最新ブログ Amazonプライムセール2017に繋がらない、アクセスできない人は商品やカテゴリページから試そう


iPhoneの容量はそろそろ16GBじゃ足りないかも

iPhone

シャッター音の鳴らないSIMフリー香港版iPhone6s

iPhoneの容量は16GBで足りるのか。昔と違いiOSの容量増加やカメラのスペックアップでそろそろ16GBじゃ厳しいかもしれません。ゲームアプリや音楽を入れないライトな使い方でも写真をよく撮る人は64GBを選んでおきましょう。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


iPhoneの本体容量は16GBじゃそろそろ足りないかもしれない

最近iPhoneの話題がないなー、と思ったのでサっと書いてみました。現行のiPhoneでラインナップされている16GBの容量は足りるのかという点です。まだ32GBがラインナップされている時にiPhoneの容量の選び方。16GB?32GB?64GB?という記事を書き、初心者の最初の一台には16GBをおすすめしていました。

iPhoneはリセールバリューが高く毎年新機種が出るので容量が足りなくなったら下取りに出して最新モデルを買えばいい事、自分の周りでは当時大容量を持て余している人が多かった事が理由です。

しかしスマートフォンが普及してきて誰もが最初の一台というわけではなくなりました。現在の最新モデルであるiPhone6s・iPhoneSEからは16GBの次の容量である32GBも姿を消しています。

iPhone6s・iPhoneSEの本体容量
  iPhone6s iPhoneSE
16GB
32GB × ×
64GB
128GB ×

 

現在は64GBのiPhoneSEをメインにしています

私は2009年末にiPhone3GSの16GBを購入したのが初iPhoneでしたが、その後iPhone4sの16GB→iPhone5sの32GB→iPhone6sの64GB(買ったけど大きすぎて全く使ってない)→iPhoneSEの64GB(現在のメイン)という遍歴を重ねてきました。

ゲームアプリはほとんど入れませんし音楽はiPodtouchに入れています。容量の使い方としては初心者レベルと言っていいでしょう。

ただ基本のSNSアプリが使っているうちに少しずつ肥大化する事、何より1万枚近くある写真を常に手元に持っておきたい事から32GBでは苦しくなってきました。

iPhoneSEからは64GBにしたのでこれで数年は戦える状態になりましたが、ゲームアプリなど容量の食う使い方をしない初心者でも写真を撮る人は16GBじゃもう足りないかもしれません。

 

カメラのスペックアップで写真の容量がアップしてしまった

「写真なんて1万枚も取らないよ」という方も多いと思いますが、最新モデルのiPhoneはカメラの画素数が1200万画素に増えたため写真のデータ容量も大きくなっています。

昔は1枚につき1MB~2MB、相当ごちゃごちゃした被写体でも2.5MB程度だったのですが、iPhone6sやiPhoneSEで撮った写真は4MBを超える事もあります。

またiOS9.3からの最新機能であるLive Photos(シャッターを押す前後まで自動保存して動く写真が撮れる)や4K動画対応のカメラで動画の容量も上がっています。

iPhoneの動画は昔からかなりの容量を食っていた(1分で120MB程度。10分で1GBオーバー)ので、このあたりのスペックの進化で相対的にかつてより容量の圧迫は大きくなったと言えます。

 

iOSもどんどん容量が増えていっている

またiOS自体もどんどん重くなっていってます。iOS6の頃はまっさらな状態の16GBモデルで14GBほどの空きがあったのですが、現在のiOS9台だと16GBモデルで12GB程度しか空きがありません。

私の持っているiPhoneSEの64GBモデルはMax容量が55.7GB、iPadmini2の128GBモデルは114GBしかありません。システムで取られる領域がiPhone4s&iOS6時代よりも増えていますね。

iOS10がどれだけのシステム領域を取るのかはわかりませんが、少なくともiOS6以前ほど軽くなる事はないと思っていいでしょう。こうした理由からも16GBモデルでは足りなくなりつつある気がします。

 

データをDropboxとか外部ストレージに入れておくのはダメなの?

Dropboxなどの外部ストレージにアップすればいいんですけど、私は自動アップロードや自動アップデートが嫌いなんです。格安SIMや海外での通信はそれで通信容量を一気に使ってしまう事があるので。

とはいえ家やホテルのWi-Fi接続時に手動でアップロードするのもそれはそれで面倒。私は大事なデータはローカルに持ちたい派なのでiPhone本体と母艦のPC(Macbook Air)の2箇所で管理したいんです。要はワガママ。

オンラインストレージはネットワークに繋がないと参照・ダウンロードできないので、頼りすぎると結構不便な印象を持っています。

広告

 

16GBはどちらかと言えば上級者向けに

もちろんお金が余っていれば大は小を兼ねるので64GBや128GBを買っておけばOKなのですが、16GBはむしろデータ容量をやりくりして効率よく使う上級者向けになりつつある感じ。

時期iPhone(iPhone7?)は16GBが消えて32GBからのラインナップになるとかいやいやまだ16GBも継続だよという噂がありますが、こればっかりは発売されてみないとわかりません。

「16GBと64GBは帯に短し襷に長しなので32GBモデルが最低容量となったら嬉しい」という人はたくさんいそう。iPhoneSEの64GBモデルは普通に名機なので欲しい方は買ってもOKです。

そんなにヘビーな使い方をしない人でも写真を撮る場合は64GBにしておくといいです。2GBメモリなのでiPhone5s以前のモデルよりも長く使えますよ。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


iPhone
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて