最新ブログ ネタバレあり、古典部シリーズ氷菓の最新作「いまさら翼と言われても」感想・レビュー


VAIOのスマホ発売へ!ミドルレンジのSIMフリーAndroidか

格安SIM・MVNO

ねこ

VAIOのAndroidスマホが出るそうです。なんと来月。詳細スペックは不明ですがお求めやすいSIMフリー機になりそうです。

広告


VAIOブランドのAndroid

VAIOは言わずと知れたソニーのPCブランドでしたが、不況の煽り(便利な言葉)を受けて今年2月に身売りされてしまいました。
その後VAIO株式会社として7月に規模を縮小して再スタートし、2015年春にはノートPCの新製品を投入するものと見られています。

そんなVAIOが日本通信と組んでスマホを作っていたそうです。しかも来月にも販売開始するという報道。

ソニーのパソコン部門が独立したVAIO(バイオ、長野県安曇野市)は来年1月にもスマートフォン(スマホ)事業に参入する。仮想移動体通信事業者(MVNO)の日本通信と提携し、同社と共同開発した端末を大手携帯電話会社より割安に提供する。7月に発足したVAIOは成長が見込めるスマホ市場で出身母体のソニーと競合する関係になる。

端末はVAIOと日本通信が共同で企画・開発した。生産はEMS(電子機器の製造受託サービス)が手掛ける。画面サイズは成人男性が片手で持ちやすい5型前後になる見通しで、基本ソフト(OS)には米グーグルの「アンドロイド」を採用した。

日経新聞

 
スペック的なものは5インチクラスのAndroidとしか書かれていませんが、「大手携帯電話会社より割安に提供する」という表現からするにハイエンドでないSIMフリー機でしょう。

格安SIMメーカーの日本通信と共同開発という事はドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアからではなく家電量販店やネットで注文する形になりそうですね。VAIOのデザイン性を格安で提供してくれるならばこれは期待。

広告

 

Xperiaとは競合しないライン、だがしかし

元会社であるソニーモバイルのXperiaシリーズとぶつかるのは想像しやすいですが、Xperiaは路線としては高級機。
E3など安価なモデルも作っていますが日本では未発売の途上国向けのもの。要はガツっと真正面から食い合う形にはしないという事でしょう。

でもそうだとしたら端末価格は相当抑えないと現実的には食われるかもしれません。
高級機とはいえキャリアが売ってるXperiaZ3は買い方によっては一括0円なので、いくら毎月の通信費を安くしてもスペックの分負けていたら対抗するのは厳しそう。

キャリアが売っている端末に対してSIMフリーというメリットも来年5月からなくなりますし、どんな立ち位置を築けるのか注目ですね。

 
発表されました。ガッカリ。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


格安SIM・MVNO
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて