最新ブログ iPhone8/8 Plus予約開始!iPhone7/7 Plusと何が違うかスペック比較


ケアンズでは日帰りのポンツーンツアーがおすすめ!アウターリーフでダイビングやシュノーケリング

旅行・ホテル

グレートバリアリーフ・アウターリーフのサンゴ01

ケアンズに来たならグレートバリアリーフには行っておかなきゃね。アウターリーフと呼ばれる日帰りで行けるポンツーンツアーに参加したので写真や予約方法をどうぞ。ダイビングやシュノーケリングにおすすめ。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


ケアンズに来たらグレートバリアリーフに行こう

オーストラリア・ケアンズの旅行記事も増えてきました。ケアンズ空港から市内への行き方。バスのチケットを買ってエスプラネードへケアンズのプルマンリーフホテルカジノに宿泊。カジノは24時間じゃないので注意などなど。

海のアクティビティの代表格であるグレートバリアリーフへのツアーはケアンズでは外せません。世界最大の珊瑚礁は海が苦手な方でも興味があるはず。

船で泊まるガチのダイビングツアーもありますが、私が行ったのはグレートバリアリーフの一部であるアウターリーフと呼ばれる日帰り圏内の珊瑚礁。ポンツーンという浮島のような船に滞在して好きに過ごすツアーです。

山のツアーは関連記事をどうぞ。こちらも日帰りで行けます。鉄道の雰囲気とオーストラリアの熱帯雨林をお楽しみください。

 

アウターリーフのポンツーンツアーを予約

私がよく使う海外現地ツアー会社のVeltra。今回チョイスしたのはノーマンリーフという珊瑚礁。世界遺産 アウターリーフクルーズ(ノーマンリーフ・ポンツーン) 1日ツアー<日本語> by Great Adventuresiconから予約できます。現地には日本人スタッフも同行するので安心。

グレートバリアリーフはオーストラリア北東部の珊瑚礁の総称で、アウターリーフはその外れにある珊瑚礁の総称です。その中に色々な珊瑚礁エリアがあるのですが、今回行ったのは「ノーマンリーフ」という事ですね。

ツアーはホテルの送迎もしてくれますが私は近場の安宿に泊まっていたので歩いていきました。ケアンズらへんは全部歩いて間に合います。場所はここ

 
エスプラネードの端にあるのですぐわかります。海辺のプールの道をそのまま進むだけ。ツアーカウンターは地元民で賑わうカフェ・アルポートと併設されています

ケアンズの港近くのアルポートカフェ

 
パンケーキを食べてみました。まんべんなくかけられた粉砂糖、山盛りのマスカルポーネクリーム、間違いなく余るメープルシロップ。暴力です

アルポートカフェのパンケーキ

 
ここがツアーカウンターのあるリーフフリート・ターミナル。アルポートカフェのすぐ横です

ポンツーンツアーの申し込み場所

 
今回予約したのはグレートアドベンチャーという会社。料金は予約時にクレジットカードで払っているので手続きのみ。私は体験ダイビングも申し込んでいたので客見分け用のシールを体に貼られました

ポンツーンツアーの申し込みデスク

 
10:30に船が出ます。ポンツーンツアーへの船はこんな感じ

ポンツーンツアーへの船

 
船の中で飲み物と軽食が出てきました

船の中で飲み物が配られました

 
希望すれば酔い止め薬も貰えます。有料で良く効く薬と無料の気休めジンジャータブレット。最低でも無料のほうは確実にゲットしておいたほうがいいです。結構揺れます

酔い止め薬がもらえます

 

グリーン島に立ち寄ってポンツーンへ

出航して一時間ちょいでグリーン島という島が見えてきました

グレートバリアリーフのグリーン島

 
グリーン島で過ごしてからポンツーンへ行くツアーも組まれています(その分朝は早い)。希望している人達はここで降り、さらにグリーン島からポンツーンへ行きたい客を乗せます

グリーン島への道

 

ノーマンリーフのポンツーンに到着

さらに一時間弱、合計二時間ほどでノーマンリーフのポンツーンに着きました。ポンツーンは停泊しているでっかい船なので要は乗り換えです

ノーマンリーフのポンツーンの写真

 
ダイビングを申し込んでいる人はレンタルスーツを着てドボン。シュノーケリングの人は各種アイテムが料金内に含まれているので泳ぎたい時に取りに行けばOK

ダイビングスーツもツアーでレンタル可能

 
ノーマンリーフは何十メートルも潜れるガチな場所ではないので、プラプラして過ごしている人達も多かったですね

ポンツーンでリラックス

 
サンゴ!

グレートバリアリーフ・アウターリーフのサンゴ02

 
ナポレオンフィッシュ!と一緒に潜ったイギリス人

ナポレオンフィッシュに触れました

 
ナポレオンフィッシュは普通に触れます。70cmくらいあってヌメヌメしているかわいいやつです

ノーマンリーフにいたナポレオンフィッシュ

 
口元を遮るようにすると簡単に捕獲可能

ナポレオンフィッシュを捕獲

 
ランチバイキングも込み。味はオーストラリアにしては美味しかったですよ。量も食べ放題ですしGood

ポンツーンでのランチバイキング

 
SCUBA DOO(スキューバ・ドゥー)なる水中バイク(別ツアー)を申し込んでいる人達もいました。外から見てて凄く微妙だなーと思ったのですが、水に濡れずに入れるので水中が苦手なお子様や化粧を落としたくないレディに人気だそうです

SCUBA DOO(スキューバ・ドゥー)の写真

 
ポンツーンの滞在時間は3時間ほど。ダイビングをやって昼ごはん、シュノーケリングをやって一休み。そんな感じで帰路につきました。

 

日帰りで十分楽しめました。シュノーケリングやダイビング初心者におすすめ

今回はグレートアドベンチャーというツアー会社を使いましたが日本人スタッフがいるのはここくらいのようです。他のツアーだといない代わりにポンツーンの滞在時間が伸びたりするとか。

ツアー内容は申し分なかったのですが一つ残念な事があり、友人から誕生日プレゼントに貰ったアクティブカメラ(Go Pro的なやつです)を水中で即なくしたせいで写真がほとんど撮れませんでした。

自撮り棒タイプでなくヘッドマウント式でいったところ、ダイビング時に吐くエアーでどんどん外れていってしまったみたいです。水中だと感覚が鈍いので外れた事に気づかず。なので載せている写真は全てiPhoneで撮ったもの。

 
グレートバリアリーフは現在北の方のサンゴが死滅していってるそうです。日帰り圏内のポンツーンのサンゴは大丈夫ですが、グレートバリアリーフに一度は行ってみたいという方は早めがいいかもしれません。日帰りで行けるアウターリーフの一覧はこちら。

同じ航空券でもここから買うと安くなるって知ってました?ブックマーク推奨。

高級ホテルだけじゃない。バックパッカーや安宿も最安値保証!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


旅行・ホテル
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて