最新ブログ iPhoneやiPadでSDカードが使える!モバイルバッテリーRemax RePower 10000mAhレビュー


iOS10.3アップデート前は必ずバックアップを。不具合があるとiPhone文鎮化やデータ消失の恐れ

iOS

iOS10.3のアップデートはマイナーアップデートと思えない大規模なシステム変更が入っています。必ずインストールする前にバックアップを取りましょう。不具合やバグがあった場合iPhone内のデータが消失する可能性もあります。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


iOS10.3は大規模なシステム変更アップデート

最新のiOSであるiOS10.3のアップデートが今朝から始まっています。私は早速iPhone7にダウンロード中。マイナーアップデートのくせに600MBもありWi-Fiだと少し時間がかかっているみたいです。

iOS10とかiOS11とか区切り良く数字が更新されるものはメジャーアップデートと言って新機能の追加やデザインの変更などがアップデート内容。iOS10.3のように末尾の数字が変わるものはマイナーアップデートと言ってバグの修正がほとんど。

しかし今回のiOS10.2.1→iOS10.3のアップデートではファイルシステムが丸ごと入れ替わる大きなシステムの更新があるみたいです。バックアップを取っておかないと、バグや不具合で何かあった場合にそのデータは消失してしまいます。

iOS 10.3はマイナーアップデートという印象を与えるが、実際にはかなり大きな変更が含まれる。Appleはこのアップデートを利用して、iPhoneと「iPad」が使用するファイルシステムを19年来の「HFS+」ファイルフォーマットから新しい「Apple File System」(APFS)に変更しようとしている。

近づく「iOS 10.3」、アップデード前のバックアップが必須の理由

 

iOS10.3のアップデート内容

iOS10.3のアップデート内容は以下のとおり。

iOS 10.3には新機能が導入され、“iPhoneを探す”を使用してAirPodsの所在を確認したり、Siriを使用して支払いや配車サービスを利用したり、自動車メーカー製のAppと一緒に使用できるようになりました。
iPhoneを探す
・AirPodsの現在の所在地または最後に確認された場所を見ることが可能
・片方または両方のAirPodsから音を出して探し出しやすくすることが可能
Siri
・支払い用Appを使用して、支払いを実行したり、請求書を確認したりすることに対応
・配車サービスAppを使用して、配車の予約をすることに対応
・自動車メーカー製のAppを使用して、車の燃料の残量確認、ドアのロックの状況確認、ライトの点灯、クラクションを鳴らしたりすることに対応
・インディアン・プレミアリーグと国際クリケット評議会によるクリケットのスコアおよび各種記録に対応
CarPlay
・最後に使用したAppに簡単にアクセスできるショートカットをステータスバーに追加
・Apple Musicの“再生中”のスクリーンから“次はこちら”および現在再生中の曲のアルバムへ移動が可能
・Apple Musicの厳選されたプレイリストや新しいミュージックカテゴリが利用可能
その他の改善および修正
・iTunesで一度レンタルした映画はお使いのどのデバイスでも視聴が可能
・Apple IDアカウントの情報、設定、およびデバイスが一覧できる新しい設定画面
・“マップ”で現在の気温を3D Touchすると、時間毎の天気を表示
・“マップ”で“駐車中車両”の検索に対応
・“カレンダー”に迷惑な参加依頼を削除しスパムとして報告する機能を追加
・“ホーム”でアクセサリのスイッチやボタンでシーンを起動することに対応
・“ホーム”でアクセサリのバッテリー残量確認に対応
・Podcastに、3D Touchの対応を追加し、“今日”のウィジェット表示で最近更新されたコンテンツにアクセスすることが可能
・Podcastのコンテンツおよびエピソードは“メッセージ”で共有可能になり、メッセージ上で再生が可能
・位置情報とプライバシーをリセットすると、“マップ”で現在地が表示されない問題を修正
・“電話”、Safari、“メール”でVoiceOverの安定性を改善

 
「iPhoneを探す」でAirPods(完全無線の別売りイヤホンです)の紛失時に探せる機能、SiriとCarPlayの機能追加がメイン。その他様々なバグが修正されている様子。

その他の項目にある「Apple IDアカウントの情報、設定、およびデバイスが一覧できる新しい設定画面」というのは複数のiOSデバイス・Macを使っている人には便利でしょう。こんな感じ

iOS10_3_Apple_IDアカウントの情報、設定、およびデバイスが一覧できる新しい設定画面

 
しかし例のファイルシステムの変更については全く記載がありません。とりあえずバックアップも取らずにiPhone7をバージョンアップしてみました。ファイルシステムの変更が理由かどうかはわかりませんがiPhone本体の空き容量がかなり増える事に。

32GBモデルのiPhone7ではiOS10.2.1の時に全体容量27.74GB・使用可能容量が8.57GBでした。しかしiOS10.3にアップデートしたところ全体容量28.34GB・使用可能容量9.46GB

iOS10_3にアップデートするとiPhoneの容量が空く

 
iOS10.3自体が軽い、というよりは根本的なファイルシステム変更の恩恵な気がするので、安定して動作するならばこれは嬉しい更新ポイントかもしれません。

 

iOSのアップデートは必ず数日待つのが常識

私はiPhone7の32GBモデルをWi-Fi経由でアップデートし特に問題もなく使えています。格安SIM(DTI SIMです)の接続、Wi-FIの接続、ポケモンGO等のアプリの動作も今まで通りです。

しかしiOS10.3に限らず、全てのiOSアップデートはバグや不具合の報告がないか数日待つのが常識です。OSのアップデートはそもそもデリケートなものですが、アップルのiOSはここ数年とても低品質。

起動しない、通信ができない、連絡先が消える、再起動を繰り返す、など致命的な不具合を引き起こすバグもかつてはありました。iOSのアップデートなんて急いでやるものじゃないですよ。数日は世間の反応を待ち、自分と同じデバイスのアップデート成功報告が増えてきたら初めて興味を持てばいいです。

私は今日から海外旅行に行くのでLINEやメール設定が入っているiPhoneSEはさすがに怖くてアップデートしていません。iPhone7は動画やゲームしか入っておらずバグや不具合に見舞われても最悪ダメージは少ないので試しました。

広告

 

追記:Kindleで不具合。漫画は読めるけど小説が読めません

メディアプレイヤー用のiPhone7だから気付けましたが、iOS10.3にしたらKindleの小説が読めなくなりました。漫画は大丈夫です

iOS10.3でKindleの不具合が発生中

 
マンガの場合ページ送りも表示もスムーズにできますが、小説だと読み込み中のクルクルマークがいつまでも消えません。端末にダウンロードしてあるものでもそうなるのでこれはiOS10.3の不具合だと思います。

Kindle側が不具合に合わせるアップデートを実施するのか、アップル側がiOSアップデートで対応するものなのかはわかりません。KindleユーザはiOS10.3にはアップデートしないように。

  

iOSのバグや不具合でiPhoneが文鎮化する前にバックアップを取ろう

記事冒頭の話に戻りますが、iOS10.3へのアップデートを決めたらバックアップを取っておきましょう。

iPhone・iPadのバックアップの詳細はiPhoneのバックアップ方法と復元の手順。買い替えや修理の時にをどうぞ。できればiCloudではなくPCにバックアップを取ると安心。

ちなみにPCにバックアップできるのは設定やデータなどのファイルのみ。もしiOS10.3のバグや不具合が原因でiPhoneが起動しなくなった場合、バックアップから復元してもiOS10.3(最新のiOS)がどうせ入る事になるのでバグループする可能性が濃厚です。

バックアップはiOSのバージョンまで保存してくれるわけではありません。じゃあ意味ないじゃんと思われるかもしれませんが、大事なデータがバックアップされていればアップルが更新版のiOS10.3.1をリリースしてくれれば解決するわけですね。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


iOS
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて