最新ブログ iOS10.3.2のアップデートは多数のセキュリティ脆弱性を修正。不具合は今の所なさそう


Priori3S LTEが予約受付開始。FREETELの雅・前機種とスペック比較

スマホ・Android

Priori3S LTE

格安スマホ「Priori3S LTE」が予約受付を始めました。FREETELの雅(MIYABI)、前機種のPriori3 LTEとのスペック比較をどうぞ。バッテリー盛り盛り。発売日は2月12日(金)。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


Priori3S LTEが予約受付開始

FREETELの格安スマホPrioriシリーズ。最新機種であるPriori3S LTEの予約が始まりました。Amazonで手配可能です。発売日は2月12日(金)。

「とにかく価格が安い割に使える」という立ち位置の製品でしたが、スペックは大幅に引き上げられローエンドではなくミドルレンジの性能となってリリースされます。

最近はSIMカードでも端末でも攻めているFREETEL。格安スマホや格安SIMに興味のある人はチェックしておくといいですよ。

 

FREETELの雅・Priori3 LTEとのスペック比較

前機種であるPriori3 LTE、そして性能・価格的に競合機種(同じメーカーですが)であるFREETELの雅とスペック比較。まずはPriori3 LTEから。

Priori3SとPriori3のスペック比較

Priori3S LTEとPriori3 LTEのスペック比較
  Priori3S LTE Priori3 LTE
初期OS Android5.1
(Lollipop)
Android5.1
(Lollipop)
CPU MediaTek
MT6735P 1GHz
MediaTek
MT6735M 1GHz
メモリ(RAM) 2GB 1GB
ディスプレイ 5インチ
1280×720
4.5インチ
854×480
容量(ROM) 16GB 8GB
カメラ 800万画素
前面カメラ200万画素
800万画素
前面カメラ200万画素
通信方式 Wi-Fi
a/b/g/n
Bluetooth 4.0
Wi-Fi
a/b/g/n
Bluetooth 4.0
対応電波周波数 4G LTE
2100MHz Band1
1800MHz Band3
2600MHz Band7
900MHz Band8
800MHz Band19
3G W-CDMA
2100MHz Band1
800MHz Band6
900MHz Band8
800MHz Band19
2G EDGE/GSM
(1900/1800/900/850)
4G LTE
2100MHz Band1
1800MHz Band3
900MHz Band8
800MHz Band19
3G W-CDMA
2100MHz Band1
800MHz Band6
900MHz Band8
800MHz Band19
2G EDGE/GSM
(1900/1800/900/850)
バッテリー容量 4000mAh 2100mAh
(交換可能)
重量 161g 120g
サイズ 横72mm
縦144mm
厚さ9.4mm
横65mm
縦132mm
厚さ8.9mm
ブラック
ホワイト
ネイビー
ブラック
ホワイト
ベージュ
オレンジ
レッド
ブルー
SIMカード Nano SIM
Micro SIM
標準 SIM
Micro SIM
税込み価格 19,224円 13,824円

 
特大のバッテリーに目が行きますが最大の違いはそもそもの画面サイズ。前機種は4.5インチだったのに対し5インチHDと全く別のスマホです。基本性能は順当なスペックアップ。

スペックシートに現れない点としてタッチパネルの性能が進化しています。マルチタッチが2点から5点へ。最新のスマホだと10点タッチ対応とかですが5点あれば十分。

SIMカードのサイズが時代遅れの標準SIMからNano SIMに変わったのはいいですね。もう片方はMicro SIM。LTEの対応周波数でband7が増えていますが現状日本では使われていないので無視してOK。

Priori3Sと雅のスペック比較

こちらが競合機種の雅との比較。

Priori3S LTEと雅のスペック比較
  Priori3S LTE
初期OS Android5.1
(Lollipop)
Android5.1
(Lollipop)
CPU MediaTek
MT6735P 1GHz
MediaTek
MT6735 1.3GHz
メモリ(RAM) 2GB 2GB
ディスプレイ 5インチ
1280×720
5インチ
1280×720
容量(ROM) 16GB 32GB
カメラ 800万画素
前面カメラ200万画素
1300万画素
前面カメラ500万画素
通信方式 Wi-Fi
a/b/g/n

Bluetooth 4.0
Wi-Fi
b/g/n
Bluetooth 4.0
対応電波周波数 4G LTE
2100MHz Band1
1800MHz Band3
2600MHz Band7
900MHz Band8
800MHz Band19
3G W-CDMA
2100MHz Band1
800MHz Band6
900MHz Band8
800MHz Band19
2G EDGE/GSM
(1900/1800/900/850)
4G LTE
2100MHz Band1
1800MHz Band3
900MHz Band8
800MHz Band19
3G W-CDMA
2100MHz Band1
800MHz Band6
900MHz Band8
800MHz Band19
2G EDGE/GSM
(1900/1800/900/850)
バッテリー容量 4000mAh 2200mAh
(交換可能)
重量 161g 150g
サイズ 横72mm
縦144mm
厚さ9.4mm
横72mm
縦142mm
厚さ8.2mm
ブラック
ホワイト
ネイビー
ブラック
ホワイト
ゴールド
SIMカード Nano SIM
Micro SIM
Micro SIM
Micro SIM
税込み価格 19,224円 21,384円

 
雅に関しては雅(MIYABI)を買ったので実機レビュー。コスパ最高でおすすめの格安スマホで実際に使っている様子を書いています。差別化できている点はやはり特大のバッテリー。約2倍です。

CPUに関しては雅の方が性能は上。Priori3SのAnTuTuのベンチマークはおそらく25,000弱くらいのスコアでしょう(雅は27000程度)。

本体容量も16GBと32GBという事で人によっては雅を買ってしまった方がいい場合もあります。重量や分厚さ(5インチにしてはかなり分厚く重い)といった部分も気になる人は多いかも。

 

格安スマホ初心者は第一候補にしていいスペックと価格

税込み2万円を切って2GBメモリは素晴らしいですね。ローエンドのスペック引き上げは意義があるでしょう。他社は今後この価格帯で出せるでしょうか。

Priori3 LTEは13,824円だったので価格帯の引き上げにもなってしまうとは言え、前々機種のPriori2 LTEが同額の19,224円だったので高いわけではありません。十分に割安です。

格安スマホに興味はあるけど低スペックは嫌だ、ヘビーには使わないからとにかく安いAndroidでおすすめを探している、という人にはピッタリ。

 

発売日は2月12日(金)。予約受付中

雅と比較した時に性能面で劣ってしまうのは残念なところですが、大きく優位性のあるバッテリー容量をうまく使える人は買いでしょう。

つまりテザリングでモバイルルータ代わりに使う人にピッタリ。デュアルSIMの両スロットに格安SIMを入れWi-Fiルータとして使えばバッテリーの利点をフルに生かせます。

現在先着5000人が半年タダ!DTIの格安SIM、月間3GBプランが解約料も無料というキャンペーンをやっているので、買うつもりの人はSIMカードを手配しておくといいですよ。

発売予定日は2月12日(金)で確定。予約受付中です。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


スマホ・Android
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて