内容についての返信がなく定型文しか返ってこないので時間がかかりそうです。忙しいのでしょう。

 

Googleに通報をした菊池徳さんは本当に権利者なのか

photo ACさんに確認を取ってもらったので私的には一安心ですが、必然的にそもそもの通報者である菊池徳さんが権利者でないという事になります。

菊池徳さんの主張は「私はフリーの写真家で、該当の画像はhttps://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/1749にしか許可を出してない」というもの。

ところで、著作権侵害の報告で虚偽の申請をした場合、偽証罪に問われ損害賠償責任が発生する可能性があります。

著作物または行為が権利を侵害しているかどうかに関する通知に虚偽記載があった場合は、申立人に損害賠償責任が課せられることがあります(費用および弁護士料を含みます)。

著作権侵害による削除

 
現在マイナビニュースさんに「該当記事の写真は本当に菊池徳なる人物から掲載許可を受けたものなのか」と裏を取っている最中です。ただ虚偽の記載が判明したとしてもそこからの手続きは色々と面倒臭そうでゲンナリですね。

 

DMCAを悪用した手口で逆SEOを仕掛けられる

今回は画像をネタにDMCAという著作権法に則った(実際には則ってなかった)削除申請をGoogleが受理した形です。このDMCA申請を悪用した通報には様々な手口がある様子。

以下はあるブログ記事の「コメント欄に書かれた文章」が著作権侵害とされ記事自体を検索結果から消されてしまった例。

11月5日 「ごんた」なる人物が私のブログのコメント欄に書き込みをする

同日に「佐藤龍彦」なる人物がそのコメント欄の記述が著作権侵害だとGoogleに訴える

11月7日 Googleによって私の記事本文含めて全てが削除される

ちょっとしっかりしてくれよ、Google!
これがまかり通ったら大問題だよ。
消したい他人のブログ記事をいくらでも消すことができるってことだからね。

罠にはめられて「小さなお葬式」の記事を削除された件

 
要は第三者がコメント欄に書いた文章を別のプラットフォームにも用意しておき、そちらがオリジナルだと主張して通ってしまったわけです。

コメント欄を封じればOKと思いきや、本文自体をパクった上で投稿日付を過去にいじってブログに書き権利を主張するという手口を使われたらどうしようもありません。詳細は以下をどうぞ。

 

まとめ

Photo ACの素材に問題はなかった。返信もきた

Google検索から復活する気配はなし。忙しそう

同じ手法で通報されてしまう現状は変わらない

問題なのはDMCAに基づいたGoogleの審査がザルな事で著作権的にOKな画像だったとしても同じ手法の通報が受理されてしまう事ですね。実際問題申し立ては通ってしまっています。

別のプラットフォームに文章を転載した上で元の方をパクリだと通報すれば通ってしまっているようですし、仮に自前の写真でも同じ事をされれば検索結果から非表示にはできてしまうでしょう。

フリー素材云々とか著作権がどうのというのは手段に過ぎず、特定団体に不都合な記事を書くとあの手この手でDMCA通報されてしまう感じ。今のところ対策方法はなさそう。

結局解決はしていませんが、私としては今まで通りブログを書き、問題があったら対応し、こちらに非があったら謝り、そうでないなら謝ってもらえればそれでいいです。

ブログで稼ぐならアフィリエイトB。振り込み手数料が無料で翌月に報酬が受け取れる初心者におすすめのASPです。

合わせてアフィリエイトフレンズも登録推奨。同じ案件でも特別単価を出してくれたり無料のセミナーにも参加可能

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!



ブログ運営
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて