最新ブログ セブ島で松田大夢くんと会ってバジャウ族のツアーに参加してきました


Nexus6PとNexus6のスペック比較

スマホ・Android

Nexus6とNexus6Pのスペック比較

Nexus6Pと前モデルのNexus6のスペックを比較。ディスプレイサイズを含め結構違いがあります。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


Nexus6Pが登場

Nexus5Xと一緒に発表されたNexus6P。前モデルのNexus6はモトローラ製でしたが今回の新型Nexus6PはHuawei製となりました。Nexus5XについてはNexus5XとNexus5のスペック比較をどうぞ。

メモリ以外ほぼ全てが変わっていますが、特筆すべきは本体サイズを小さくしてきた事。大画面化のトレンドに逆行するかのように6インチから5.7インチへサイズダウンしています。それでも十分大きいですが。

 

Nexus6PとNexus6のスペック比較

左が新型のNexus6P、右が旧型のNexus6

Nexus6PとNexus6のスペック比較
  Nexus6P Nexus6
初期OS Android6.0
(Marshmallow)
Android5.0
(Lollipop)
CPU Snapdragon 810
オクタコア
1,9GHz
Snapdragon 805
クアッドコア
2.7GHz
メモリ(RAM) 3GB 3GB
ディスプレイ 5.7インチ
2560×1440
6インチ
2560×1440
容量(ROM) 32GB
64GB
128GB
32GB
64GB
カメラ 1230万画素
4K動画撮影
240FPS スロー撮影
前面カメラ800万画素
1300万画素
前面カメラ200万画素
通信方式 Wi-Fi
a/b/g/n/ac MIMO
Bluetooth 4.2
Wi-Fi
a/b/g/n/ac MIMO
Bluetooth 4.1
対応電波周波数 4G LTE
2100MHz Band1
1900MHz Band2
1800MHz Band3
1700MHz Band4
900MHz Band5
2500MHz Band7
900MHz Band8
1700MHz Band9
700MHz Band17
800MHz Band19
800MHz Band20
700MHz Band28
2500MHz Band38
1800MHz Band39
2300MHz Band40
2500MHz Band41
3G W-CDMA
2100MHz Band1
1900MHz Band2
1700MHz Band4
900MHz Band5
800MHz Band6
900MHz Band8
1700MHz Band9
800MHz Band19
2G EDGE/GSM
(1900/1800/900/850)
4G LTE
2100MHz Band1
1800MHz Band3
900MHz Band5
2500MHz Band7
900MHz Band8
1700MHz Band9
800MHz Band19
800MHz Band20
700MHz Band28
1500MHz Band41
3G W-CDMA
2100MHz Band1
1900MHz Band2
1700MHz Band4
900MHz Band5
800MHz Band6
900MHz Band8
1700MHz Band9
800MHz Band19
2G EDGE/GSM
(1900/1800/900/850)
指紋認証 あり なし
バッテリー容量 3450mAh
USB Type-C
3220mAh
microUSB
重量 178g 184g
サイズ 横77.8mm
縦159.3mm
厚さ7.3mm
横83mm
縦159.3mm
厚さ10mm
アルミニウム
グラファイト
フロスト
ゴールド
ブラック
ホワイト
SIMカード Nano SIM Nano SIM
税込み価格 74,800円
80,800円
92,800円
75,170円
85,540円

 
ディスプレイは小さくなりながらも解像度は落ちていません。3GBのメモリ以外は大体スペックアップしていますね。ゴールドモデルは日本限定だそうです。

対応電波周波数は日本に関係のあるものはBand41くらい。これはauがLTEで利用しています。基本的にはドコモのSIMでの利用がおすすめ。

カメラは画素数が下がっている代わりに画素ピッチが上がっています。しかしカメラのスペックとしてはどうなんでしょう。画素数は一定以上あった方がいいとして画素ピッチは画質を表すスペックとしては珍しいですね。

一番のポイントはやっぱりサイズです。特に厚さは10mmから7.3mmへ。それなのにバッテリー容量は増加しているのは嬉しいアップデート。

 

アメリカでは499ドルなのに…

前モデルのNexus6に比べて高いわけじゃないんです。むしろ安くなっています。普通に考えれば順当な価格かもしれません。

しかしこのNexus6P、アメリカでは32GBモデルが499ドルです。為替を計算しても6万円には届かないでしょう。それが日本では74,800円。フムー。

Nexus5Xもそうですがこれだけ価格が違うと製品としての立ち位置が変わってきます。単純に円安のせいだけではなさそうな気もしますがこういう事をされると割高感は否めないのでなんとかしてほしいですね。

Nexus6Pの発売日

10月下旬と案内されています。Nexus5Xと同じですね。すでに予約可能。キャリアの取り扱いはソフトバンクがNexus6Pを独占販売すると発表しました。ワイモバイルは扱いなし。

端末だけ欲しい人はエクスパンシスからどうぞ。64GBモデルしかありませんが、4.8%の輸入消費税を入れても6万円ちょい。当初より2万円値下がっています。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


スマホ・Android
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて