最新ブログ シンガポールのリトルインディアで海月姫に出てきたフィッシュカレーを食す


海外旅行時の余った小銭をSuicaなど電子マネーに両替してチャージできる「ポケットチェンジ」

旅行・ホテル

海外旅行時の余った小銭をSuicaなど電子マネーにチャージできるように

海外旅行から帰ってきた時にコインや少額の紙幣など小銭が余る事があります。両替を忘れると家に溜まりがち。7月から羽田空港でこうした小銭を入れるとSuicaなどの電子マネーに換金してくれるマシン「ポケットチェンジ」が置かれるそうです。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

海外旅行で余った小銭を電子マネーにチャージできる「ポケットチェンジ」

よく海外旅行に行きます。明後日からは韓国に行きます。1泊3日くらいの短い日程ですが。旅行記も書いているので良ければ旅行カテゴリをどうぞ。

それなりに大量の外貨を獲得した時はそのまま持ち帰えるか現地で日本円に換金してくるのですが、両替の時間がなかったり大した額じゃなかったりするとそのまま持って帰ってきがち。

日本の空港でそうした余った外貨を電子マネーにチャージできるサービス「ポケットチェンジ」が始まります。設置コストとかはわかりませんが便利に使えるといいですね。

海外旅行の際に余った外国硬貨や紙幣を、SuicaやPASMO、AmazonやLINEのギフトコードなどの電子マネーや各種ギフトコード、クーポンなどに両替できるサービスが羽田空港などに登場する。

海外旅行で余った外貨を電子マネーに交換できる端末登場! 7月から羽田空港でサービス開始

 

ポケットチェンジ端末の場所、換金対象電子マネー

場所はまず羽田空港。7月から国際線ターミナルと京急羽田空港国際線ターミナル駅の二箇所に設置されるとの事です。それ以外の国内外の空港にも順次設置予定。

換金対象予定の電子マネーはSuicaやPASMOなどの交通系ICカード、LINEギフト、Amazonギフト、楽天Edyなど。今後拡大予定との事。「小銭」と書きましたがコインも紙幣もいけます。

が、対象はとりあえずドルとユーロだけ。ヨーロッパはアジアよりも渡航者は少ないですし、アメリカは人数は多いですが仕事で何度も行く人が多いイメージなので単発の旅行で余るお金は多くなさそう。

広告

 

今までは寄付するのがおすすめだった

換金レートは不明ですが優遇する理由がないので金額的にそれほどのインパクトはないでしょう。経済が発展するというよりも使い勝手を重視したサービスとなりそう。

思い出として取っておくのはアリですが、海外旅行の頻度が高くない人はもう一度行かない限り有効活用できず家のタンスの中に眠っていたはずです。使い道がなければ寄付するのがおすすめでしたがこれで交通費の足しになりそうですね。

トップ画像は韓国のウォン。100ウォンと50ウォンと10ウォンのコインですが、日本円だとそれぞれ9円・4.5円・0.9円です。

大した価値がないのに財布が重くなってかないません。もう少しデフレって貨幣価値が上がって欲しいもの。韓国は物価も日本とさほど変わりませんし。

見ておかないと損。ブックマーク推奨

高級ホテルだけじゃない。バックパッカーや安宿も最安値保証!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


旅行・ホテル
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて