最新ブログ ネタバレあり、古典部シリーズ氷菓の最新作「いまさら翼と言われても」感想・レビュー


iPhoneの電池持ちはバックグラウンドのアプリを消すと悪くなる?

iPhone

ねこ

iPhoneの電池持ちを悪くする操作がバックグラウンドアプリの終了だそうです。バッテリーがよく減る人は試してみるのもアリですね。

広告


iPhoneのバッテリーの持ちが良くないとき、動いているアプリを終了したほうがいいと思っている人は多いでしょう。PCであればこの意見は正しいのですが、以前Genius Bar(Apple Storeの製品サポート部門)で働いた経験を持つライターのScotty Loveless氏は、iOSにこの意見は当てはまらないと言います。

PCの場合、たくさんのソフトウェアを開けば開くほどコンピュータの動作量も多くなり、バッテリーを消耗します。しかし、iOSでは少し状況が違うようです。

lifehacker

iPhoneのバッテリー持ちが悪い方へ

iPhoneに限らずスマホのバッテリーを長持ちさせるハック術はどこのブログにも一記事くらいは書いてあるもの。それくらいユーザの関心が高いトピックなんですね。

で、iPhoneではホームボタンをダブルクリックしすると過去に起動したアプリの一覧が出てきます。たまにこれを全て消すのがちょっとしたメンテナンス、というのが通例でした。↓iOS7ではこの動作です

iPhone_LINE_既読01

 

しかしiOSにそれは必要ないそうです。

アプリを終了することでiPhoneのメモリから消去できます。それ自体は問題ないのですが、そのアプリを後で立ち上げる時、同じアプリを再び読み込ませなくてはいけません。このように読み込んだり解放したりといった作業を繰り返すと、iPhoneに負荷がかかります。そもそも、iOSは多くのメモリが必要な作業をする場合、古いアプリを自動的に終了しています。つまり、アプリを終了する作業はすでにiOSが行っていることなのです。

実際のところ、バックグラウンドのアプリは全く動いていません。設定の「Appのバックグラウンド更新」をオンにしていない限り、アプリがバックグラウンドで動くことはないのです(ただ、音楽の再生、位置情報サービスの利用、音声の録音、SkypeのようなVOIPの着信は例外です)。ちなみに、アプリがバックグラウンドで動いている時は、バッテリーアイコンの横にアイコンが表示されるようになっています。

 

広告

結局どうすればいいの?

要は「PCの電源は頻繁に落とすと逆に電気代がかかる」という話と似たような理屈ですね。私はPCの電源は3日に一回程度しか落としません。寝ている時も点けっぱなし。

「Appのバックグラウンド更新」をオンにしていない限り裏でアプリは動かないとの事で、それをわざわざ消したら次に起動する時にまた全部読み込まなきゃいけないよ、と言っているわけです。

しかし一杯になった時に自動でメモリから消えるとはいえ月に一度しか使わないようなアプリをメモリ上に置いておいても仕方ありません。そういったアプリは今まで通り消していくのがいいでしょう。

なのでこの説が正しいのであればメモリから消すのはたまにしか使わないアプリ、よく使うアプリはメモリから消さないが正解なようです。バッテリーが気になる方はお試しを。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


iPhone
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて