最新ブログ iPhone8/8 Plus予約開始!iPhone7/7 Plusと何が違うかスペック比較


ブログを開設して4年。ブログを始める前にやっておくべき事、更新を続けるコツ

ブログ運営

でじねこ

ブログを始めて4年が経ちました。これからブログを始める人の為にまずやっておくべき事をまとめます。後から修正するのは骨が折れるので最初にガツッと設定しておくのがおすすめ。更新を続けるコツもどうぞ。

ブログ開設4周年。最初にやっておくべき事と更新停止しない為のコツ

ブログを始めたのが2012年の4月1日なのでいつの間にか丸4年が経っていました。大体週に5~6記事ほどですが、そう計算しても総記事数が少ないのは過去記事を消しているからです。昔は動画紹介とかニュース紹介とかやっていたので削除しました。

ブログの収入だけで暮らしていけるくらいは稼げていますが、そうなるまでに非効率的な行動もあったので最初にやっておくべき事をまとめました。これさえ抑えればあとは更新するだけです。

プラス更新を続けるコツも記しておきます。ブログで収入を得たいのに更新が滞りがちな人のヒントになれば幸いです。

※趣味のブログは削除しない限り続いていると言えますが、ここで言うブログは「収入が得られるブログ」になります。それで暮らしたり副業としてお小遣いを稼いだり。

 

ブログ記事を書き始める前にやっておくべき事

記事を書き始める前にこれだけはやっておくといいです。こういうムダな作業時間はモチベーションを低下させる要因になりえるので実はかなり大切。これさえ抑えればほかの事はミスっても後からどうにでも修正できます。

 

最低限のSEOを効かせておく

これを意識しないとただの日記になりがち。知らずに更新を続けるとアクセスがないまま記事数だけが増えていきます。

とはいえテクニカルな事は何も必要ありません。ブログのSEOで気にするべき事なんてせいぜいこれくらいです。毎記事意識していれば面倒な事は何もないです。

 
キーワードという言葉を多用しましたがスパム的に同じ文言を繰り返すと逆効果だったりするので厳密にやらなくても大丈夫です。URLへのキーワード挿入(パーマリンク)は後からやろうとすると面倒という意味で挙げただけで大して効果はないですし。

 

WordPressのパーマリンクはPostnameがおすすめ

カテゴリ名をURLに含めるのはきちんと運用できればSEO的にも有利な印象はありますが、複数選んだ時にどちらのパーマリンクが採用されるかわからないなど運用上のデメリットの方が大きく感じています。

私は/%category%/%postname%/にしてしまったためカテゴリを変えるとURLまで変わってしまいます。総合的には/%postname%が攻守最強ではないでしょうか。

 

カテゴリ構造はしっかり考えておく

サイト全体で一つのジャンル・ワードを狙っていくアフィリエイトサイトならともかく、雑多な話題を取り扱うブログならカテゴリ分けをきっちり考えた方がいいです。

ブログのSEOのキモはカテゴリ強化を含めた内部リンク。カテゴリ名にも検索される文字列を含め階層は深くしすぎないのがコツ。

「IT」カテゴリにPCもスマホもWebサービスも詰め込むなら、少なくとも「スマホ」カテゴリは独立させて「iPhone」「Android」などをぶら下げる方がいいです。あるいは「スマホ」の下は各メーカー名のカテゴリにしてiPhoneやAndroidはタグで対応するか。

私は最初から失敗しているのでグダグダになっています。パーマリンクのおかげで下手に弄れません。このカテゴリ構造・タグ・パーマリンクを事前に考えるだけで一週間費やしてもいいと思うくらいには重要でした。

 

引用部分にはblockquoteタグを使う

〜引用ここから〜
外部から持ってきた文章だよ。量が多すぎると色々まずいよ。
〜引用ここまで〜

これは見栄えも良くないのでblockquoteで囲いましょう。後で修正するのは骨が折れます。私は全くの素人だったので古い記事がこんな感じですがWebの常識は覚えておいた方がいいです。

 

広告リンクにはrel=”nofollow”を入れておく

例えば記事広告を依頼され、公式サイトへのリンクを貼る場合には「リンク先にパワーを送りませんよ」というしるしでaタグにrel=”nofollow”を入れなくてはいけません。

こうしないと記事広告の依頼=金銭の授受により依頼者のサイトへリンクのパワーを送る事がいくらでもできてしまい、これはGoogleで言う有料リンクに当たるからです。

記事の文脈上で公式サイトのリンクが必要な場合はnofollowを入れる必要は全くありませんが、広告リンクとしての役割を持っているならば入れるべきですね。なおASPを通じて発行されたアフィリエイトリンクは最近ほとんどデフォルトでnofollowが入っています。

 

写真素材はスマホを横にして撮っておく

素材にもよりますが縦の写真はスクロールの手間があるのであまりブログでは使いません。後で写真素材にしそうなネタはスマホを横にして撮るクセをつけましょう。

 

画像はアップロード前に容量を落とす環境を作っておく

サーバのパワーが強いブログサービスを使っていたり画像だけ別サーバで配信しているならあまり気にしなくてもいいですが、WordPressなら画像の容量には気を配った方がいいです。

私は画像ファイルは大体50KB以下にしています。写真の重さは読み込みの遅さ、ひいては離脱率やSEOに関わってきます。格安SIMが増えてきた昨今ではページの軽さは重要。

WordPressではアップロード後に容量を削減できる「EWWW Image Optimizer」というプラグインもありますが私の環境だと削減率もそんなに高くなく、圧縮されていないファイルもたくさんありました。

私はMacなので「iMage Tools」でサイズを変更し「Skitch」で注釈を入れ「イメージオプティム」で容量を削っています。

 

画像は極力自前で用意する

引用要件を満たしていれば画像の引用もOKですが、権利者をリスペクトする姿勢を大事にしていればそうそう問題にならないというだけで「画像を外からコピーしてきた時点で著作権違反」と思っていいです。

なのでアイキャッチや文中の写真は自分で用意した方がいいです。フリー画像もフリーと言いつつ規約が面倒だったりするので私はあまり使いません。著作権についての理解はもちろん必須ですが不要な画像は不要。

アニメや漫画の画像を勝手に持ってきたり一コマだけオチに使ったりとかはやめた方がいいです。明らかな著作権違反はASPの審査に落ちる要因になります。

この間フリー画像サイトの画像を使っていた記事が著作権の侵害申し立てを受けてGoogle検索から削除されました。結論を言うと言いがかりをつけられただけで画像に問題はなかったのですが、顛末を知りたい方はどうぞ。

 

画像を連続で置く場合は説明→画像→改行の順

レビューなどで連続して画像を載せる場合、先に画像を置き後から説明に当たる文章を書くのはわかりづらいです。それまで書いていた文章がその画像の説明かと誤認しスクロールで戻る手間が発生するため。

日本語は視認性・可読性が高いので数行なら瞬時に読めますが、それを指している画像は一瞬ではなく細かく見たい場合もあるはず。順序が逆だと戻って画像を確認する手間が出てきます。

ニュースサイトによくある注釈(キャプション)の形でフォントを変えてピッタリと下につけるならわかりやすいですが、特にガジェット系は「その画像が何を表しているか」を本文に記述する事が多いはず

画像の注釈

Nice boat.

 
並べる場合は画像と解説文のセットの後ろにスペースがないと解説文が上下どちらかの画像を指しているのかわからないので論外です。ユーザビリティをとにかく高めましょう

ブログの写真と文章の位置

 
記事タイトル(文章)がありアイキャッチ(画像)がある。ブログは文章が主なので構成は基本的に文章→画像の順番になります。こうすればそのまま文章を読み進める事でどの部分が画像とセットなのか一目瞭然。スクロールの手間なし。

 

会社を辞めるならクレジットカードだけは作っておこう

初年度から大きく稼げる人は少ないですし会社を辞めるとクレジットカードの審査に通らなくなります。クレジットカードはWeb明細で管理も楽、盗難のリスクが低い(現金と違い不正利用は確実に返金される)、ポイントは貯まるといい事ずくめ。

特に審査が厳しいゴールド以上のカードは必要なら作れるうちに作っておきましょう。年に一度海外に行く人は楽天プレミアムカードがおすすめ。どうせ入る事になる保険が自動でついてくるので1万円の年会費は実質タダ以下、ポイント還元も高く空港のラウンジも使い放題。

Webサービスを申し込む時もクレジットカード決済しか対応していないものがあるので絶対に持っておくべき。すでに仕事を辞めてしまい審査が通る見込みのない人は楽天カード一択。

どのカードがいいかわからない人はまずはエポスカードがおすすめ。大きく取引しないと貯まらないポイントと違い現金値引きなど実質的なメリットが大きく使いやすいです。海外でも使いやすいVISAかMASTERを選びましょう。

 

ブログの更新を続けるコツ

更新する時間がない、書くネタがない、更新頻度を保てない。そんな時でも内容の濃いコンテンツは書けますよ。

 

1.記事以外の事に時間をかけない

更新停止してデジタルデータの藻屑となるブロガーを何人も観測してきましたが、炎上して引退するケースを除けば一つの記事に時間をかけ過ぎているのだと思います。あるいは記事以外の些事にこだわり過ぎているか。

文字は場所によって4色くらい使い分けたい、フォントにこだわりたい、文字サイズを変えて強調したい、ファビコンのデザインを変えたい、メニューバーのデザインを変えたい、ヘッダー画像をカテゴリごとに変えたい、などなど。

素人ほどデザインや装飾に強いこだわりを持っており、それは大抵の場合Webの常識や人間工学からすると機能性が悪かったり効果がなかったりします。

謎の改行でスクロールの手間が多い、引用部分と本文が分かれておらず見にくいなどアメーバブログの記事が良い例(悪い例)です。

 

2.カテゴリ分けに困るような薄い記事を書かない

当たり前ですが更新できる限りは更新した方がいいです。中身の濃さが同じなら100記事より200記事の方がアクセスがあって当然。しかし無理して更新頻度を保って中身が薄くなるくらいなら記事数にこだわらないでOK。

雑記なら雑記でいいのですが、カテゴリ分けに困った結果「雑記でいいや」みたいにホイホイ突っ込むとテーマがブレブレの死にカテゴリになります。あんまりよろしくないと思います。

そういう中身の薄い記事は「今日も更新できた」という達成感だけを連れてきて見入りが少ないので、長い目で見ると徒労だけが積み重なって結局更新へのモチベーションが薄れる要因となります。

 

3.得意分野のニュース解説がコツ

ネタがないなら仕方ないですが、大抵はネタがないのではなくネタの調理法を知らないだけです。でじねこ.comは最近は旅行の記事も増やしていますがスマホや通信サービスが多いですね。

メインコンテンツでどんな事を書いているかというと「ニュースの解説」です。ヤフーなんかのニュースサイトや企業のプレスリリースをチェックしてブログにあったトピックを選び解説しているだけ。

ニュースサイトの記事はジャンルに限らず最低限の記述のみで詳細がわからない事も多いです。それは第一報を素早く出さなくてはいけないから。詳しい情報を求める人は結局それをググる必要があります。

スピードでは勝てないので補足説明して関連情報を集めリンクを張り記事化するわけです。自分用のメモをオンラインに公開していると考えると記事が書きやすいはず。肯定でも否定でも自分の意見は必ず盛り込むのがコツ。

 

4.テンプレートでデザイン・執筆時間・SEOの全てを解決

これさえ覚えておけばネタが尽きない限り執筆時間の確保は容易になるはずです。そしてアクセスも増加間違いなし。

おおざっぱに言うとブログのデザインはCSSというルールにまとまっておりそれを各ページで呼び出しています。見出しのCSSをいじってカッコよくすれば変更は一気に全記事に反映される。テンプレートのようなものです。

テンプレートは「雛型」です。これは記事自体の構造にも言える事で、うちはニュース解説記事ならほぼ全て以下のような形式になっているはず。

 
大見出しで記事の概要とソースを提示して小見出しで解説、一番下にはその話題の公式サイトをリンク(これをアフィにするのが基本)。こうして雛型を決めておけば執筆時間は大きく短縮できます。

関連記事は必ず一つは手動で埋め込むのが私のスタイル。SEOに大切な要素もほとんどこの中に詰まっています。ここを毎記事ガツっとやれば結果は必ずついてきます。

またよく使うhtmlはPCに辞書登録して執筆時間を短縮しましょう。aタグ、見出しタグ、blockquote等々。これを効率化するアプリもありますが私は普通に辞書登録しています。

 

まとめ

「あとは記事を書くだけ」という状態に早めにしておくのがコツ。最初にビシっと設定しておこう

更新が止まるのはネタ切れよりも更新時間が取れないから。記事以外にかける時間は極力減らそう

そうすると更新時間とモチベーションが保てる。ネタがなければ得意分野のニュース解説がおすすめ

ここ一年弱は1PV1円の収益性を確保できています。情報系ブログを運営している方の参考になれば幸いです。

ブログで稼ぐならアフィリエイトB。振り込み手数料が無料で翌月に報酬が受け取れる初心者におすすめのASPです。

合わせてアフィリエイトフレンズも登録推奨。同じ案件でも特別単価を出してくれたり無料のセミナーにも参加可能

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!



ブログ運営
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて