最新ブログ iPhone7を壊さないようPITAKAのアラミドファイバーケースを装着。薄くて軽くて角をしっかりガード


初めてのスマホの選び方。iPhoneとAndroid、おすすめはどっち?

初めてのスマホの選び方をまとめました。iPhoneとAndroidのどっちを選ぶのがいいのか。数あるAndroidの機種の中でおすすめはどれか。ポイントは本体サイズ。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


初めてのスマホの選び方

「iPhone」はMacなどを作っているAppleが出しているスマホ。「Android」はGoogleが基本設計して各メーカーに作らせているスマホ。日本のメーカーも製造しています。

Microsoftが作っている「WindowsPhone」なるものもありますが、価格的にも使い勝手的にもあまりおすすめはしません。iPhoneかAndroidのどちらかを選びましょう。

格安SIMや格安スマホに興味のある方は初めての格安スマホ・格安SIMの選び方。おすすめは3万円以下のSIMフリー機を見てみて下さい。

 

iPhoneを買うかAndroidを買うか

どちらがおすすめかは後述するとして、共通する選び方を書いておきます。

2016年現在、初めてスマホを買おうとしている方はデジタル機器が苦手な方または高齢者のはず。重要なのは画面の大きさ、つまり本体サイズです。

片手で操作したいなら4インチのiPhoneが限界(Androidはすでに4インチの製品は造られていません)ですし、両手で使ってもいいなら5インチ以上あったほうがかえって文字も見やすいかもしれません。

処理性能がちょっといいとか本体容量が大きいというのは違いが体感できなかったり後からなんとかなったりするもの。しかし本体サイズを変える事はできません。

これを「初心者だから一番安いやつでいいや」「よくわからないけど高いものを買っておけば間違いない」と思っていると、文字が見づらかったり使いこなせない大型スマホを持ちづらさ故に落として割る事になります。

 

iPhoneがおすすめなのは操作性を重視する人、家族がiPhoneユーザの人

iPhoneの特徴は何よりも指に吸い付くようなタッチパネルの操作感。ソフトとハードを一社で開発している強みで非常に安定感のある操作性を体感できるはず。

好みもありますがこの操作感はAndroidには真似できない独自のもの。触ってみて好みだったならiPhoneを選ぶ事をおすすめします。最新機種を買えば最低2年はその使いやすさは保たれます。

またiPhoneはユーザ数がとにかく多く、何か困った事があったら周囲の人間に聞いて解決できたりもします。Web上にも快適に使うためのヒントはたくさん転がっています。

iPhoneユーザ同士で無料のチャットができる「iMessage」やテレビ電話ができる「FaceTime」など、家族や友人と繋がれる機能が標準でついているのも嬉しいポイント。

4インチのiPhoneSE、最新モデルである4.7インチのiPhone7、5.5インチのiPhone7 Plusから選びましょう。

 

iPhoneはシンプル。本体に特殊な機能は一切なし

iPhoneはハード的な付加機能が一切ないです。ライフスタイルによってはiPhoneは最初から選択肢に入らないかもしれません。

具体的に言うと赤外線通信(最早不要ですが)、防水、おサイフケータイなど。日々の生活の上でこれらが必要ならAndroidを選ばざるを得ないでしょう。

追記:最新のiPhone7ではおサイフケータイ、日常生活防水に対応しました

初期設定は面倒なのでWebで手順書を見よう

最近のスマホはiPhoneでもAndroidでもガラケー時代のような分厚い説明書は入っていません。電源を入れたら画面の案内に従って設定をする形になります。

わからない事があればWebに転がっている手順書を見ながら設定しましょう。でじねこ.comでも初めてのiPhone。60過ぎの両親がスマホに機種変更した時にやった設定という記事を書いています。

 
追記1:
追記:11月下旬あたりからUQモバイルとワイモバイルでiPhone5sが100円で投げ売りされています。いつまでやっているかはわかりません。

UQモバイルはau回線、ワイモバイルはソフトバンク回線の格安SIM会社です。月額料金が安い代わりにスマホのラインナップが貧弱という欠点がありますが、初めてのスマホを探している方にiPhone5sはおすすめできます。

月額料金はどちらも月間6GBまで通信できて3,218円。この料金には、ワイモバイルなら10分以内の通話が月300回無料になる特典、UQモバイルなら2時間分の無料通話もついています。

1年後はキャンペーンが外れて月額が1,000円値上がりしますが、それでもドコモやauやソフトバンクでスマホを持つと8,000円くらいかかる事を考えるとかなり安く手に入ります。

在庫の関係かわかりませんが、ワイモバイルではiPhone5sの16GBも32GBも同じ100円となっています。16GBを買う理由はないので必ず32GBモデルを買いましょう。UQモバイルはどうやら16GBモデルしかない様子。

これは新規契約またはMNP(番号そのまま他社へ乗り換え)で適用されるキャンペーンなので、現在ドコモ・auを使っている人はワイモバイル、ドコモ・ソフトバンクを使っている人はUQモバイルへ乗り換えましょう。

auからUQモバイル、ソフトバンクからワイモバイルの乗り換えは系列会社なのでキャンペーンが適用されません。必ず上記のパターンか新規で契約して下さい。詳しくは公式サイトをどうぞ。ワイモバイルは「スマホプランM」、UQモバイルは「たっぷりプラン」を選びましょう。

追記2:
iPhoneSEの取り扱いが始まりました。超お得です。iPhone5sとの差額は2万円ほどありますがこっちなら長く使えますよ。詳しくはUQモバイルとワイモバイルがiPhoneSEを販売へ。格安SIMの月額料金は端末代込み3,218円からをどうぞ。

 

Androidがおすすめなのはメーカーを選びたい人、使いたい目的の機能がある人

Androidがおすすめなのはメーカーの機種を指名買いしたい人。ガラケー時代にはメーカーの指名買いをしていた人も多いはず。

あとはぶっちゃけて言えばAppleやiPhoneが嫌いな人ですね。好きなメーカーを選べる、嫌いなメーカーを選ばずに済むというのも立派な理由です。

AndroidはiPhoneに比べて自由度が高く、少し詳しくなればカスタマイズなんかも結構できます。iPhoneはシンプルなので壁紙を変えるくらいしかできません。

実行するには慣れが必要かもしれませんが「やろうと思えばできる事は多い」のがAndroidです。ハード的にも防水、おサイフケータイなど対応しているのはAndroidだけ。

 

Androidはソフトのアップデートが遅いのが難点

特に日本の3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)が販売しているAndroidはソフトウェアのアップデートが遅い、または実施されなかったりします。

買った機種が「他の機種だったら最新のアップデートに対応して追加機能が楽しめたのに」といった感じである意味ハズレ機種となる可能性があります。

Androidは必須の機能を挙げた後に本体サイズで選ぼう

色々なメーカーがたくさんの機種を出しているのでAndroidの機種選びには苦労している人も多いでしょう。選び方は自分が使いたい機能を列挙した後、手で持ってみてしっくりきたものを買う事です。もちろん値段との相談にもなりますが。

先ほども書いたように処理性能は最新機種であれば問題なし、本体容量は後からどうにでもなります(Nexus5XだけはSDカードが入らないので大きめを検討した方がいいです)。

LINEやメール、電話なんかはどんなスマホでもできます。防水機能だったりおサイフケータイだったりメーカー独自の機能だったり、必要なものをチョイスして残った機種を実際にチェックすればOK。

 

どちらにせよ慣れは必要

私はスペックや機能よりも操作性を重視しているせいもあり、初めてのスマホにはiPhoneをおすすめする事が多いです。

ただiPhoneにしろAndroidにしろ、今まで使っていたガラケーからスマホへ乗り換える時にはある程度の違和感を克服する必要があると覚えておいて下さい。

慣れるまでに少しは時間はかかると思います。そしてどうにかして慣れないと今後ガラケーが生産されなくなった時に戻れなくなってしまいます。

わからない事は調べる、慣れる努力は多少必要です。メールアドレスよりもLINEでのやり取りが主となったり、できる事が増えライフスタイルにも変化が訪れるかもしれません。それはなんとか受け入れましょう。

 

まとめ

スマホやSIMカードを販売して生活している私が断言します。性能だけを考えて高いスマホを買っても、持ちづらく操作性に難があるならそれはあなたに合ったスマホではありません。

家族や友達がiPhoneを使っているなら手の大きさに合わせてiPhone6s・iPhoneSEを選ぶのがおすすめ

Androidならまずやりたい事を挙げた後に本体サイズで選べばOK

何より重要なのは本体サイズ。欲しい機種が展示されてなければ必ず同じサイズのスマホを持ってみて試す事

男性も女性も必ず一度は店頭で触ってみて下さい。「片手で操作できる4インチのiPhoneがいいな」「4インチでも片手はムリだったからいっそ5.5インチの大画面で見やすいAndroidがいいな」など人によって最適なサイズは違います。

買う機種が決まったら注文はオンラインでどうぞ。ドコモは機種変更の手数料が無料ですし、ネットならリアル店舗の長蛇の列に並ばずに済みます。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


iPhone, スマホ・Android
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて