最新ブログ iPhone7を壊さないようPITAKAのアラミドファイバーケースを装着。薄くて軽くて角をしっかりガード


SIMカードのサイズはどっちを選べばいい?MicroSIMではなくNanoSIMがおすすめ

格安SIM・MVNO

SIMフリースマホを使うならSIMカードはNanoSIMを選んでおくとMicroSIMよりも便利。サイズによって何が違うのか、なぜNanoSIMの方がいいのか解説。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


SIMカードはNanoSIMとMicroSIMのどっちがいいか

SIMフリーの格安スマホは新製品が次々と出てきています。3万円出せば十分なスペックの機種が買えるので、10万円近い通信キャリアのスマホを高いと感じている人達にはホットなトピック。

キャリアのスマホはSIMカードもセットなので毎月の料金から割引もありますが、やはり割高ですし2年縛りは最高にウザイですね。それがない代わりにSIMカードは自前で契約しなさいよというのがSIMフリーの格安スマホです。

そして自前で契約するのが格安SIM。通信速度が少し不安定ですが料金は1/4以下なのでうまく使えば大きな節約になります。私はFREETEL、OCN モバイル One、DMM Mobile、mineoの回線を契約しています。

 

SIMカードの種類

単体で購入できる格安SIMは必ずSIMカードのサイズが選択できますが何が違うのか。現在使われているSIMカードは標準SIM(MiniSIM)、MicroSIM、NanoSIMの3種類です。

標準SIM(miniSIM)

大きいSIM。最新機種だとFREETELのPriori3が採用しますが今後は消えていくでしょう。

MicroSIM

中くらいのSIM。格安スマホを中心に幅広く使われています。現在主流ではありますが性能は変わらないのでどんどん小型化していくはず。

NanoSIM

小さいSIM。iPhoneは4SまでがMicroSIMでしたが5からNanoSIMになりました。今後は格安スマホでも増えていきそう。XperiaはZ3からNanoSIMですね

MicroSIM

 

なんでNanoSIMがおすすめなの?

上記の通り違いは物理的なサイズのみ。基本的に目当ての端末に合ったSIMカードを契約すればそのまま使えます。今だとMicroSIMとNanoSIMがほとんど。

ではなぜ小さいNanoSIMがおすすめなのかと言うとSIMカードは小が大を兼ねるから。アダプタに載せてサイズを調節すればNanoSIMがMicroSIM対応のスマホで使えます

 
一個50円、二個セットだと85円。中身はNanoSIMからMicroSIM、NanoSIMから標準SIM、MicroSIMから標準SIMへの全パターンの変換アダプタとiPhone用のSIMスロットピンが入っています。送料無料

NanoSIMからMicroSIMへの変換アダプタ

 
SIMカードのサイズを悩んでいる人は9割がたSIMフリーのスマホを持っているor購入予定のはず。その機種がMicroSIM対応機だったとしても私はNanoSIMを勧めます。

NanoSIM+変換アダプタならどんなサイズにも対応可能

もちろんMicroSIMを選んでもいいのですがNanoSIMにしておけばアダプタを使ってMicroSIMにでき、今後NanoSIMのスマホに買い換えた際はアダプタを外せばOK。

格安SIMは音声通話対応SIMだと乗り換え時に高額な違約金がかかる実質的な1年縛りのようなものもあります。もしスマホを変える必要が出てきてもNanoSIMなら柔軟性があるのでそのまま利用可能なわけですね。

注意点としてアダプタを使う場合、アダプタ単体でスマホに入れると出てこなくなってトラブる可能性があります。必ずSIMカードとセットで挿入しましょう。

また裏蓋が開かない横から差すタイプのスマホもSIM周りでトラブりやすいです。代表的なのがiPhoneやXperiaZなど。入れる時は注意を払いましょう。

 

MicroSIMと標準SIMはカットすればNanoSIMに変更可能。でも自己責任で

じゃあ標準SIMやMicroSIMなんかの大きいSIMカードはNanoSIMの機種にはどうしても入れられないの?と聞かれるとカットしてサイズを変更すれば入れられるが答えになります。

SIMカードのカットにはSIMカッターが必要。こんなやつです

SIMカッター

 
実際にカットしている様子はiOS9でmineoのドコモ回線・au回線のデータSIMをテストをどうぞ。海外だとショップで貸してくれる事もありますが日本ではまず貸してくれません。

またカットは自己責任です。失敗するとそのSIMカードは二度と使えなくなります。はっきり言っておすすめしません。なのでやはりNanoSIMを推奨。

ドコモやauなどキャリアのSIMカードのサイズを変更する場合は手数料が2,160円かかってきますがショップで手続きしてくれます。

 

SIMカードのサイズはNanoSIMがいい理由まとめ

私のようにSIMカードを5枚も6枚も持っている変態は結構NanoSIMを契約しています。SIMによって利用出来るスマホが決まってしまうのはイヤなので。

基本的には目当ての端末に合うSIMならOK。今は標準SIMはほとんどなくMicroSIMとNanoSIMが主流

しかし今のスマホがMicroSIMでも次の機種はNanoSIMかもしれない。NanoSIM+アダプタで使っておけばアダプタを外すだけで済む

今あるMicroSIMが契約の関係で解約もMNPもできないけどNanoSIMにしたい、という時は自己責任でカットすればサイズ変更可能。非推奨

格安SIMと格安スマホの組み合わせを使えば年間の通信費を10万円節約する事もできます。興味はあるけどタイミングが合わない、という方はタダで使えるデータ通信SIMを今のスマホに入れてどんな感じか試してみるといいですよ。

SIMカードはDTI SIMがいつ申し込んでも6ヶ月タダです。デュアルSIMのスマホでも生かせるのでNano SIMにして一枚持っておくと便利ですよ。節約しましょう。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


格安SIM・MVNO
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて