最新ブログ Amazonサイバーマンデー2016おすすめ商品とジャンル別リンク集。Kindleやゲーム機や家電などセール中


Googleが医療ベンチャー「Calico」を設立。医療事情は変わるのか

ねこ

GoogleがCalico(California Life Company)という医療ベンチャーを立ち上げました。CEOにはAppleの会長が就任。Calicoという社名は今後有名になるかも。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

Googleは、新企業Calico(「California Life Company」の略称)の設立を発表した。Googleの最高経営責任者(CEO)を務めるLarry Page氏がGoogle+に記したところによると、「健康と福祉、特に老化とそれに関連する疾患の問題に取り組む」予定だという。これによって同社は、世界中で起きている無数の問題との戦いにおける最前線を切り拓く。

Apple会長で、Genentechの元CEO(現在は同社でも会長を務めている)のArt Levinson氏が、CalicoのCEOに就任する。

Cnet

Calicoは何を狙っているか

GoogleのCEOであるラリー・ペイジ、そしてAppleの現会長であるアーサー・レビンソン。一見すると医療とはなんの関係もなさそうですが何を狙っているのでしょう。ちなみに社名はカリコと読みます。

具体的な発表はありませんがネットワークやシステムを司る企業でのノウハウを生かさないはずがありません。単なる医療法人や機器の製造にとどまらず、もっと大きな何かを見据えている気がしてなりません。

 

本命はビッグデータとウェアラブルデバイス

個人的にカギとなるのはビッグデータとウェアラブルデバイスではないかと思っています。

ビッグデータはデジタル的なログデータの事。とんでもないデータ量なので自社で収集できるのは大企業のみかもしれませんが活用のメリットは計り知れません。

iPhoneアプリなどもデータを収集して性別・年代別の統計を取ったりしているものがあります。人に適切な広告を出したり様々な調査に使われていますね。

ウェアラブルデバイスはGoogleも手掛けている身に着けるタイプのコンピュータ。Google Glassはメガネタイプですが主流はリストバンドタイプ。詳しくは以下の記事をどうぞ

広告

 

情報にかけては他の追随を許さないGoogle

途上国でもGoogle謹製のAndroidはどんどん普及していっています。Google検索を使った事のない方は世界的に見ても稀という時代になりつつあるでしょう。

良くも悪くも個人情報をビッグデータとして握るGoogle、それを生かしてのウェアラブルデバイスの普及を目指していると予想します。

完全防水・防塵設計、ヴァイタルサインを衛星経由で常に送信、Googleのデータと合わせてどんな嗜好を持つ人がどいういった疾病にかかりやすいのかが蓄積されていく。

そして様々なパターンの行動を取った時に身体にはどんな反応が出るのかを統計的に判断できる。もしかしたらそんな未来が…?!

いつの間にかGoogleの利用規約に「収集したデータはCalicoで利用します」なんて一文が追加されるかもしれませんね。あくまで個人的な予想ですが。

Google誕生 ―ガレージで生まれたサーチ・モンスター


5年後のアメリカ、10年後の日本、そして20年後は全ての国で医療事情が変わっているかもしれません。不老不死が実現するとしたらそれはGoogleが一枚噛んでいるでしょうね。

アマゾンにクーポンがある事は意外とみんな知らない

Amazonクーポン 食料品も日用品も安い!

楽天だって毎日タイムセールをやっていますよ

楽天タイムセール 毎日19:00から。昼にチェックしておこう!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


生活・健康・持論
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて