最新ブログ Amazonサイバーマンデー2016おすすめ商品とジャンル別リンク集。Kindleやゲーム機や家電などセール中


居眠り運転でセンターラインをオーバーした事故で被害者側に賠償命令。過失割合は?

居眠り運転でセンターラインを超えて対向車にぶつかった事件で、もらい事故をした対向車側に4千万円の損害賠償が命じられるという判決がありました。過失割合は10対0のはずですが。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

居眠り運転でのセンターラインオーバーで対向車側が賠償責任

というニュースがネットで話題になっていました。

車に疎い私からすると「居眠り運転の時点で10対0でぶつけた側が悪い」という認識だったのですが。

車同士が衝突し、センターラインをはみ出した側の助手席の男性が死亡した事故について、直進してきた対向車側にも責任があるとして、遺族が対向車側を相手に損害賠償を求めた訴訟の判決言い渡しが13日、福井地裁であった。原島麻由裁判官は「対向車側に過失がないともあるとも認められない」とした上で、無過失が証明されなければ賠償責任があると定める自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づき「賠償する義務を負う」と認定。対向車側に4000万円余りの損害賠償を命じた。

遺族側の弁護士によると、同様の事故で直進対向車の責任を認めたのは全国で初めてという。

「もらい事故」でも賠償義務負う 福井地裁判決、無過失の証明ない

 

過失割合は?事故の詳細

情報をまとめるとこんな感じ。

 
今回の事故にピッタリの条件がソニー損保のページで解説されていました。

道路交通法では、車両は道路の左側の部分を走行しなければならないと定められています。
従って、左側部分を通行している車両と、センターラインオーバーした対向車が接触・衝突した場合には、センターラインオーバーした側に100%の過失が生じます。

センターラインオーバーによる事故の過失割合

【過失割合】自動車同士の事故で、過失割合が100:0となるケース

 
保険会社的にはセンターラインを超えた事故は過失割合が10対0というのが通例のようです。プラス居眠り運転という事実はいかにもぶつけた側に責任がありそう。

報道では過失割合について書かれていなかったので加害者側の賠償責任がいくらかはわかりませんが、逆にぶつけられた側が訴えを起こしたら帳消しになるような気もしますね。

 

自動車損害賠償保障法はどうなっているか

以下は民法で定められている自動車の損害賠償責任に関しての記述。

自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によつて他人の生命又は身体を害したときは、これによつて生じた損害を賠償する責に任ずる。ただし、自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかつたこと、被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があつたこと並びに自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかつたことを証明したときは、この限りでない。

自動車損害賠償保障法

 
要は「基本的に賠償責任はあるが不注意や過失・自動車自体の欠陥がないと証明できればそうとも限らない」という事。それを逆手にとって「証明ができないので賠償責任あり」という判決になったのが本件です。

原島麻由裁判官曰く「仮に早い段階で相手の車の動向を発見していれば、クラクションを鳴らすなどでき、前方不注視の過失がなかったはいえない」との事。

しかしクラクションを鳴らしたり回避行動を取ったりというアクションが取れたとしても、対向車線から居眠り運転で突っ込んできた車をどうこうできるようには思えません。

仮に正解の選択肢を選んでいたら回避できていた事故とも思えませんし、いきなりそんな場面に出くわしてその選択に責任があるなんておかしな話です。これをどうやって証明しろと言うのでしょう。

 

裁判官や弁護士のスキルによって判決が変わってしまう

これってこの裁判官・弁護士でなければ180度違う結果になっていた可能性が高いという事ですよね。過去の判例を見ても。

詳しくないのでざっくりした意見しか持てないのですが、ルールが決まっているのにそれを運用する側の判断で結論が違ってくるというのはどうもしっくりきません。

法律での取り決め、過去の判例、保険会社の規約など判断基準はある程度決まっているはず。報道を読んだ限りでは新説が出てくるようなレアケースにはとても思えません。

これがまかり通ってしまうならば弁護士とか裁判官という仕組みを改善する必要があると思います。証言が変わらずかつ高裁で判決が覆った場合は地裁の裁判官にペナルティを与える、とか。

また事件が起こったのは2012年の4月なので判決までに丸3年かかっているという部分も気になります。このあたりも問題視するべきではないでしょうか。

広告

 

訴訟大国アメリカに近づいてきている気が

自賠責は3千万円までが補償の内容になっているので、今回の事件で支払いを命じられた対向車側は任意保険に入っていなければ1千万円を自腹で負担する必要があるはず。

ただこれは「裁判官がぶつけられた側が任意保険に入っている事を知っており保険会社が全支払いを賄える事を見越しての両者救済」の可能性もあります。それはそれで法律ってなんなのさという気もしますが。

私は保険の仕組み自体があまり好きではないのですが自動車の任意保険だけは入った方がいいと思います。こんな判決があってはなおの事。

きっと「どうせ保険会社が出すんだから取れるだけ取ってやれ」という感覚が蔓延しているのではないでしょうか。なんでもかんでも訴訟するアメリカみたいな価値観が一般化するのは息苦しい感じ。

この判例が悪用されない事を祈ります。

アマゾンにクーポンがある事は意外とみんな知らない

Amazonクーポン 食料品も日用品も安い!

楽天だって毎日タイムセールをやっていますよ

楽天タイムセール 毎日19:00から。昼にチェックしておこう!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


生活・健康・持論
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて