最新ブログ プレミアムレイドパスがセール中。伝説ポケモンは日本時間で23日未明から


HUAWEI P9liteとFREETEL REIのスペック比較。性能よりもUIで決めるのが正解

スマホ・Android

HUAWEI P9liteとFREETEL REIのスペック比較。性能よりもUIで決めるのが正解

HUAWEIがSIMフリースマホの新機種「P9lite」を発売します。大人気だったP8liteの後継機種。FREETEL REIと真っ向からぶつかるスペックと価格、発表会では名指しで比較されたそうです。しかし決め手は性能ではなくUI。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


HUAWEIがP8liteの後継スマホP9liteを発表

ミドルレンジスペックのSIMフリースマホ「P8lite」を中心に日本での知名度を上げているHUAWEIが新しいSIMフリースマホ「P9lite」を発表しました。

P8liteはMVNOや家電量販店で取り扱われている事もありかなり売れたコストパフォーマンスの高い機種。3万円以下の価格帯では一定の存在感があるメーカー/スマホです。

今回のP9liteはその後継機種。日本では格安スマホと言えばFREETELとなりつつありますが、FREETEL REIに真っ向からぶつかる同スペック帯・同価格帯の製品です。スペック比較をどうぞ。

 

HUAWEI P9liteとFREETEL REIのスペック比較

HUAWEI P9liteと先日発売されたばかりのFREETEL REIのスペックを比較。

HUAWEI P9liteとFREETEL REIのスペック比較
  HUAWEI P9lite FREETEL REI(麗)
OS Android 6.0
(Marshmallow)
Android 6.0
(Marshmallow)
CPU Huawei Kirin650
オクタコア 2.0GHz
MediaTek MT6753
オクタコア 1.3GHz
メモリ(RAM) 2GB 2GB
ディスプレイ 5.2インチ
1920×1080
5.2インチ
1920×1080
容量(ROM) 16GB+Micro SD 32GB+Micro SD
カメラ 1300万画素
800万画素
(インカメラ)
1300万画素
800万画素
(インカメラ)
指紋センサー 搭載 搭載
無線通信 Wi-Fi b/g/n
Bluetooth 4.1
Wi-Fi a/b/g/n/ 5GHz
Bluetooth 4.0
対応電波周波数 4G LTE
2100MHz Band1
1800MHz Band3
850MHz Band5
2600MHz Band7
900MHz Band8
800MHz Band19
700MHz Band28
TD2300 Band40
3G W-CDMA
2100MHz Band1
850MHz Band5
800MHz Band6
900MHz Band8
800MHz Band19
2G EDGE/GSM
(1900/1800/900/850)
4G LTE
2100MHz Band1
1800MHz Band3
2600MHz Band7
900MHz Band8
800MHz Band19
3G W-CDMA
2100MHz Band1
800MHz Band6
900MHz Band8
800MHz Band19
2G EDGE/GSM
(1900/1800/900/850)
バッテリー容量 3000mAh
(交換不可)
2800mAh
(交換不可)
重量 147g 136g
サイズ 横72.6mm
縦146.8mm
厚さ7.5mm
横71.5mm
縦145.8mm
厚さ7.2mm
ゴールド
ホワイト
ブラック
メタルブラック
メタルシルバー
シャンパンゴールド
ピンクゴールド
スカイブルー
SIMカード デュアルSIM
Nano/Nano SIM
デュアルSIM
Micro/Nano SIM
端末価格(税込み) 32,378円 32,292円

 
FREETEL REIの優位性は32GBの本体容量。Micro SDカードでどうとでもなるAndroidではiPhoneほどROMの容量は重視しなくてもいいですが、32GBならSDカードなしで乗り切れるという方も多いはず。

また5GHzのWi-Fiに対応しているのもFREETEL REI。しかしここはむしろacのWi-Fiに対応して欲しい点なのでそこまで大きな違いではありません。詳しくは5GHz対応Wi-Fiルータがおすすめ。無線LANの通信速度アップにをどうぞ。

HUAWEI P9liteは何よりCPUがいいですね。3万円のスマホに搭載されるとは思えないKirin650。バッテリー容量もこちらの方が上です。

ただ優位性が大きいと思われるLTEの対応電波周波数に関してはBand28以外は日本では無関係なので無視してOKです。Band28も本格運用はされてない様子。

 

CPU性能がいいのはP9lite

スペックを総合して見るとわずかながらP9liteが勝っています。これで同価格というと軍配が上がるのはP9lite。しかし重要な点はそこではありません。このスペック上の差はスマホにおいて体感できるレベルの違いではないからです。

CPU性能もFREETEL REIクラスのスペックであれば一般的な利用は全く問題ありません。逆に目当てのゲームが3Dゴリゴリでとにかくハイスペックが欲しい、なんて場合はそれ相応のさらにハイスペックな機種がどちらにせよ必要でしょう。

決め手はカメラとUIの操作性

差がわずかとなれば決め手はスペック上でわからない部分。どちらも日本市場では新興メーカーと言えるのでサポートの質や企業名で判断は難しいでしょう。

そこで考えるべき決め手はカメラです。スマホのカメラは公式ページではやたら難しい新技術が推されている割に実際の写りは微妙、色やフォーカス速度もなんかおかしいという事もしばしば。ここは必ず実機でチェックしましょう。

そしてもう一つ、何よりも重要なのがUIです。FREETEL REIもHUAWEI P9liteも素のAndroidではなく独自のUIを採用しています。ユーザインターフェースはスマホの操作性に大きく関わる重要な部分。

特にFREETEL REIの方は物理ボタンを搭載している事もあり、二機種の操作性は全く別物と言っていいでしょう。実際に使い勝手を確かめずに購入すると思わぬ使いづらさで外れを引く可能性があります。

 

発売日は6月17日(金)。MVNO各社で予約受付中

発売日は6月17日(金)です。公式のファーウェイVモールで端末のみ購入可能、またMVNOではDMM mobile、NifMo、楽天モバイル、BIGLOBEで予約受付中。

BIGLOBEとDMM mobileは発売日付近になってから予約を受け付けるみたいです。ファーウェイVモールはすでに予約可能。端末価格は以下の通り。

DMM mobileの分割価格が異常に高いのは何かの間違いでしょうか。NifMoは5,100円引き、BIGLOBEは通信料が3ヶ月無料、楽天モバイルは3,000円引きなどキャンペーンもあるので公式サイトにアクセスをどうぞ。

HUAWEI P9liteの端末価格
  一括 分割
DMM mobile 32,378円 1,594円×24回
(38,256円)
NifMo 32,378円 1,204円×24回
(28,896円)
楽天モバイル 32,378円 1,349円×24回
(32,378円)
BIGLOBE 32,378円 1,339円×24回
(32,140円)

追記:イオンモバイルも取り扱いを開始しました

 
追記:アマゾンでも全色予約受付中ですがなぜか28,980円。ファーウェイVモールより安いので端末だけ欲しい方はこちらで予約をどうぞ

 
そうなるとSIMカードはDTI SIM一択です。今月末までの申し込みで6ヶ月無料

 

ZenFone3と共にまず候補に入れていいSIMフリースマホ

またZenFone3、Deluxe、Ultraのスペックの違い。日本での価格によるが大型スマホの本命で書いたように性能怪獣と呼ばれるASUSのZenFoneシリーズの新機種も近々お目見え。

日本での価格が発表されていませんがおそらく3万円半ばで出てくるでしょう。ZenFone3もまた候補に入れるべきSIMフリースマホです。

3万円ほどの予算でSIMフリーのスマホを購入予定の方はもう一ヶ月ほど待ち、店頭に出揃ってから実際に触ってUIを確かめましょう。新機種を買う場合は必ず実機の感触をチェックする事をおすすめします。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


スマホ・Android
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて