最新ブログ セブ島で松田大夢くんと会ってバジャウ族のツアーに参加してきました


Airbnbなどの民泊が全面解禁の方針。ネットで届け出を出せば一般住宅でも営業可

旅行・ホテル

セブ旅行の時にAirbnbで泊まった宿

Airbnbに代表される民泊が来年をめどに全面解禁される方針だそうです。事業者登録など不要でネットで届け出を出すだけで一般家庭でも宿泊客を募集できるように。トラブルなく一般化できればいいですね。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


Airbnbなどの民泊が一般家庭でも解禁へ

NHKや日経新聞で民泊が全面解禁、一般家庭でも営業可能にというニュースが出ていました。訪日外国人観光客を増やすための規制緩和です。

最近は国内も海外もいわゆる普通のホテルが値上がりしていてかないません。多分全国の観光地で宿が足りていないのでしょう。これは貸す側にとってはビジネスチャンスですね。

ホームステイはともかく民間人が宿を提供するサービスは今までグレーとされてきたので、これで旅行時のホテル選びの選択肢も広がるというものです。トラブルなく運用できる仕組み作りを期待したいですね。

政府は一般住宅に旅行者らを有料で泊める「民泊」の全面解禁に向けた原案をまとめた。マンションなどを所有する貸主がネットで簡単な手続きを済ませれば、旅館業法上の許可なしで部屋を貸し出せるようになる。いまは禁じている住宅地での営業も認める。都市部を中心に足りなくなっている宿泊施設を増やし、訪日外国人の拡大につなげる。

民泊を全面解禁、住宅地で営業認める 政府原案

 

民泊の新法は2017年の通常国会で提出へ

今までの旅館業法ではなく民泊に関して新しい法を定める方針ですが、その内容は以下の通り。

民泊の規制緩和
  現行制度(旅館業法) 新制度(新法)
立地制限 住宅地は禁止 全面解禁
建築 改修が必要 一般住宅もOK
手続き 簡易宿所として事業者登録 ネットで届け出
受け入れ 拒否不可能 拒否可能
宿泊制限 なし 年間の宿泊日数に上限

 
一般家庭や住宅がダメだったものもOKとなり手続きも事業者登録が不要となります。ただ現在の旅館・ホテルとの競合を避けるため年間の営業日数には制限がかかるようです。例えば年間60日までとか。

2017年の通常国会に提出する予定との事なので、早ければ来年の1月には施行されているかもしれません。

 

民泊は4月に規制が緩和されたばかり

つい先月の2016年4月には旅館業法に則って都道府県から許可を取れば住宅地以外なら営業ができるようになったばかり。それが今後は住宅地でもネットでの届け出だけでOK、家主がいない場合でも管理人がいればOKとなる見込み。

住宅の所有者は都道府県に届け出を出し、宿泊客はネットの仲介業者(Airbnbなど)を通して住宅の所有者に予約をし、都道府県は仲介業者が規約に則っているか監視するというイメージ。

広告

 

民泊サービスはどんどん広まってほしい

Airbnbは海外で2~3回、国内では奄美大島で一度使いましたが快適そのものでした。うまく運用できるならもっと広まってほしいなーと思います。

奄美で泊まったのは古い民家を譲り受けて住んでいるという青年の家でしたが、サービスで夕食を作ってくれたり夜は外に出て星を見たりといい距離感で家主と付き合えたのが良かったです。

朝起きたら布団の横で私のMacbook Airを枕にしてニャンコが寝ていました。ゴロゴロ鳴いてたので肉球を掴んで遊ぶ事に。こんな宿ならいくらでも泊まりたい

Airbnbで泊まった奄美大島の家

同じ航空券でもここから買うと安くなるって知ってました?ブックマーク推奨。

高級ホテルだけじゃない。バックパッカーや安宿も最安値保証!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


旅行・ホテル
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて