最新ブログ Amazonプライムセール2017に繋がらない、アクセスできない人は商品やカテゴリページから試そう


Xperiaのアンバサダーイベントに出席してXperiaX Performanceを借りてきました

スマホ・Android

XperiaX Performanceアンバサダー01

Xperiaアンバサダーなるイベントに出席したので会場の様子をレポ。またXperiaX Performanceを発売前に試用させてくれるとの事で端末レンタルしてきました。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


XperiaアンバサダーイベントでXperiaX Performanceをレンタル

私は初めて参加するのですが、Xperiaは「Xperiaアンバサダーミーティング」と称したイベントを新製品発売ごとにやっているらしく応募したら当選したので行ってきました。

これは一般人ではなくブログ等で情報発信している人限定でさらに抽選となるのでホイホイ参加できるわけではありません。一応私はAMNというブロガーネットワークに所属しており、そこを通して応募したものです。

XperiaX Performanceはドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアで夏モデルとして発売されます。日本でも大人気のXperiaのシリーズ刷新モデルという事で注目されていますが、今回ご厚意で端末レンタルさせていただいたので使ってみた率直な感想を記事としてアップしていきたいと思います。

とりあえずイベントのレポートをどうぞ。XperiaX Performanceについては以下の関連記事もチェック。

 

Xperiaアンバサダーイベントの会場の様子

品川駅から徒歩5分くらいの場所にある会場では50席ほどの用意がありました。お弁当も和食・洋食が選べます

XperiaX Performanceアンバサダー02

 
私は和食をチョイス。晩御飯が出るならオニギリを食べなければよかった

XperiaX Performanceアンバサダー03

 
そうこうしている内にスライドを使ったプレゼンが始まります。XperiaはZシリーズからXシリーズへ

XperiaX Performanceアンバサダー04

 
XperiaX Performanceはデザイン・カメラ・基本スペックに力を入れて刷新した新シリーズ

XperiaX Performanceアンバサダー05

 
Qualcommの最新CPU「Snapdragon820」を採用したハイスペックモデル

XperiaX Performanceアンバサダー06

 
XperiaZ5を比較対象としてサクサク感をアピールしていました

XperiaX Performanceアンバサダー07

 
バッテリーは容量自体は他社スマホと比べて小さいものの、Snapdragon820の恩恵で消費電力が大きく下がっているとの事。容量以上の長持ちが期待できそう

XperiaX Performanceアンバサダー08

 
またソフトウェアを改良し効率のいい充電を行う事でバッテリー寿命も延びているそうです。経年劣化が抑えられているという事ですね

XperiaX Performanceアンバサダー09

 
特徴であるカメラは0.6秒で起動。また背面カメラだけでなくインカメラもセンサーサイズが向上し画素数が1,300万画素。F値2.0で明るく写るレンズに改良

XperiaX Performanceアンバサダー10

 
かつてXperiaX Performanceだったものも展示されていました

XperiaX Performanceアンバサダー12

 
中身は放熱設計・電波設計共に大きく改善されたとの事。ちなみにバッテリー容量は2700mAh。国内キャリア版はスペックシート上は2570mAhとなっていますが、これは表記の違いのみで実際にはグローバル版と全く同じものが搭載されているとの事です

XperiaX Performanceアンバサダー11

 
イベント自体はソツなく進みましたができればスライド資料は参加者限定でオンライン配布して欲しかったです。後ろの人達は写真を撮りづらそうにしていました。私も前の人が邪魔で積極的には撮れませんでしたね。

席に弁当が広がったり結構わちゃわちゃしていたのでスペースの問題でPCも開きづらく、解説をメモするのはかなり困難でした。このあたりは改善されると嬉しいです。

広告

 

XperiaX Performanceを触ってみました

レンタルさせてもらったXperiaX Performance。ドコモ版のSO-04Hです。明かりの関係でライムゴールドに見えますがこれはブラックモデルです。会場の明かりが結構独特でうまく撮れなかった

XperiaX Performanceアンバサダー13

 
早速起動。SONYロゴ

XperiaX Performanceアンバサダー14

 
からのドコモロゴ

XperiaX Performanceアンバサダー15

 
さらにXperiaロゴ

XperiaX Performanceアンバサダー16

 
各部説明が入り

XperiaX Performanceアンバサダー17

 
Androidシステムの初回起動設定

XperiaX Performanceアンバサダー18

 
起動完了。初回でも1分はかからなかったと思います

XperiaX Performanceアンバサダー19

 
手に持った印象としては質感が非常にいいですね。XperiaZ5 Compactが大型になった感じ。アルミの背面パネルは高級感と親しみやすさのバランスが取れています。

ディスプレイ側も背面側も微妙に湾曲しているラウンドデザインのサイドはなかなか持ちやすいです。5インチですが片手操作も問題なし。

ただファーストインプレッションとしてズシっと重量を感じました。見た目に反して中身が詰まっている感じですね。確かに165gというのは5インチにしては重いほう。すぐ慣れるとは思いますが

XperiaX Performanceアンバサダー20

 
まずはイベントレポートという事で後日使用感を記事にしていきます。お土産にはXperia Tシャツをもらいました。生地は安っぽいですがかなりデザインがよく日常使いもできそう

XperiaX Performanceアンバサダー21

 
と思ったら安定の背面ロゴです。デザインをウリにするならファッションブランドとコラボしてガチで作ってみてほしいですね。そういうプロモーションもありだと思います

XperiaX Performanceアンバサダー22

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


スマホ・Android
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて