最新ブログ iPhone7を壊さないようPITAKAのアラミドファイバーケースを装着。薄くて軽くて角をしっかりガード


大韓航空のビジネスクラスとエコノミークラスのシートの違い(Airbus333)

旅行・ホテル

コリアンエア(大韓航空)のビジネスクラスに乗ってきたので座席を中心にエコノミークラスとの違いをご紹介。乗ったのは成田-ソウル便のAirbus333。寝っ転がれるシートが最高です。入国審査も素早い。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


大韓航空のビジネスクラスとエコノミークラスの違い

この間韓国はソウルに出かけてきました。主にカジノが目的です。久しぶりに大敗して1月のシンガポールの勝ちがほとんど溶けてしまう結果に。

航空券はいつも通り最安のサプライスで往復27,000円くらいでエコノミークラスを手配したのですが、行きの便のエコノミーが埋まったとの理由でビジネスにアップグレードしてくれました。オーバーブッキングでの無償アップグレード。

なぜエコノミー席数以上の予約を受け付けたのかわかりませんが、パスポート情報のオンライン入力がギリギリだった事が関係しているかもしれません。ラッキー。

ちなみに「あくまで座席がビジネスなだけでサービスはエコノミーと同じだゾ」と言われたのでシートの違いを中心に紹介します。でも機内食は他の乗客と同じでした。

関連記事としてジェットスターのビジネスクラスとエコノミークラスの違いなんかも見てみて下さい。こっちはここまで座席の質は変わりません。

 

大韓航空のビジネスクラスは「プレステージクラス」

世間一般ではエコノミークラス・ビジネスクラス・ファーストクラスという3つのランクで座席が分かれているはずです。ビジネスとエコノミーの間にプレミアムエコノミーというちょい広シートもあり。

ただ大韓航空ではビジネスクラスは「プレステージクラス」と言い換えられています。多分各社で呼び名があるのでしょう。航空券販売サイトなどではビジネスとなっている事が多いです。

今回搭乗したAirbus333(Airbus330の亜種?)のビジネスクラスのシートはこんな感じ。プレステージスリーパーというやつ。画像は大韓航空 航空機のご案内より。

大韓航空Airbus333のビジネスクラス(プレステージクラス)の座席

 
こちらがエコノミークラスの座席。身長183cmの私は拳一つ分の空き。LCCの国内線の機体に比べればマシですが体格のいい人にはきついかも

大韓航空(Airbus333)のエコノミークラスの座席の写真

 
ここからはビジネスクラス、プレステージスリーパーの写真。比べ物にならない広いシート

大韓航空のビジネスクラスとエコノミークラスのシートの違い(Airbus333)01

 
トレーは脇のギミックをシャコンとやれば出てきます

大韓航空のビジネスクラスとエコノミークラスのシートの違い(Airbus333)03

 
前方にはモニタ

大韓航空のビジネスクラスとエコノミークラスのシートの違い(Airbus333)04

 
シートを振り返るとUSBのポートが2口。エコノミーは1口です

大韓航空のビジネスクラスとエコノミークラスのシートの違い(Airbus333)05

 
機内食は普通。成田-ソウルと短い便だからでしょうか。ファーストクラスだと美味しいビビンパが食べられるという話を聞いた事があります

大韓航空のビジネスクラスとエコノミークラスのシートの違い(Airbus333)06

 
手元のボタンでシートは完全フラットに倒せます。これが最高。いつもの狭っ苦しい座席がウソのよう。シートで寝れる

大韓航空のビジネスクラスとエコノミークラスのシートの違い(Airbus333)07

 

大韓航空のラウンジもビジネスクラスなら使えるけど…

あまり活用していませんがビジネスクラス以上のチケットを持っていると受けられる特典も結構あります。その一つがラウンジの無料利用。

空港には提携しているクレジットカード会社のゴールドカード以上を持っていれば利用できるラウンジ、そしてビジネスクラス以上の航空券を持っていれば利用できる航空会社が運営しているラウンジがあります。

大韓航空は成田にこんなラウンジを用意しています。これはエコノミークラスのチケットでは入れません。中では軽食やアルコールやWi-Fiが提供されています

成田空港の大韓航空のラウンジ

 
ただこれはそんなに大きなメリットではありません。なぜならプライオリティパスがあれば世界中の多くのラウンジは無料で利用できるからです。これを最安で手に入れるには楽天プレミアムカードを申し込めばOK。

楽天プレミアムカードは海外旅行者の間では常識のクレジットカード。プライオリティパスで世界中の空港のラウンジが使い放題ですし、自動でついてくる内容のいい保険で年会費の10,800円はペイできます(海外旅行時に無保険は絶対にやめましょう)。

楽天はいつもキャンペーンをやっておりかなりのポイントが貰えます。ある程度の収入がないと作れませんが審査だけでも受けてみるといいですよ。ゲットできれば儲けもの。

 

ビジネスクラスがおすすめなのは寝たい人、急いでいる人

私は体が大きいせいか飛行機やバスの座席で寝れないのですが、大韓航空のビジネスクラスのフラットシートは非常に快適でした。成田からソウルは2時間半程度のフライトなのでエコノミーでも我慢できなくはないですけどね。

ほかに重要なメリットとしては手荷物検査の専用レーンがあるので素早く入国審査が受けられる事、そして前の方の座席なので現地到着後も素早く外に出られる事。

別の便も同時間帯に到着するような空港ではファーストクラスの最初に降りる客とエコノミークラスの最後に降りる客で2時間くらい違いが出たりするので、現地で素早く行動したい方には特におすすめです。入国審査の列に並ぶのは本当にダルいですね。

もちろんエコノミークラスとの価格差によるのでサイフとの相談にはなりますが、長い路線の便または価格差がそれほどない場合はビジネスクラスも検討してみるといいですよ。

同じ航空券でもここから買うと安くなるって知ってました?ブックマーク推奨。

高級ホテルだけじゃない。バックパッカーや安宿も最安値保証!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


旅行・ホテル
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて