最新ブログ ネタバレあり、古典部シリーズ氷菓の最新作「いまさら翼と言われても」感想・レビュー


ドコモ光パックの料金まとめ。セットの割引金額・条件など

docomo

ドコモ光パックの料金や割引金額などをまとめました。固定回線とドコモスマホのセット割を狙っている方はご参考に。

広告

ドコモ光パックとは

NTTのフレッツ光が2015年2月1日から他社に貸し出される事となり、色々な事業者が光インターネットを商品として扱えるようになります。

今までKDDIが「auのスマホとKDDIの光回線を契約したらセットで割引するよ」というサービスでシェアを伸ばしてきたのですが、今回の光回線卸売りによってドコモがNTTの光を扱えるようになります。

つまり「ドコモのスマホとドコモの光回線(NTTから借りたもの)を契約したらセットで割引するよ」というサービスが始まるという事です。
これが話題になっている「ドコモ光パック」。料金や条件をまとめたので参考にどうぞ。

記事内の価格・料金は全て税込みに直してあります。

 

ドコモ光パックの対象者

ケータイ側はドコモで新料金プランであるカケホーダイを契約していればOK。後述しますが、旧料金プラン契約者は月540円の割引になる「ドコモ光期間限定割」の対象になります。

またガラケーも対象ですが機種が古すぎると対象外との事。対象外の機種は発表されていません。

その上でフレッツ光が申し込める方が対象になります。

実際に申し込む必要があるのは「ドコモ光」ですが、元の回線はフレッツ光なのでNTTのエリア内でないと申し込みができません。
現在フレッツ光を使っている人は問題なし、他社のインターネットを使っている方はまずはNTTのフレッツ光が使えるかどうかご確認をどうぞ。

 

ドコモ光のプラン

そもそもの話として光回線のインターネットにはマンションタイプと戸建てタイプの2種類があります。
一戸建てにお住いの方は問答無用で戸建てタイプ。マンションに住んでいる方は建物がフレッツ光対応ならマンションタイプ、対応していない場合は電柱から回線を引っ張ってきて戸建てタイプになります。ある程度は上記のリンクから確認可能。

で、ドコモ光には三つのプランがあります。
プロバイダは勝手に決めて料金も別で払ってねというドコモ光単独タイプ、指定のプロバイダと契約するISP料金一体型AとISP料金一体型B。

ISP料金一体型Aで選べるプロバイダ(2月16日受付開始)

ドコモ光パック02

ISP料金一体型Bで選べるプロバイダ(受付開始日未定)

ドコモ光パック03

ドコモnetというのは今回発表されたもので、その名の通りドコモの目当てのプロバイダ。メールアドレスの引き継ぎなどは今使っているプロバイダに問い合わせましょう。

ドコモ光プラン名 月額
ドコモ光単独型(戸建て) 5,400円
ドコモ光単独型(マンション) 4.104円
ISP料金一体型A(戸建て) 5,616円
ISP料金一体型A(マンション) 4,320円
ISP料金一体型B(戸建て) 5,832円
ISP料金一体型B(マンション) 4,536円

 
プロバイダは別で払うのは面倒なのでISP料金一体型で一本化してしまった方がいいかもしれませんね。ただBグループは予約を受け付けておらず、提供開始予定も6月からとなっているので注意。

広告

 

初期費用

光回線を家に引き込むのには工事代金がかかります。

戸建てタイプ マンションタイプ
契約事務手数料(必須) 3,240円 3,240円
新規契約 19,440円 16,200円
フレッツ光契約中
(転用)
2,160円 2,160円
フレッツ光契約中
(回線速度アップ)
8,208円 8,208円

 

フレッツ光を利用中の場合はNTTの基地局内で切り替えが済むので手数料の3,240円と合わせて5,400円が合計費用。

また現在100Mbpsプランを契約していて1Gbpsプランにアップグレードする場合は表の一番下の費用になります。
アップグレードはエリアや建物によって可能かどうか変わってくるので申し込み時にお問い合わせ下さい。

フレッツ光利用中の無派遣工事2,160円は0円というページもあるのでかからないかもしれません。問い合わせた人もいるので念の為かかると考えておきましょう

 

割引額はいくら?

ようやく本題です。使っているスマホの月額はいくら割引になるのか。お使いのドコモスマホの契約プランによって違うのでご自身のプランと表を照らし合わせてみて下さい。

2016年2月4日追記:親切されるシェアパック5も対応です。割引額は戸建て・マンション共に864円です

ドコモ光が戸建てタイプの場合

スマホの契約プラン名 割引額
らくらくパック -540円(1年間)
データSパック(月2GB) -540円(1年間)
データMパック(月5GB) -864円
データLパック(月8GB) -1,080円
シェアパック10(月10GB) -1,296円
シェアパック15(月15GB) -1,944円
シェアパック20(月20GB) -2,700円
シェアパック30(月30GB) -3,456円

 

ドコモ光がマンションタイプの場合

スマホの契約プラン名 割引額
らくらくパック -540円(1年間)
データSパック(月2GB) -540円(1年間)
データMパック(月5GB) -864円
データLパック(月8GB) -1,080円
シェアパック10(月10GB) -1,296円
シェアパック15(月15GB) -1,944円
シェアパック20(月20GB) -2,592円
シェアパック30(月30GB) -3,240円

 

全て含めた月額はこちら

固定回線のドコモ光とスマホの月額料金、そして割引を全て含めた一覧表が以下になります。

ドコモ光が戸建てタイプの場合

スマホ契約プラン ドコモ光 スマホ 割引額 合計月額
らくらくパック 5,616円 2,160円 -540円(1年間) 7,236円
データSパック 5,616円 3,780円 -540円(1年間) 8,856円
データMパック 5,616円 5,400円 -864円 10,152円
データLパック 5,616円 7,236円 -1,080円 11,772円
シェアパック10 5,616円 10,260円 -1,296円 14,580円
シェアパック15 5,616円 13,500円 -1,944円 17,172円
シェアパック20 5,616円 17,280円 -2,700円 20,196円
シェアパック30 5,616円 24,300円 -3,456円 26,460円

 

ドコモ光がマンションタイプの場合

スマホ契約プラン ドコモ光 スマホ 割引額 合計月額
らくらくパック 4,320円 2,160円 -540円(1年間) 5,940円
データSパック 4,320円 3,780円 -540円(1年間) 7,560円
データMパック 4,320円 5,400円 -864円 8,856円
データLパック 4,320円 7,236円 -1,080円 10,476円
シェアパック10 4,320円 10,260円 -1,296円 13,284円
シェアパック15 4,320円 13,500円 -1,944円 15,876円
シェアパック20 4,320円 17,280円 -2,592円 19,008円
シェアパック30 4,320円 24,300円 -3,240円 25,380円

 

注意点!

表の「ドコモ光」の列は戸建てタイプが5,616円・マンションタイプが4,320円ですが、ISP料金一体型Bの場合は+216円、ドコモ光単独タイプの場合は-216円になります(単独タイプの場合-216円とはいえ別途プロバイダ料がかかります)。

またドコモ光パックの料金は上記の表でOKですが、スマホの基本料金まで含めて計算したい方は以下の表を使って下さい。ほとんどの人は3,240円を足して考えればOKです。

契約プラン名 料金 接続料 合計
カケホーダイ(スマホ/タブ) 2,916円 324円 3,240円
カケホーダイ(ガラケー) 2,376円 324円 2,700円
データプラン(スマホ/タブ) 1,836円 324円 2,160円
データプラン(ルーター) 1,296円 324円 1,620円
デバイスプラス500 540円 324円 864円

 

キャンペーンが適用になる人もいるかも

長くなってすみません。まだキャンペーンがあります。

光スマホ割(申し込み不要)

ドコモ光パック01

ドコモ光の申し込みが前提ですが、新規・MNPで端末購入時に料金プランでシェアパック(月間10GB以上のプラン)を選んだ場合に以下の割引が12ヶ月受けられます。

ドコモ光期間限定割引

ドコモ光パック04

ドコモ光の申し込みが前提ですが、パケット契約がらくらくパック・光データSパック・旧料金プランのいずれかの場合に以下の割引が12ヶ月受けられます。

記事内の表には記載済みなので気にしないでOKです。

U25応援割

25歳以下で新料金プラン(カケホーダイ)を申し込んでいる場合に以下の特典が受けられます。

ずっとドコモ割

6年以上ドコモを使っているなら以下の割引が毎月受けられます。

契約プラン名 6~8年目 9~10年目 11~15年目 16年目以降
らくらくパック なし なし なし -648円
データSパック なし なし なし -648円
データMパック なし なし -648円 -864円
データLパック なし なし -648円 -864円
シェアパック10 -324円 -648円 -864円 -1,080円
シェアパック15 -324円 -648円 -864円 -1,080円
シェアパック20 -648円 -864円 -1,080円 -1,620円
シェアパック30 -864円 -1,080円 -1,620円 -2,160円

 

広告

 

ドコモ光パックまとめ

現状フレッツ光もドコモも使っている→
おすすめ。ただマンションタイププラン2(大人数割引)で使っている方はドコモ光の方が高い可能性があるので注意

他社の光を使っていてドコモを使っている→
申し込みできるか確認し、初期費用も含めて検討しましょう。安くなるパターンもあるかも

現状フレッツ光、スマホは他社のもの→
大容量通信をする方はドコモにして「光スマホ割」との合わせ技がおいしい可能性はありますが…

他社の光を使っていてスマホも他社のもの→
わざわざ乗り換えるメリットはないです。家の回線を変える用事があり、タイミング的にドコモに移りたいのならアリ

こんな感じかと思います。
一つ言えるのは、ドコモ光パックを使う場合にデータSパック(月2GB)を契約しているならデータMパック(月5GB)を検討するといいです。

通信量2.5倍に対して月額は1,296円しか違いません。データSパックは1年間しか割引がないので2年目からは756円しか差がなくなります。

しかし全体的に割引額がショボイですね。もう少し頑張ってくれても良かったのでは。

ひかり電話には注意

申し込みは新規か転用(フレッツ光からの切り替え)のどちらかですが、新規の場合はひかり電話の申し込みができないようです。固定電話を持っている人はこの点は注意が必要。

 
とはいえまだサービス開始前なので後から情報が出てくるかもしれません。何かあったら赤字で追記するので見に来て下さい。私も電話で問い合わせたのですが、中の人もあまり把握してないみたいです。

22:50追記:早速ひかり電話絡みで怪しい話が。

もし現在NTT東西の「フレッツ光」ユーザーが契約IDと固定回線(ひかり電話)の電話番号を引き継ぐ「転用」を用いて「ドコモ光」をはじめとする光卸を採用した光ブロードバンドサービスを契約した場合、NTT東西を含む他社サービスへ乗り換えようとすると、固定電話の番号を引き継げない点に注意が必要です。

Buzzap!

 
仕組み的にはなるほど、という感じ。NTT側、ドコモ側からの見解を待ちましょう。こういったリスクもあります

ドコモのスマホの予約はオンラインショップなら機種変更の手数料が無料。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


docomo
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて