最新ブログ iPhone8/8 Plus予約開始!iPhone7/7 Plusと何が違うかスペック比較


奄美大島から加計呂麻島への行き方。アクセスは古仁屋からフェリーで

旅行・ホテル

船から降りるところ

加計呂麻島への行き方と料金など。古仁屋にある「せとうち海の駅」からフェリーに乗ります。降りる港が二つある点に注意して旅行プランを組みましょう。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


加計呂麻島への行き方と料金

奄美大島に来たら外してはいけないのが加計呂麻島(カケロマ島)の観光。島の中にタクシーはなくたまにバスが走っているだけの自然に溢れた島です。

奄美大島より小さいとはいえ伊豆七島のどこよりも大きいですし、ドラゴンのような不思議な形をしているので一周する場合に道路を走る時は結構な距離になるはず。基本的にはバイクかレンタカーは必須と言っていいでしょう

 
レンタカーを使う人は空港付近ですでにレンタルしているはず。古仁屋では少なくとも一件レンタルバイク屋を見ました。おすすめの宿である昭和荘でも一日1,500円で貸し出しているのでなんとか原付をゲットして加計呂麻島へ持って行きましょう。

 

フェリーのチケットは古仁屋の「せとうち海の駅」で購入可能

古仁屋から加計呂麻島へはフェリーで向かいます。以下がチケットを売っている「せとうち海の駅」

 
建物はこんな感じ

せとうち海の駅でフェリーのチケットを買いましょう

 
チケット代は360円または270円(後述します)。原付バイクは270円、車は2,090円です

チケット代は360円。バイクは270円

 
せとうち海の駅の目の前に船が停まっているのでそのままバイクごと乗りましょう

せとうち海の駅の目の前に停まっている船に乗ります

 
30分足らずで港につきます。バイクに乗っている人間はタラップが降り次第優先的に降りられます。GO!!

船から降りるところ

 

降りる港は「瀬相」と「生間」の二択

チケットを買う時に案内されますが加計呂麻島の港は島の中央あたりの瀬相(せそう)と東の生間(いけんま)の二つがあります。

基本的には朝の便が早く帰りの便も遅くまである瀬相を使う事になります。行きと帰りの時間や周る経路によって帰りの便をどちらで乗るかなど考える必要はあるでしょう。

古仁屋〜瀬相の時刻表
  古仁屋→瀬相 瀬相→古仁屋
1便 7:00~7:25 7:35~8:00
3便 10:20~10:45 11:00~11:25
5便 14:00~14:25 14:40~15:05
7便 17:30~17:55 18:05~18:30
古仁屋〜生間の時刻表
  古仁屋→生間 生間→古仁屋
2便 8:10~8:30 8:40~9:00
4便 11:40~12:00 12:10~12:30
6便 15:25~15:45 15:55~16:15

 
チケット代はそれぞれ360円と270円。どちらの港も使ってみたい場合は時間の組み合わせをシミュレーションしておきましょう。

私は瀬相の港についた後に西に向かい、ぐるっと周って生間から帰ってきました。帰りのチケットはそれぞれの港で購入できます。

広告

 

加計呂麻島へ行く時は一番早い便で

加計呂麻島ではご飯を食べる場所に苦労します。朝食はエブリワンで何か買ってもいいですがお店で食べたいなら喫茶「スヌーピー」に行っておきましょう

 
ここは朝8:00から空いており500円で朝食が食べられます。これにコーヒーがついてくるスタンダードなモーニング

喫茶「スヌーピー」の朝ごはん

 
で、このスヌーピーの隣の駐車場では毎朝ネコ祭が開催されています。だいたいいつも4~6匹くらいはゴロゴロしています

スヌーピー近くの駐車場はネコ祭

 
ネコ好きの方はぜひ立ち寄ってみて下さい。古仁屋はネコが多い町ですが一番集まるのはココ。

ただ基本的には加計呂麻島での活動時間を延ばすため一番早い7:00の船に乗る事をおすすめします。私はダラダラ10:20の便に乗り、帰りは生間発の最終便15:55に乗ったので5時間しか時間が取れず全部周りきれませんでした。もう一度行こう。一泊してもいいな。

同じ航空券でもここから買うと安くなるって知ってました?ブックマーク推奨。

高級ホテルだけじゃない。バックパッカーや安宿も最安値保証!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


旅行・ホテル
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて