最新ブログ iPhone8/8 Plus予約開始!iPhone7/7 Plusと何が違うかスペック比較


Nexus5XとNexus5のスペック比較

スマホ・Android

Nexus5とNexus5Xのスペック比較

新型のNexus5Xと旧モデルのNexus5のスペックを比較。どれだけ変わったのか違いをどうぞ。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


Nexus5Xが発表

堅実な作りとコストパフォーマンスの良さで人気となったNexus5。その新型であるNexus5Xが発表されました。前モデルと同じくLG製です。Nexus6Pに関してはNexus6PとNexus6のスペック比較をどうぞ。

SIMフリーのAndroidの中ではGoogleが直接販売している事も信頼感が得られた要因でしょう。2年ぶりのモデルチェンジでどこが変わったのか比較をどうぞ。

 

Nexus5XとNexus5のスペック比較

左がNexus5X、右がNexus5

Nexus5XとNexus5のスペック比較
  Nexus5X Nexus5
初期OS Android6.0
(Marshmallow)
Android4.4
(Kitkat)
CPU Snapdragon 808
ヘキサコア
1.8GHz
Snapdragon 800
クアッドコア
2.26GHz
メモリ(RAM) 2GB 2GB
ディスプレイ 5.2インチ
1920×1080
5インチ
1920×1080
容量(ROM) 16GB
32GB
16GB
32GB
カメラ 1230万画素
4K動画撮影
120FPS スロー撮影
前面カメラ500万画素
800万画素
前面カメラ120万画素
通信方式 Wi-Fi
a/b/g/n/ac MIMO
Bluetooth 4.2
Wi-Fi
a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.1
対応電波周波数 4G LTE
2100MHz Band1
1900MHz Band2
1800MHz Band3
1700MHz Band4
900MHz Band5
2500MHz Band7
900MHz Band8
1700MHz Band9
700MHz Band17
800MHz Band18
800MHz Band19
800MHz Band20
800MHz Band26
700MHz Band28
2500MHz Band38
2300MHz Band40
2500MHz Band41
3G W-CDMA
2100MHz Band1
1900MHz Band2
1700MHz Band4
900MHz Band5
800MHz Band6
900MHz Band8
1700MHz Band9
800MHz Band19
2G EDGE/GSM
(1900/1800/900/850)
4G LTE
2100MHz Band1
1800MHz Band3
900MHz Band5
2500MHz Band7
900MHz Band8
800MHz Band20
3G W-CDMA
2100MHz Band1
1900MHz Band2
1700MHz Band4
900MHz Band5
800MHz Band6
900MHz Band8
2G EDGE/GSM
(1900/1800/900/850)
指紋認証 あり なし
バッテリー容量 2700mAh
USB Type-C
2300mAh
microUSB
重量 136g 130g
サイズ 横72.6mm
縦147mm
厚さ7.9mm
横69mm
縦138mm
厚さ8.6mm
カーボン
クオーツ
アイス
ブラック
ホワイト
ブライトレッド
SIMカード Nano SIM Micro SIM
税込み価格 59,300円
63,400円
39,800円
44,800円

 

最新のAndroid6.0 marshmallowが使え基本性能もバッチリ

最新のOSであるAndroid6.0のマシュマロちゃんが搭載されています。画面が5.2インチと大きくなりながらも重量がほとんど変わらず薄く仕上げているのは好印象。本体容量16GBか32GBで2種類のラインナップ。

CPUは4コアから6コアになりカメラなど基本性能が大きく進化。指紋認証も対応。キャリアネットワークの対応は海外向けの周波数がかなり増えました。

 

LTEの対応周波数も豊富。ドコモの格安SIMがおすすめ

日本で関係があるのはBand18(auのLTE)、Band28(ドコモ・au・ソフトバンクのLTE)、Band41(auのLTE)、3GのBand19(ドコモのFomaプラスエリア)くらい。基本的にはドコモ系列のSIMがおすすめ。

またSIMカードのサイズがNano SIMになっています。Micro SIMを使っている人はカットしなければ差し替えられないのでご注意を。前機種同様デュアルSIMでもありません。

細かいところでは充電はUSBのType-Cを採用。充電速度のアップが期待できます。その代わりワイヤレス充電のQi(チー)には非対応となった模様。なおSDカードは相変わらず入りません。本体容量は16GBで足りるか考えましょう。

 

選択肢としてはアリ、価格は結構高い

ネットワーク・操作性・機能の全てが進化しており端末としてはよくまとまっています。SIMフリーのAndroidを探している人はスペック的には問題無し。強いて言えばメモリを3GBにして欲しかったところ。

ただ円安の影響なのか価格は強気。39,800円だった前モデルから2万円の値上がりは割高感を感じる人も多いはず。せめて49,800円で出して欲しかった。10万円超えのiPhoneよりはだいぶ安いですけどね。

Nexus5での実績に信頼感があるなら選択肢に入れていいでしょう。Android6.0が入った最新スマホが欲しい方、前モデルを気に入った方にはおすすめ。

追記:今買うならETORENの在庫を見てみて下さい。エクスパンシスと同じような輸入サイトですがLG-H791がまだ3万円台で売っています。

 

Nexus5Xの発売日は?

現在は予約受付中、発送は10月下旬から。興味のある方は以下からどうぞ。なんとドコモとワイモバイルからも発売。本日から公式Webサイトで予約受付中です。

iPhone8やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


スマホ・Android
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて