最新ブログ iOS10.3アップデート前は必ずバックアップを。不具合があるとiPhone文鎮化やデータ消失の恐れ


2020年の東京オリンピックに向けた受動喫煙対策、日本はアイコス等の加熱式タバコを広めればいいのでは

2020年のオリンピックに向けタバコの受動喫煙対策を進める必要があるそうで、飲食店や屋内施設の禁煙化など厚生労働省が頑張っています。個人的には建物内の喫煙事情をどうこうするよりアイコスのような加熱式タバコの普及促進に力を入れた方がいいと思います。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


2020年の東京オリンピックに向けての受動喫煙対策

3年後の2020年には東京オリンピックが開催されます。生で見た事がないので可能ならちょっと見に行きたいですね。

それに合わせて国内のタバコ・喫煙環境を改善する方向性で議論が進んでいます。現実的には今のままというのはあり得ず、何らかの法律が施行されそうです。

オリンピックとタバコに何の関係があるのかイマイチわかりませんが、ニュースを見るに「五輪開催国は受動喫煙対策が進んでいる必要があり、日本はそれが遅れているので進めたい」という事らしいです。

主要国首脳会議(G8)の中で唯一日本だけが屋内での喫煙が可能とか。アメリカ、イギリス、イタリア、カナダ、ドイツ、フランス、ロシアは屋内施設では禁煙。

日本が受動喫煙対策について何を考えているかは受動喫煙防止対策の強化について(たたき台) 厚生労働省にまとまっています。

 

海外の喫煙環境は日本に比べて進んでいる?

私が見てきた海外ではそんな事はなかったです。G8の中で言う「受動喫煙対策」は屋内に限った話のようで、諸外国は副流煙・受動喫煙は日本よりも酷い場所がほとんどでした。

ざっくりとまとめるとこんな感じ。☆が多い方が対応されているという意味です。「海外」とひとまとめにしていますが、アメリカやロシアは行った事がないのでわかりません。

海外と日本の喫煙事情
  海外 日本
屋内 ☆☆☆☆ ☆☆☆
屋外 ☆☆☆☆

 
確かに海外は屋内ではほぼ禁煙。ほぼというのはテラス席があるカフェでは喫煙可能だったりするからです。多分路面での営業許可的な法律が日本よりも緩いのか、こうしたカフェは大量にあります。

それに絡んで最悪なのが屋外。外に面しているカフェでは歩道にはみ出す形でタバコの煙がありますし、基本的に外ならどこでも喫煙OK。実態として屋外は喫煙者で溢れています。副流煙は日本よりだいぶ多い国がほとんど。

もちろん国や地域によりますが、ヨーロッパを中心に地面がゴミバコという国も少なくありません。私の印象では途上国+ヨーロッパは路上喫煙&ポイ捨て天国。

オーストラリアでは街中にゴミバコが設置されておりその上部が灰皿となっていますが、それでも人通りが多い地面はタバコの吸殻だらけ。シドニーでは真夜中に定期的に町中を水で洗い流していました。

シンガポールもオーストラリアと同様で通りにゴミバコ兼灰皿が設置されています(ビル街は除く)。しかしポイ捨ての罰金が厳格化されているというほどキレイではなかったです。ローカルなところでは普通にみんな路上で吸って地面に捨てていました。

屋内でのほぼ完全禁煙は評価できてもその評価を大きく覆すレベルで屋外の喫煙事情が悪いです。バーで飲んでてタバコを吸いたくなったらどうするのかと言うと、店の軒先に移動して吸う(その場で捨てていく)人がほとんど。

 

屋内と屋外の喫煙環境はどうすればいいのか

日本で海外のように路上喫煙が増えたらまずいですよね。渋谷ハチ公前の喫煙所が撤去されタバコのポイ捨て激増 ネットで賛否両論、渋谷区は「喫煙者のマナーの問題」みたいな事もありました。

屋外での受動喫煙を防ぐには路上喫煙をさせてはいけない。それなら高い壁で囲った喫煙所の数をむしろ増やすべきでしょう。日本だとタバコを吸う場所を探すのに海外以上に苦労します。タバコを値上げしてその税金を使えるようにすればいい。

次に屋内ですが、これは今まで通り分煙を頑張る方向でいいのではないでしょうか。私が喫煙者だから言うわけではありませんが、屋内の設備を変えずとも後述する加熱式タバコへの切り替えで十分対応できると思います。

先の厚生労働省のたたき台には、飲食店は「喫煙室設置可」と書かれています。店側が煙が漏れないような部屋が用意できれば外に行かずそこで吸っていいという事ですね。

でも国土が狭い、つまり店の敷地が広くない日本でこれができるのは大きなテナントが用意できる居酒屋チェーンくらいでしょう。そうなると喫煙室の設置のしようがない中小店・個人店は悪い意味で差別化されてしまう事になりませんか?

店選びの要素として考えると「タバコが吸えないからあの店はよそう」となってしまいそう。でもその逆はありえないですよね。大きな居酒屋は喫煙ルームで分煙されてるわけですから。

もし屋内禁煙の方向で進めるのであれば、喫煙室の新規設置は認めず一律全面禁煙としてしまわないとこうした不満が出る可能性はありそうです。

 

加熱式タバコへの切り替えを促進すればいいのでは

今流行っている「アイコス」や「プルームテック」などの加熱式タバコ。タールや一酸化炭素の量が少なく副流煙も抑え灰も出ない。プルームテックに至っては臭いもほぼゼロです。

iQOSは蒸気しか出ないため、紙巻きタバコの煙と同じ測定方法は使えない。そのため単純な比較は難しいのだが、「蒸気中の成分のほとんどは水とニコチン、そしてグリセリン」(フィリップモリスジャパン)。一方、さまざまな有害物質については、58の物質について蒸気を測定したところ、紙巻きタバコに比べて、平均で9割以上は減っていた。つまり、タール内の有害物質も大幅に削減できているということだ。

 iQOSを吸った部屋の空気も測定したが、「何も吸わない部屋と、ほぼ同等という結果が出ました」(同)。つまり、紙巻きタバコで嫌われる副流煙被害も、ほぼないのだ。実際、禁煙の編集部でiQOSを吸っても、ニオイはほとんど気にならなかった。

有害物質9割減!?フィリップモリス次世代タバコの勝算

 
上記はアイコスについての記事ですが、最後の「臭いはほとんど気にならなかった」というのは多分喫煙者の意見なので割り引いて聞かないといけません。プルームテックはともかくアイコスの臭いは普通に気になります。

しかし多少なりとも臭いが抑えられ副流煙の健康被害も9割近くが減るというデータがあるのなら、この研究を進めて利用を促進していくのはより大きな意味で前向きな考え方だと思います。長期的に見て医療費の削減にもなるでしょう。

広告

 

アイコスとプルームテック、公式サイトのコンテンツすら見られない

しかし私の周りの人間は大体「興味はあるけど高いしそもそも売ってない」という感じです。価格が高いのと販売されていないのは原因が同じで、供給量が少ないからプレミア化して高騰しているんです。

そもそも情報が個人ブログくらいしかありません。アイコスもプルームテックも公式サイトのコンテンツを見るにはユーザ登録&身分証のアップロードが必要です

IQOS公式サイト 要ログイン

Ploom Tech公式サイト 要ログイン

 
多分未成年にはコンテンツも見せてはいけないという取り組み?だと思いますが、公式サイトで情報も調べられず生産数も少なく高価という状況は改善してほしいですね。

国が動いてでも2020年までに喫煙事情をどうにかしたいのであれば、既存の紙巻タバコの税率を上げる&加熱式タバコの税率を下げるくらいできるのではないでしょうか。

そうすれば生産量も上げられ価格も値下げ(というか実売価格で買える)。私自身も加熱式タバコに興味があるのでそうなって欲しいです。

 

重要なのは落とし所

屋外での喫煙所を増やす(路上喫煙・歩きタバコ防止)

屋内では今まで通り分煙を進める(完全禁煙だと小さな飲食店は競争力が落ちる)

加熱式タバコの普及を進める(非喫煙者にも喫煙者にもメリット)

喫煙所が増えれば路上喫煙も減り、非喫煙者は屋外での副流煙や火の危険を避ける事ができる。加熱式タバコが普及すれば喫煙者の肩見が狭くなる事もなく、非喫煙者は臭いも受動喫煙の被害も今より格段にマシになる。

最悪なのは「屋外の喫煙所も増えず屋内では完全禁煙、加熱式タバコも高いまま」です。締め付けが過ぎると反発も起きやすくなり、それは結局全体に悪影響を及ぼすでしょう。

会社のデスクに灰皿があった30年前やJRの駅に灰皿があった10年前と比べれば日本の喫煙事情はマシになっていると言えます。少しずつ歩み寄って喫煙者も非喫煙者も共存できる社会になるといいですね。

と書いたところで以下のニュースを見ました。加熱式タバコも差し当たっては規制の方向だそうです。受動喫煙の影響が低いかはデータが足りない、みたいな理由。

受動喫煙対策強化の一環としてプルーム・テックやアイコス(iQOS)などの「電子加熱たばこ」も“規制の対象となった。一般的には受動喫煙の危険性はないと目されていた電子加熱たばこがなぜ規制対象になったのか? そこには世界に対する日本のメンツが見え隠れする。

■電気加熱式たばこも当面規制対象

喫煙者にとっては厳しい内容かもしれない。厚労省が受動喫煙対策について新たな規制案を発表、プルーム・テックやアイコスなどの電子加熱たばこも規制対象に含めるとの考えを示した。受動喫煙への影響に対して、十分な知見が得られていないというのが理由だ。一旦規制対象とし、健康被害への影響がないと判明次第規制対象から外すとしている。

「アイコスもNO」電子加熱たばこも規制する理由とは

アマゾンにクーポンがある事は意外とみんな知らない

Amazonクーポン 食料品も日用品も安い!

楽天だって毎日タイムセールをやっていますよ

楽天タイムセール 毎日19:00から。昼にチェックしておこう!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


生活・健康・持論
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて