最新ブログ Amazonサイバーマンデー2016おすすめ商品とジャンル別リンク集。Kindleやゲーム機や家電などセール中


自撮り棒が禁止の場所が増加中。セルカレンズの方がリスクが少なそう

自撮り棒の禁止が世界で広がっていっているみたいです。日本ではJR西日本が北陸新幹線5駅で禁止を掲げたとか。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

自撮り棒の禁止が進んでいる

セルカ棒とかセルフィースティックとも呼ばれている自撮り棒。自分の周囲を俯瞰のように撮れる面白アイテムですが、その危険性から使用禁止にする場所も出てきました。

有名な所ではディズニーランドが公式に自撮り棒の使用を禁止しています。それに加えて今度はJR西日本が一部の駅での使用を禁止したとか。

ちなみに私は日本では未だに見た事がないです。本当に大ブームなのか少し疑問。

金属棒の先端にスマートフォンやデジタルカメラを取り付けて自分の姿を撮影する「自撮り棒」について、JR西日本が開業でにぎわう北陸新幹線の金沢や富山など5駅のホームで使用禁止に踏み切った。もともとは自分の姿を撮影するための便利グッズだったが、頭上に持ち上げて使えば人込みの中でも高い位置から頭越しに撮影でき、列車や周囲の人に当たる恐れもあるためだ。使用禁止は鉄道事業者では異例の措置とみられる。国内外のテーマパークなどで規制している動きもあり、意外な〝逆風〟にさらされている。

産経新聞

 

Bluetoothの自撮り棒は技適マークが必要

人ごみや周囲に迷惑になるような場所での使用は個々で気を使うべきですが、自撮り棒自体もモノによっては危険です。イヤホンジャックタイプではなくBluetooth対応モデルだと注意が必要。

シャッターを有線で押すか無線で押すかの違いですが、無線タイプであるBluetoothを使ったモデルは技適マークが入っていないと電波法違反の可能性があります。
あまりに安すぎるものだと技適マークが入っていないそうなので購入時にチェックしましょう。

 

世界でも一部施設が禁止を表明

アメリカではスミソニアン博物館やニューヨーク近代美術館が禁止となっています。また音楽フェスなども。

今月初めEDMフェスティバル「Ultra Music Festival」が発表したと同じように、アメリカの大型野外音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル」と「ロラパルーザ」がセルカ棒の会場持ち込み禁止を発表しました。

BLOGOS

 
個人的にはライブ会場や博物館・美術館などで自分を撮るという事自体ちょっと理解できないのですが、禁止と書かれている場所では素直に従いましょう。

先の電波法的な意味でも、日本で技適が通っているモデルが海外で合法かはわかりません。逆に海外で買ったものは日本で使うと違法の可能性があります。

Wi-Fiも含め電波法はもう少し柔軟になってほしいのですが、現状はそういう危険性もあるとの認識は持っておきましょう。

広告

 

セルカレンズは安心安全

外国人が自撮り棒を使って撮ったと思われる映像をYoutubeで見ていたりするので個人的には面白いアイテムだと思っていますが、危険があるなら場所によって規制されるのは当たり前。

構造的には地面に立てる一脚と同じ(Bluetoothがついただけ)わけで、それを室内や人ごみの中で手持ちなんて危ないに決まっています。
今のところ大きな事故やトラブルは聞きませんが、使い手のモラルや行動によっては今以上に大きく規制が進んでしまうかもしれません。楽しく安全に使いましょう。

今は邪魔にならずに規制もされないセルカレンズが流行ってきているみたいです。荷物が増えるのは嫌なので私も買うならこっちにしようと思っています。

XCSOURCE iPhone 6 / 6plus / Samsung Galaxy / HTC などのスマートフォン用SMART-LENS 3IN1 SET 180度 魚眼レンズ+広角レンズ+マイクロ スマートフォン用カメラレンズ セット- (レッド) DC264R

アマゾンにクーポンがある事は意外とみんな知らない

Amazonクーポン 食料品も日用品も安い!

楽天だって毎日タイムセールをやっていますよ

楽天タイムセール 毎日19:00から。昼にチェックしておこう!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


スマホ・パソコン周辺機器
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて