最新ブログ フリーザー・ルギアなど伝説レイドボスの倒し方。弱点を突けるポケモンを回復させて戦おう


ワイヤレスゲートの格安SIMにLTE使い放題の新プラン。通信速度は3Mbps

格安SIM・MVNO

ワイヤレスゲートSIM

ワイヤレスゲートの格安SIMにLTE使い放題のプランが追加されました。しかし通信速度は3Mbps。これならU-mobileの方がおすすめですね。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


ワイヤレスゲートのSIMにLTE使い放題プランが登場

以前から3GB・5GB・10GBのプランを出していたワイヤレスゲートですが、通信容量が使い放題で制限なしの新プラン「WirelessGate SIM FON プレミアム」を発表しました。しかし通信速度は3Mbps。以下がその料金表

ワイヤレスゲートSIMの料金表
  音声通話SIM データ通信SIM
月額料金 2,980円 1,680円
SMSオプション なし 200円
契約手数料 3,240円 3,240円
解約手数料 無料 無料
MNP転出料 1年以内
11,880円
無料

 

ワイヤレスゲートSIMのメリット

料金が税込みでわかりやすい

通信事業者はたいてい料金を税抜きで表記するのですがワイヤレスゲートは税込み表記なのでわかりやすいです。

また同じく3Mbpsで使い放題のプランを出しているぷららモバイルの料金よりもずっと安いです。あちらはデータ通信SIMが2,980円、音声通話SIMが3,736円。

通信速度の制限は実質的になし

今回の「WirelessGate SIM FON プレミアム」プランは直近3日間の通信で3GBを越えると帯域制限がかかりますが、3Mbpsの通信速度で3日間に3GBなんてほぼありえないでしょう。そこが気になるユーザはもっと通信速度の速いプランを検討しているはず。

Wi-Fiスポットの対応が非常に多い

ワイヤレスゲートSIMは昔から多数のWi-Fiスポットに対応しています。BBモバイルポイント(マクドナルド)やWi2-300など。今回のプランなら更にFONにも対応。

 

ワイヤレスゲートSIMのデメリット

通信速度は期待できない

使い放題はともかく今時通信速度が3Mbpsというのはちょっとおすすめしづらいです。ビジネスマン向けだと思いますがそれにしても遅い。

同じく使い放題で3Mbpsプランを出していたぷららモバイルを使っていた友人は都内での通信速度の遅さに耐え切れず他のMVNOに逃げ出していました。田舎だとそこそこ繋がるようでしたが。

MNP転出料が高額

ワイヤレスゲートの音声通話SIMは違約金は無料でもMNP手数料が高額で書きましたがMNP手数料が高いです。音声通話SIMを含む全プランで解約料は無料でも電話番号ごと他社へ移行するMNPの転出料は1年以内で11,800円。

まさか電話番号を新規で契約し直すわけにもいかないので、通信品質に満足できなかった場合は1万円が必要経費と思っておきましょう。

広告

 

基本的にはU-mobileがおすすめ

Wi-Fiスポットへの対応は世界で1,900万カ所との事でこれを利用できるなら3Mbpsで十分という考え方もできるでしょうが、私はWi-Fiスポット(特にFON)をあまり信頼していないので特に響かず。有効活用できるなら一考の価値はありそうです。

データ通信SIMが1,680円なのはリーズナブルですが、最大3Mbpsの通信速度は実際にどれくらいの速度が出るのか確認してみないと申し込む勇気はありません。

ワイヤレスゲートのSIMはMNP転出料が高く、今回のプランは通信品質も微妙とおすすめしづらいプラン。キャンペーンもFONルータプレゼントとあまり魅力はありません。

メリットは月額料金が税込み表記なので分かりやすい点と速度制限は実質的にない点でしょうか。でもこれなら私はU-mobileをおすすめします。

U-mobileは月額が3,218円ですが同じく使い放題で通信速度は最大150Mbps。今はキャンペーンで3ヶ月無料なので1万円分くらい割引に。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


格安SIM・MVNO
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて