最新ブログ 韓国の大邱(テグ)は食に美容に遊園地と楽しめる観光地。ティーウェイ航空で遊びに行こう


最近騒がれているオスプレイって何が問題なのでしょう?

最近様々なメディアでオスプレイという言葉を見ますが、これって結局何が問題になっているのでしょう。配備自体が疑問、危険だ、妨害のデモが起きている、と聞きます。沖縄の米軍基地と現地の人はどういう確執があるのか。今更ながらちょっと調べてみました。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


オスプレイとは?

オスプレイは輸送機です。ざっくり言うと今まで使っていたCH46というヘリに比べたくさんの荷物が積めてスピードも速く音も静かで遠くまで飛べる機体。単純にパワーアップという事です。

沖縄の米軍基地近くに住む人がヘリの騒音に悩まされているというニュースを以前聞いた覚えがあります。現行のものよりも静かになるのであれば私には良い事ずくめに思えますが、なぜ沖縄の一部の方はオスプレイの配備に反対しているのでしょうか。

 

オスプレイは危険?

原因はただ一つ、オスプレイは危険度が高いという事。今までの機体に比べて事故率が高く、反対している人はそれが何より嫌だという事です。危険度が今までよりも高いなんて言われては反対して当然だと思います。

では本当にオスプレイの事故率は高いのでしょうか。事故率に関しての資料がありましたので載せておきます。URL最後の数字を変えると色々な資料が見れます。

Osprey1

防衛省・自衛隊資料(PDF)

 

書いてある事をまとめるとこんな感じ。

・現行のCH46はかなりの事故率の低さを誇り、10万飛行時間あたり1.11件

・ただし機体の生産は20年前に終了しており、全世界で使っているのはアメリカ海兵隊だけ

・オスプレイの事故率は10万飛行時間あたり1.93件(海兵隊全体の平均は2.45件)

今までのCH46に比べると高くなりますが特別に事故率が高い機体というわけではなさそう。どちらかというと安全な部類に入るみたいですね。一部の方が危険と言っているのは4月にあったモロッコの事故、そして6月にあったフロリダの事故の印象からでしょう。しかしその事故の原因も究明がされています。

Osprey2

モロッコにおけるMV-22墜落事故に関する分析評価報告書 (PDF)

フロリダにおけるCV-22墜落事故に関する分析評価報告書(PDF)

MV-22オスプレイの沖縄配備について(PDF)

 

機体の問題ではなく人的ミスという結論に達したと書いてあります。ちょっと文字が多いですが書いてある事に違和感はありませんでした。特に突っ込みどころはありません。直近で起こった2件の事故が「危ない」「欠陥がある」という印象を与えてしまったわけですね。

 

客観的に見ると問題なし

総合的に考えるとオスプレイの配備には問題なしと言っていいでしょう。性能が上がる事はもちろん、現行機が20年前に生産が終わっているというのは無理に使うとそろそろガタが来てしまうのではないでしょうか。

IT企業で働いている私としては、経年劣化もあるでしょうし何かあった時に修理できるかも気になります。使い続けて無理がたたる可能性があるならリプレイスするのは不自然ではありません。

軍用でなくとも民間のヘリや航空機だって落ちる時は落ちます。オスプレイの事故率が平均以上であれば疑問に思うのもわかりますが、私は特別視する問題はないと思いました。100%の安全なんてどこにもありませんし、じゃあCH46を使い続けた方がいいかと言われるとそうではないでしょう。

これって多分「オスプレイを」ではなく「米軍基地を」排除したいのですよね。要はモメる為の口実にされているのでは、と思います。

民主党が色々引っ掻き回してくれた事も原因ですが、現地の方と米軍基地との確執はやはり大きいのでしょうね。デモをしている人以外の人の声を聞けていないので、それに関してはノーコメントです。つい先日の女性暴行事件もありますし、溝は深まるばかりですね。。

 

デモのやり口は適切ではない

しかし疑問に思ったのはデモのやり方。目立ったニュースは「凧や風船を揚げて抗議した」というものです。デモと言えば立札や横断幕、旗なんかを使ってシュプレヒコールを上げるのが普通です。対象が何であろうとそれは変わりありません。空港なんかでデモがある場合でも全く同じ。

わざわざ凧を揚げて理由を考えると、「直接の進路を邪魔する物理的な妨害」以外に合理的理由がないわけです。要はそうしてでも止めたいと理解してほしいという思いが根底にあるのでしょう。私は単純に「危ない事するなぁ」と思いました。

オスプレイは大型の旅客機ではなく小型の輸送機。小さい凧だって視界を塞いだり糸が絡まったりという事がありえるわけです。実際に凧は着陸時の機体にかなり接近していました。

当然アメリカからも中止が要請されていますし、もちろん日本としても黙って見ているわけにもいかないでしょう。防衛相の担当者や沖縄県警が危険だからやめてほしいと伝えたそうですが、それを受けたこの方々の言い分は「オスプレイの方が危険だ」らしいです。

ここまで見事な論点のすり替えは聞いた事がありません。「事故率の高い欠陥機(実際はそうでもない)だから排除してほしい」という要望を主張するのに事故を起こす可能性がある手段を選んでいるわけです。全く意味がわかりません。

広告

否定すべきは思考と行動

私は他人の感覚や感情は否定してはいけないと思っています。それは理屈ではなく心から湧き上がるものだから。例えは悪いですがロリコンに何を言ってもロリコンはロリコンなのです。

それ自体が人から嫌悪されたとしても、本人にすらどうしようもないのですから仕方のない事。それが変革されるには偶発的要素が必要になってきます。

しかし思考や行動は問題があるなら否定されてしかるべきでしょう。それは正しい理屈や正当性が必要だから。例えに則るなら実際に子供に手を出すなんて逮捕されて当然という事です。

感覚や感情には選択肢がなくても、思考や行動には様々な考え方・動き方があります。それは本人、あるいは周りの働きかけでいくらでも選択肢を変えられるもの。否定されたらもう一度考えてみればいいじゃないですか。

確かに政府の対応の悪さもあったと思います。例の資料は8月中にアメリカからもらっているはずなので、それをまとめるにしても9月19日に発行というのは遅すぎます。

配備の一週間前という事ですから、振り上げた拳の降ろしどころを探すには短い時間だったかもしれません。そのくせ配備は米政府の方針だとか、アメリカ・国民の双方に良い顔をしようという魂胆が見え見えでした。

直接的な行動に出てまで拒否したい「気持ち」は私には否定できません。それはおこがましい事だと思っています。ですが盲目的とも言える本末転倒な「行動」ははっきり否定させてもらいます。そんな事をしても世間には理解されないでしょう。

原発もそうですが、必要以上に危険を煽る方々って自分達の意見に対する反論の一切を無視するのですよね。それが科学的データでも識者の意見でも賛同以外は全てシャットアウト。

彼らの中では対象が悪というのは決定事項で、目的はすでに「どう排除するか」だからです。上記の資料はそこそこ説得力があると私は思いましたが、こうなってはもう相互理解は難しいですね。事故率を隠しているとか陰謀論を疑われるだけです。

私の思う事まとめ

オスプレイ自体に問題はなく、米軍基地問題の火種として目を付けられただけなのでは

背景の説明を省いた政府も悪い。もっと国民に対して真摯に対応するべきだった

その気持ちは否定できませんが理解を広めたいならだからこそ筋を通して行動するべき

いつまでもアメリカに守ってもらうのもアレだと思いますし、早く現地の人と日本とアメリカが納得できる道を見つけられるといいですね。

アマゾンにクーポンがある事は意外とみんな知らない

Amazonクーポン 食料品も日用品も安い!

楽天だって毎日タイムセールをやっていますよ

楽天タイムセール 毎日19:00から。昼にチェックしておこう!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


生活・健康・持論
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて