最新ブログ Amazonプライムセール2017に繋がらない、アクセスできない人は商品やカテゴリページから試そう


freetelのSIMフリー格安スマホ 雅(MIYABI)のスペックと価格、FREETEL SIMの料金プラン

スマホ・Android

FREETEL SAMURAI MIYABI KIWAMI

freetelのAndroidの格安スマホ「SAMURAI」シリーズの雅(MIYABI) 極(KIWAMI)のスペックと価格まとめ。FREETEL SIMの料金プランも。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


freetelの格安スマホ「SAMURAI」シリーズ 雅(MIYABI) 極(KIWAMI)

格安スマホを色々出しているfreetelが新しい機種を発表しました。「SAMURAI」というシリーズで二機種、雅(MIYABI) 極(KIWAMI)というAndroidです。

同時にWindows10スマホも発表されていますがこちらはOS自体まだ流通していないので解説は難しいです。興味のある方は記事内リンクからfreetelの公式ページへどうぞ。

 

雅(MIYABI)のスペック・価格

FREETEL SAMURAI MIYABIのスペック

  freetel 雅(MIYABI)
OS Android 5.1
(Lollipop)
CPU MT6735 クアッドコア
1.3GHz
メモリ(RAM) 2GB
ディスプレイ 5.0インチ
1280×720
容量(ROM) 32GB
カメラ 1300万画素
500万画素
(インカメラ)
センサー GPS
加速度センサー
近接センサー
光センサー
e-compass
無線通信 Wi-Fi b/g/n
Bluetooth 4.0
対応電波周波数 4G LTE
2100MHz Band1
1800MHz Band3
900MHz Band8
800MHz Band19
3G W-CDMA
2100MHz Band1
800MHz Band6
900MHz Band8
800MHz Band19
2G EDGE/GSM
(1900/1800/900/850)
デュアルSIM 両スロットLTE対応
(使用中でないスロットは2G扱い)
バッテリー容量 2200mAh
取り外し可能
サイズ 横72mm
縦142mm
厚さ8.2mm
重量 150g
ブラック
ホワイト
シャンパンゴールド
価格(税込み) 21,384円

 
※9月14日追記:デュアルSIMは両スロットLTE対応です。検討している方はFREETEL MIYABI(雅)のデュアルSIMは両スロットLTE対応!格安SIMと相性良しの記事も見ておいた方がいいです

端末は必要十分。LTEが使えてこの値段なら合格点でしょう。ROMが32GBあるのも優秀です。今のスマホにしてはバッテリー容量が心配ですがそのあたりは割り切りで。

電波周波数的にはドコモ系のSIMであれば大丈夫。LTEはほとんど対応しているので問題なく使えるでしょう。格安SIMでもOK。

LTEの周波数的に日本に特化した感じなので海外での利用は苦しそうなのが唯一気になります。海外での利用を考えている人は対応周波数が格段に多いiPhoneかZenfone2がおすすめ。逆に言えば国内の利用であれば最高クラスのコストパフォーマンスを誇る一台でしょう。

雅(MIYABI)の発売日

2015年夏との事です。決まったら追記します。

 

極(KIWAMI)のスペック・価格

FREETEL SAMURAI KIWAMIのスペック

すみませんこっちはまだ詳細が発表されていませんでした。発表されたら表にまとめます。とりあえず6インチのAndroidです。

曰く「世界最高水準のフラッグシップモデルを圧倒的なコストパフォーマンスで」だそうです。

 

極(KIWAMI)の発売日

2015年秋。KIWAMIはもう少しお待ちを。二重の極み。

広告

 

FREETEL SIMの料金プラン

今まで知らなかったのですがfreetelもMVNOとして格安SIMを出していたんですね。サービス名は「FREETEL SIM」。以下は税込みに直した月額料金

FREETEL SIM データプランと通話プラン
  データSIM 通話つきSIM
100MB 323円 1,078円
1GB 538円 1,294円
3GB 972円 1,728円
5GB 1,641円 2,397円
8GB 2,311円 3,067円
10GB 2,667円 3,423円

 
プランはデータ専用と通話付きの二つ。容量はプランになっておらず申し込んで使った分だけが段階的に費用としてかかる仕組みです。データSIMにSMS機能をつける場合はプラス152円。つけたほうがいいです。

・データ通信は業界初299円から、音声付きでも999円からとご利用し易く
・利用したデータ量に応じて、後から最適プランでご請求する「使った分だけ安心プラン」(払い過ぎになりません)
・ご自身でも利用データ量を見て低速に切り替えられるストッパー機能付き
・最高通信品質(帯域に利用者を過剰に詰め込みません。重要なアプリは優先してつなぎます)
・業界唯一の、最低利用期間、契約解除料の縛りなし(短期MNP転出のみ、一部悪質な方対策として手数料設定あり)

FREETEL

 
料金形態はわかりやすくほとんど使わない人にとっては最安で仕上げる事もできそう。格安SIMユーザのほとんどは月間1GB未満だそうですし。

使わない月は自動的に最安の323円になるのがいいですね。海外旅行や留学の際も月額300円ならわざわざ回線を止める必要がありません。今まで最安をうたっていたDMM mobileは追随するのでしょうか。

格安SIMは通信品質が命なので実際使ったユーザの報告しだいではありますが前情報としては注目に値する内容。ただしMNP(他社へ番号そのまま乗り換え)手数料には注意が必要です。

ワイヤレスゲートの音声通話SIMは違約金は無料でもMNP手数料が高額で似たような事を書いていますが、最低利用期間や縛りがない代わりにMNP手数料が高額なタイプです。即MNPで16,200円、そこから13ヶ月目まで毎月1,080円引きとなり以降は2,160円の手数料。

一ヶ月毎に手数料は下がっていくのでワイヤレスゲートの悪質さには敵いませんが、縛りなしと言っておきながら隠れて転出手数料を盛るというのはちょっと男らしくないですね。

FREETEL SIMの発売日

7月15日(水)からとの事。要チェック。

追記:FREETEL SIMも契約しました→FREETEL SIMの初期設定。店頭で買った場合はAPN設定の前にユーザ登録を

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


スマホ・Android
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて