最新ブログ iOS10.3アップデート前は必ずバックアップを。不具合があるとiPhone文鎮化やデータ消失の恐れ


WHOがタバコの出てくる映画を成人向けにするよう勧告。表現の規制とゾーニング

WHOがタバコの出てくる映画を成人向けにするよう勧告。表現の自由とゾーニング

WHO(世界保健機関)がタバコの悪影響を鑑みて喫煙シーンの出てくる映画を成人向けにするよう勧告したそうです。表現の規制とゾーニングについて思った事を書いてみました。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


WHOがタバコの出てくる映画を成人指定するよう勧告

マンガ・アニメ・ゲームなどの演出によく使われる喫煙シーン。時代背景やキャラクターを描くのにごく一般的な表現と言えます。

特に問題とは思えませんが、このたびWHOが世界に対して喫煙シーンがある映画は成人指定にするよう通達したそうです。

WHO=世界保健機関は、タバコを吸うシーンがある映画などについて「世界の若者たちを喫煙に誘導している」として、各国に対して成人向けに指定するよう勧告しました。

アメリカでは2014年のハリウッド映画のうち喫煙シーンがある作品が40%余りに上ったほか、喫煙を始めた未成年のうち37%が映画などをきっかけにタバコを吸い始めたという調査結果もあるということです。

喫煙場面ある映画は成人指定を WHOが勧告

 

手法としては「ゾーニング」でも…

こうしたルール作りには単純な「規制」と住み分けを意味する「ゾーニング」があります。規制というのは文字通りやっちゃダメという意味。自らに課す事を「自主規制」と呼んだりもしますね。

対してゾーニングとは「一定の条件を満たした人はOK、満たしてない人はダメ」というもの。基本的には年齢で分けられます。エロ本が18禁とかタバコと酒が20歳未満禁止とかですね。

今回のWHOの勧告はゾーニングに当たるものですが、報道には「2014年のハリウッド映画のうち喫煙シーンのある作品が40%以上」とあります。

アニメ・実写を問わず喫煙シーンを含む作品は日本でも数多く見られます(アメリカではワンピースは規制によりサンジのタバコがペロペロキャンディーに差し替えられています)。実現すればかなりの数の映画が未成年禁止となるでしょう。

 

対応はわかるが実質的な規制には反対

喫煙を始めた未成年の37%が映画等をきっかけにしている=対応が必要というのはわかりますが、それが一律で成人指定というのはざっくりしすぎています。

いくらゾーニングとは言え影響範囲を考えると興行収入に大きく関わってくるでしょう。すると予算がないから新作が作れない、ヒットさせるためには作品の表現を抑えてでも規制を回避しなくてはならない。

もちろんこれは叩き台の案でWHO自身もそこまで強く言っているわけではないと思いますが、もし実現してしまったら実質的な表現規制も同然ですよね。

 

表現の自由は多少の社会的悪影響を考慮しても守られるべき

タバコや酒はそもそもそういう商品ですし世界的なコンセンサスもあります。年齢による規制は仕方ない事。でもそれを表現の自由を侵害するレベルの話にするのはちょっといただけません。

以下は「大東京トイボックス」1巻から引用

大東京トイボックスの表現の規制について01

大東京トイボックスの表現の規制について02

 
創作表現というのは何にでもこうした一面があるはず。むしろ表現の自由と作品の魅力は多少の社会的悪影響を受け入れてでも守られるべきと考えています。

何が何でも規制されたら創作活動なんてできません。同じ趣旨で今度は小説、今度は飲酒シーン、と広まってしまう可能性もあります。

悪影響だけを和らげる方向で対応できるなら大きな意義があると思いますが、作品の本質に当たる魅力までスポイルするようなやり方は賛成出来ません。

 

QOLは何も体の健康だけの話ではない

世界保健機関というWHOの立場からすると健康維持に関わる提言は仕方ない事かもしれません。

しかしQOL(生活の質)を上げるのは何も体の健康だけの話ではありません。マンガを読んで笑った、映画を見て泣いた、絵画をみて感動した。そんな心の健康だって人生を彩る大きな要素のはず。

そうしたものが規制によってつまらなくなっていくなら私は反対ですね。小さい頃からマンガを読んで育ってきた私としては表現者が萎縮してしまうような規制は許したくありません。

創作物には心への好影響だけでなく悪影響も確かにある。それは仕方のない事。それが「仕方ない」で済まないレベルになれば規制もやむなしですが、私はタバコがそうなっているとは思えません。

広告

 

表現の自由やゾーニングについて思う事まとめ

概要としてはゾーニングでも規模を考えると本質的な表現規制になりかねない

表現の自由は多少の社会的悪影響を考慮しても守られるべき。それは作品の魅力とトレードオフ

規制に走った窮屈な社会は楽しいとは思えない。QOLは健康に限った話ではない

もし映画や他の創作活動に口を出すなら、100歩譲っても「この作品には喫煙シーンが含まれています。20歳以下の喫煙は法律で禁じられています」というメッセージを出すだけでいいんじゃないですかね。

WHOの勧告がどれだけ実効力を持っているのかわかりませんが、これで世界の映画表現が縮こまらない事を祈ります。

大東京トイボックスはゲーム会社を舞台にしたマンガですが、業界全体の表現規制がテーマとなっています。控えめに言って名作なので未読の方は前段に当たる東京トイボックスから読んでみてください。

アマゾンにクーポンがある事は意外とみんな知らない

Amazonクーポン 食料品も日用品も安い!

楽天だって毎日タイムセールをやっていますよ

楽天タイムセール 毎日19:00から。昼にチェックしておこう!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


マンガ・アニメ・ゲーム, 生活・健康・持論
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて