最新ブログ iOS10.3.2のアップデートは多数のセキュリティ脆弱性を修正。不具合は今の所なさそう


LINEが夏にも「LINEモバイル」として格安SIMを販売へ

LINE, 格安SIM・MVNO

LINE

LINEが「LINEモバイル」というMVNO事業は始める予定だとか。格安SIMの提供のみなのか他社端末・独自スマホをセットにするかはわかりませんが、LINE・Facebook・Twitterの通信量はカウントなし。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


LINEモバイルとして格安SIMを提供へ

スマホでのインターネットは通信量が気になりますね。ドコモ・au・ソフトバンクでは「月間○GB」という形で高速通信できる容量別に料金プランがありますし、それはMVNO(格安SIM会社)も同じ。

FREETELはiPhone向けにApp Storeのアプリダウンロードの通信量をカウントしないSIM、LINEの通信分はカウントしないSIMを提供していますが、そのLINEが「LINEモバイル」として格安SIMサービスを始めるとの事。

LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛)は、本日開催された「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」において、新たにMVNO(仮想移動体通信事業者)事業に参入、「LINEモバイル」として今夏を目処にサービスを開始することを発表いたしましたので、お知らせいたします。

【LINE】今夏を目処にMVNO事業「LINEモバイル」を開始することを発表

 

LINEモバイルのSIMならLINEの年齢認証ができる?

現在は格安SIMを使った場合、LINEのID検索など年齢確認が必要な一部の機能が使えなかったりします。PCで認証するとか抜け道はあるのですが、スマホ単体だとちょっと難しい状態。

 
年齢認証は通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の契約情報を参照する形になっているので格安SIMだと年齢確認ができずに弾かれてしまうわけです。

LINEの公式リリースでは言及されていませんでしたが、「MVNOで年齢認証できなかった問題」という表現だとここが緩和されそうですね。

広告

 

LINEの通話も無料。カウントなし

なんだかんだあまりSNSに積極的でない私でもROM目的でアプリを立ち上げる事は多いです。Twitter・Facebook・LINEが無料となれば「月1GBの最安プランで十分」となるユーザはたくさんいそう。

特にヘビーに使っている方は劇的な節約になるかもしれません。LINEモバイルがリリースされる前に各SNSアプリの通信量をチェックしてみるといいかもしれません。

LINEの通話は元々無料とはいえ結構な通信量のはず。これがカウントなしならインパクトは大きいですね。LINEでしか通話しない、というユーザはデータ通信SIMだけでも運用できるかも。

 

LINEモバイルの料金は一ヶ月540円から

回線は他のMVNOと同じくドコモ系、月額料金は540円から。1GBプランなのか別の料金形態なのかはわかりませんが、LINEの通信量カウントフリーは全料金プランで適用との事。

「LINEモバイル」は、株式会社NTTドコモの通信回線を利用することによる“安定の品質”および、ユーザーの利用状況に応じて利用料金が選択可能な “最適価格”を実現してまいります。利用料金は、1ヶ月最低500円(税別)からを予定しているほか、「LINE」使い放題は、全料金プランで適用予定となります。

 
また音楽配信(LINE Music)の通信量カウントフリーのプランも考えているそうです。スタートは夏からとの事ですが、これは一気に注目のMVNOになりそうですね。

SNSでの通信がほとんどという若者、LINEの年齢認証がネックになっていた中高年。多くのユーザ層に興味を持たれるのではないでしょうか。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


LINE, 格安SIM・MVNO
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて