最新ブログ フリーザー・ルギアなど伝説レイドボスの倒し方。弱点を突けるポケモンを回復させて戦おう


モバイル保険がスタート。スマホやノートPCなど月700円で1年間3台まで補償

スマホ・Android

モバイル保険が凄い!スマホやPCなど月700円で1年間3台まで修理可能

さくら少額保険が「モバイル保険」という破損・水没・自然故障・盗難などの補償サービスを開始。スマホやノートPC、ゲーム機などWi-Fiに繋がるモバイル通信端末はなんでもOK。月額700円で3台までが1年間補償されます。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


モバイル保険でスマホやノートPCの修理金額・購入代金を補償

スマホやPCはいわゆるメーカー保証やキャリアの保証しかなかったのですが、さくら少額保険が「モバイル保険」というサービスを5月13日(金)から開始します。

私はスマホの保証強化(Apple Careなど)に入るくらいならケースや保護シートで守るしそもそも落とさないように気をつけるよ派なのですが、これは結構リーズナブルなサービスかと思います。

持っている端末をオンラインアカウントに登録し故障した時に申請する仕組み。提携店舗ではその場の支払いなしで修理対応を見込むとの事です。保険に入れる機種はWi-Fiに接続するモバイル機器なら結構なんでも大丈夫そう

モバイル保険の対象機器

あなたのスマホをまもる新しい形の保険、それがモバイル保険です。
もしものとき、スマホ画面を割ってしまったときにも修理店へ足を運んできちんと直す、スマホを直して長く使ってもらいたい、修理費用を気にすることなく安心して使ってもらいたいという思いからモバイル保険は生まれました。
対応する提携修理店であれば、マイページから操作していただくだけで、お客様のご負担分なく(保険金額にて全額負担の場合)、面倒な書面での保険金請求手続きもなく、キャッシュレスにスピーディーにご利用いただけます。

 

登録対象機器は購入から1年未満の機器のみ

モバイル保険の端末登録は主端末1台・副端末2台の合計3台。ただし新規購入してから1年未満の機器しか登録できません。また副端末は最初の30日は補償されません。

期間は1年間の契約ですが、登録可能機種は日本国内で販売されたメーカー純正の製品(日本法人を設立している日本国外メーカーを含む)との事なのでマイナーなスマホだと蹴られるかも。

また免責事由に「日本国外で生じた損害」と書かれているので海外旅行時にスマホを壊しちゃったという場合は補償対象外です。これはクレジットカード付帯の保険の携行品損害補償でまかないましょう。

 

モバイル保険の月額料金・補償金額

モバイル保険の料金は月額700円で3台まで。1年間だと8,400円ですね。補償金額は主端末・副端末/修理可能・修理不可能を合わせて年間最大10万円までとなっています。主端末と副端末の違いは補償金額。

モバイル保険の修理費用保険金額
  修理可能な場合 修理不可能な場合
主端末 最大10万円 端末購入代金
(または25,000円)
どちらか低い方
副端末 最大3万円 端末購入代金
(または7,500円)
どちらか低い方

 
要は主端末は修理可能なら10万円、修理不可能なら25,000円が上限。副端末は修理可能なら3万円、修理不可能なら7,500円が上限として補償されます。そして年間トータルの補償金額も10万円。

主端末にiPhone6s Plusを登録して壊した場合、修理金額が4万円かかったとしたら全額戻ってくるわけですね。そして残りの補償金額は6万円。

ちなみに私が使っている格安スマホのMIYABIなら修理可能だった場合は副端末としての登録でも全額が戻ってきます。2万円で買えるスマホの修理代金が上限の3万円を超える事はないはずなので。

広告

 

モバイル保険の保証内容は水没も盗難もOK

補償内容は破損・水没のほか自然故障・盗難でも大丈夫。ただ上述した提携店舗での支払い不要修理は提携代理店を募集中との事なので本格稼働はまだ先でしょう。

金額も安いですし補償内容も悪くありません。破損や故障の修理だけでなく水没や盗難にも対応しているのがGood。これプロモーションがうまくいけば結構カジュアルなサービスになるんじゃないでしょうか。

スマホの画面が割れている人の多さを見るに採算が取れるのか気になります。格安スマホなら全損でも補償金額内で治る事も多いでしょうし、画面割れを繰り返すユーザには最適だと思います。

 

保険はギャンブル

掛け金を皆で出し合い一部に再分配される。親である保険会社はよほど利ざやが低い商品を大量に売ったり関連事業がへこまない限り儲け続けられます。

製品やサービスと違って支払いと対価の両方が「お金」となる構造はギャンブルと全く同じ。それに加えて細かい規約逃れで保険料が下りなかったなんて話もしばしば。

ギャンブルは良くも悪くも娯楽的な要素がありますし、消費活動には「購入金額以上の満足感を得られた」という体験的な付加価値があります。保険にはそれがありません。

保険に加入する事でQOL(クオリティ・オブ・ライフ 生活の質)が下がっている事だって多いはず。国民健康保険などを除いて私が入ってもいいと考える保険は3つだけです。

・車の自賠責・任意保険(説明不要)
・海外旅行保険(日本と違い海外は危険)
・専業主婦の家庭の夫への生命保険(稼ぎ手がいなくなった時に路頭に迷うのを防ぐ)

 
単なるお金の移動として損なのは当然なので保険の本分であるリスクヘッジの効果(致命的な経済難に遭う確率の高さ)が大きい上記の3つは入った方がいいと思いますが、日々の生活を苦しめてまで保険料を払うのはバカらしいというのが私の持論。

今は完全無料でファイナンシャルプランナーに相談できる時代。少なくとも生命保険については数年前の契約をダラダラ続けていると確実に損です。毎月の生命保険料をかなり払っていて日々のお小遣いにヒィヒィ言っている方は内容を見直してQOLを上げましょう。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


スマホ・Android
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて