最新ブログ iPhone8/8 Plus予約開始!iPhone7/7 Plusと何が違うかスペック比較


フリーザー・ルギアなど伝説レイドボスの倒し方。弱点を突けるポケモンを回復させて戦おう

ポケモンGO

伝説ポケモンのフリーザー・ルギアが実装されたポケモンGO。レイドバトルで勝てない方は戦い方を変えてみましょう。まずはカビゴンやハピナスを引っ込めて弱点を突けるポケモンを揃える事です。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


フリーザー・ルギアなど伝説レイドボスの倒し方

一周年記念イベントで盛り上がっているポケモンGO。伝説ポケモン、ルギアとフリーザーがレイドバトルで出現!ファイヤーやサンダーは後日に書いた通り、ボーナスや伝説レイドボスで街中はプレーヤーだらけ。

ついさっき地元にフリーザーが出たのでサクっと倒してきました。ちなみに捕獲率が低いらしく当然のように逃げられました。体感ではバンギラスよりも低いと思います。金のズリのみ、グレートスローでも20%はいかないんじゃないでしょうか。原作準拠でマスターボールが欲しい。

公式動画に出てきたインビテーション・レイドパスのように特殊なアイテムは必要なく、普通のジムに登場し普通のレイドパスを使って戦えます。ちなみに伝説レイドバトルの制限時間は通常の180秒ではなく300秒。

フリーザーやルギアを見つけたけど人数がいなくて歯が立たない、10人いたけど勝てなかった、という人向けに戦い方のコツをお教えします。用意するものは「げんきのかたまり」を最低6個。

 

人数集め。伝説レイドならレベル35以上が6人は欲しい

伝説レイドに限らず通常のレイドバトルでもそうですが、まずは人数がいないと話になりません。星3のレイドバトルをソロでクリアできるのはかなりの上級者。星3なら最低2人、星4ならレベル30以上で最低4人は欲しいところです。

レイドパスを使ってジムに入ると120秒の待機時間中に戦うポケモンを選択できますが、この画面にいる間に仲間の募集が行われています。あるいはジムに入ったら待機時間が120秒もなく、誰かのパーティに割り込む事もあるでしょう。

その人数に納得できなかったら左上の「逃げる」ボタンで退出して下さい。レイドパスはすでに使っているので戻ってきませんが、そのレイドパスが消えるまで(つまりそのボスが消えるまで)は何度でも入退室・再チャレンジが可能です

フリーザー・ルギアなど伝説レイドボスの倒し方。弱点を突けるポケモンを回復させて戦おう02

 
もちろん持っているポケモンによりますが、フリーザーやルギアクラスを相手にするならレベル35以上を6人は含んでいないと厳しいでしょう。低レベルでも20人いれば十分なんとかなります。その場合は「げんきのかたまり」ももっと大量に用意しておきましょう。

もし自分のポケモンがあまり強くないなら、レイドバトルには早めに行って時間をたっぷり使い人数が集まるのを待ちましょう。ギリギリに駆け込むと人数が集まらずに詰む可能性が高くなります。

 

カビゴンやハピナスは攻めるポケモンではない

全てのレイドバトルに通じるポケモンの選び方ですが、まずノーマルタイプのカビゴンやハピナスは弱点が突けないので最弱です。それどころかムダに耐久力が高くいつまでも居座るのでダメージ効率的に邪魔なだけです。いくらCPが高くても出してはいけません。

レイドバトルは仕様として制限時間があり、敵のHPが高く、途中でこちらを回復させる事が可能なジムバトルです。

用意するポケモンで重視すべきは防御力・耐久力・HPではなく攻撃力と相手の弱点を突ける技を持っているかどうかです。HPはもちろんこちらの弱点タイプですらまずは考えなくていいです。

カビゴンやハピナスを並べて倒せなかった時は「こちらのポケモンは余っているのに時間切れ」というパターンのはずです。つまりそれは耐久力のムダ使い。もっと攻撃力のあるポケモンを出しましょう。

多分フリーザー相手の場合、MAX強化のウィンディ(ほのおのキバ・だいもんじ)を6体またはMAX強化のゴローニャ(いわおとし、ストーンエッジ)を6体持っているトレーナーが2人~3人いれば300秒をフルに使って攻撃しまくって間に合うと思います。

現実にはそんな上級者を見かける事はないので伝説レイドならできれば高レベルのトレーナーを6人くらい待ちましょう。

 

フリーザー・ルギアの弱点を突けるポケモンをチョイスする

フリーザーはタイプのじゃんけん要素を含め伝説ポケモンの中では最強です。最弱はファイヤー。水タイプはギャラドスやシャワーズなど高CPのポケモンが簡単に作れるのでほのおタイプが属性を含めると最弱です。

今回の伝説レイドではフリーザーがこおり・ひこう、ルギアがエスパー・ひこう。それぞれの弱点と耐性、攻撃のタイプは以下の通り。

ルギア・フリーザーの弱点と耐性
  フリーザー ルギア
弱点 いわ(2倍)
はがね(1.4倍)
ほのお(1.4倍)
でんき(1.4倍)
いわ(1.4倍)
でんき(1.4倍)
こおり(1.4倍)
ゴースト(1.4倍)
あく(1.4倍)
耐性 じめん(0.5倍)
むし(0.7倍)
くさ(0.7倍)
かくとう(0.5倍)
じめん(0.5倍)
くさ(0.7倍)
エスパー(0.7倍)
攻撃タイプ こおり(じめん・ひこう・くさ・ドラゴン1.4倍) エスパー(かくとう・どく1.4倍)
ひこう(かくとう・むし・くさ1.4倍)

 
基本的には見た目のCPよりもいかに弱点を突けるかを重視してポケモンを選びましょう。自動で選択されるポケモンはアルゴリズムがガバガバですし、耐性も考慮されているのでベストメンバーではありません。

げんきのかたまりで復活させる時間はロスと言えばロスなのでこちらのポケモンの耐久力も高いに越した事はありませんが、それを気にしてカビゴンやハピナスを出しても無意味です。割り切って攻撃力重視でポケモンを選びましょう

フリーザー・ルギアなど伝説レイドボスの倒し方。弱点を突けるポケモンを回復させて戦おう03

 

フリーザー対策におすすめのポケモン

一位はバンギラス。こちらに弱点がなくフリーザーの弱点を突けるタイプ。ストーンエッジがあればダブル弱点で約2倍のダメージをタイプ一致で打てます。

二位はウィンディ・リザードン・ブースター・バクフーンの炎チーム。ただウィンディは意外とわざがほのおタイプに揃わないので育てにくく、リザードンはひこうタイプでありせっかく軽減できるこおり技を等倍で受けてしまうのでバクフーン・ブースターよりも落ちます。オーバーヒート持ちのブースターとバクフーンは強い。

三位はいわおとしとストーンエッジを持っているゴローニャ。技がいわくだきとストーンエッジならサイドンもありですが、どろかけのサイドンはゲージが溜まる前にやられると出した意味が全くなくなります。どろかけはじめんタイプで相性最悪なのでそれならサンダースがいいでしょう。

避けない場合はれいとうビームでも6割が溶けたのでふぶきなら10割かもしれません。こいつらは本当に回復前提です。バンギラスがいないなら基本は炎チームを作りましょう。ブースターとウィンディはレイドボスなので作りやすいですし。

ルギア対策におすすめのポケモン

ルギアがハイドロポンプ持ちじゃなければおすすめはバンギラス。全ステータスが高くあくタイプでエスパータイプのわざを軽減、いわタイプでひこうタイプのわざを軽減。それでいてあく・いわどちらのタイプでもこうかばつぐん。

二位はラプラスとサンダース。ラプラスはれいとうビームかふぶきでひこうタイプの弱点が突けHPも高いです。サンダースはどのわざでもこうかばつぐん。

三位は微妙ですがゲンガー、ゴローニャ、あく技で統一させたヘルガー。ゲンガーは攻撃力的にはおすすめできますがHPがいくらなんでも低いので弱点のエスパーわざを食らうと一瞬で溶ける可能性アリ。

ゴローニャは二つのわざがどちらもいわタイプなら100%こうかばつぐんでひこうわざも軽減ですが、ハイドロポンプを食らうと溶けます。これはヘルガーも同じで、あくタイプでエスパー技を軽減でき同時に弱点も突けますが炎タイプなのが残念。一瞬でやられるのはさすがに厳しいかも。

個人的にはブラッキーを推したいのですが、最大CPがフル強化しても2000に届かない防御型なので微妙かもしれません。

伝説レイドで最強の攻めポケモンはバンギラス

初代の伝説ポケモンとルギアはひこうタイプ持ちなので揃っていわタイプが弱点です。タイプ一致でストーンエッジを撃てるバンギラスはCPも高く最強。

さらに「じめんタイプでない」のもバンギラスの長所。大抵のいわポケモンはじめんタイプを併せ持っており、それこそフリーザーのれいとうビームを食らうとこおり弱点で8割溶けたりします。じめんタイプはメジャータイプである水にも草にも弱いのがイケてません。

バンギラスならあくタイプでルギアに1.4倍ダメージ、ストーンエッジがあればひこうタイプの伝説ポケモンに1.4倍ダメージ、それでいて伝説ポケモンに弱点を突かれる可能性は水タイプの攻撃のみです。

伝説レイドボスは攻撃力が非常に高く、スペシャルアタックを食らうと一瞬で溶けるのはどのポケモンでもある程度仕方ない事と言えます。対ルギアの場合、バンギラスは一体目で出した方がいいです。

ハイドロポンプ持ちでなかった場合は良し、ハイドロポンプで溶けたとしても敵のゲージが溜まるまでにガツガツと噛みつくを繰り返せば悪くないです。噛みつくは攻撃動作が素早いので避けやすいですし。ただ途中交代で出したタイミングで食らって一瞬退場は良くないでしょう。

またゴローニャはタイプ的・技的にフリーザーとルギアには弱点を突かれますがこちらも弱点を突けますし、サンダーとファイヤーが実装された時に間違いなく活躍するので育てておいた方がいいですよ。

広告

 

わざ1の回避は考えずにとにかく連打、ゲージが溜まったらスペシャルアタック

通常のジムバトルと違ってレイドバトルは敵の通常攻撃(わざ1)を狙って避けるのはほぼ不可能です。人数が増えてスマホの動作が重い、通信環境によってはモタつく、そもそも敵の攻撃サインが出ない、と回避失敗する事の方が圧倒的に多いです。

つまりわざ1は完全無視。ハイドロポンプやれいとうビームなど強力なスペシャルアタック(わざ2)は避けるべきですが、タイミングが合わないなら食らうのもやむなしです。こちらのわざゲージも溜まりますし。

わざ2を避けるためにはこちらのポケモンのわざ1が素早い攻撃である必要があります。ゴローニャのいわおとしやバンギラスの噛みつくは割とサクサク出せて回避行動も取りやすいですね。

チョイスしたポケモンは基本的にスペシャルアタックにタイプ一致の弱点属性技を持っているはずです。ゲージが溜まったらすぐに発動させましょう。

わざ2、スペシャルアタックの避け方

レイドボス戦はジムバトルと全く違う仕様・展開です。レイドボス戦にはレイドボス戦特有のセオリーがあります。スペシャルアタックの避け方について。

まずは敵ポケモンの通常攻撃のアクションを覚えましょう。これは前述の通り避ける必要は一切ありません。そんな時間があるなら攻撃しまくらないと時間切れになってしまうからです。

わざ1を食いながら攻撃しつつ通常攻撃と違うアクションが見えた、アクションが見えなくとも通常攻撃の間隔が明らかに遅くなったらそのタイミングで3回連続で回避行動を取りましょう。

いつものジムバトルのように白い放射状の目印は出てきません。レイドバトルは大人数で攻撃するため敵ポケモンのゲージの増加スピードが早く、発動タイミングを読む事はできません。2ゲージわざなら3連続に近い間隔で撃ってくる事もあります。

一発避けは狙えないのでサカサカと3回ほど動いて運任せの方がいいです。慣れてきてタイミングが計れたなら2回に減らしてもOK。れいとうビームやふぶきならこれで回避できます。こちらのポケモンのわざ1は素早い技がいいですね。

ルギアが使ってくるハイドロポンプは出がかなり早く、レイドバトルはメッセージが出るのがかなり遅れるので文字を読んでからだと100%間に合いません。

ハイドロポンプについては一撃死濃厚なポケモンを使っているならできれば避けたいところ。相手ゲージの溜まり速度はこちらの与えるダメージにも寄るので、通常攻撃を3回~4回確認したら全力で避け行動を取るというように決め打ちしかなさそうです。

一撃死が濃厚なのに出しているポケモンはその分攻撃力があるはず。できる限り長く居座らせてわざ2の回避以外は攻撃に専念しましょう。

 

途中で抜けてもまた参戦できる。げんきのかたまりで全快させよう

回避をせずにレイドボスの攻撃を受けているとすぐに6体がバタバタ倒れてしまいます。しかしこれでゲームオーバー、とはなりません。げんきのかけらやげんきのかたまりで回復させればまた参戦可能。

画面のメニューからして7体目に当たる新ポケモンも出せるはずですが、基本的には最強メンバーを復活させた方が効率がいいはずです。ちなみにほかのプレイヤーはこの間も攻撃してくれています。

げんきのかけらでは回復に時間がかかるので必ずげんきのかたまりを用意しておきましょう。伝説レイドは300秒の長丁場ですし相手の攻撃力も高いのでこうして戦います。

先ほどフリーザーを10人で倒した時は時間が85秒余ったので楽勝でした。全員がポケモンのチョイスと戦法を間違えなければ6人でいけそうです

フリーザー・ルギアなど伝説レイドボスの倒し方。弱点を突けるポケモンを回復させて戦おう04

 
上の画像ではハピナスやギャラドスが見えていますがこれは使ってはいけないポケモンの例です。ハピナスはいわずもがな、ギャラドスも弱点を突けるわけでもないのにこおりが等倍なので適していません。またカイリューはひこうとドラゴンでこおりがダブル弱点なので一瞬で溶けます。

ちなみに6体やられるのを待たずに途中退出→回復させて再度参戦もアリです。私もほのおタイプといわタイプとでんきタイプはそんなに持っていないので。

バトル中に右下の逃走ボタンをタップ(下のポケモン入れ替えボタンじゃないです)。すると「本当に降参しますか?」と聞かれるのでOKしましょう

フリーザー・ルギアなど伝説レイドボスの倒し方。弱点を突けるポケモンを回復させて戦おう10

 
バトルカウントはまだ続いているはずです。道具箱のボタンをタップして倒れたポケモンを回復させましょう

フリーザー・ルギアなど伝説レイドボスの倒し方。弱点を突けるポケモンを回復させて戦おう07

 
カウントはそのまま続いているので「もう一度参加する」をタップすればさっきのレイドバトルの途中から入れます。ただそこそこ時間がかかるので、できれば6体揃えたいところ

フリーザー・ルギアなど伝説レイドボスの倒し方。弱点を突けるポケモンを回復させて戦おう08

 
まとめるととにかく弱点を突ける高いCPのポケモンをチョイスし、わざ1は無視してひたすら攻撃し、倒されたらげんきのかたまりで全快を繰り返すのがレイドバトルに勝つコツです。

広告

 

伝説ポケモンはすぐ逃げる。捕まえるには無駄投げを無くそう

最初に言ったとおりフリーザーには逃げられました。9個のボールのうち1発をミス、残り8個を当てたのですが捕獲できず。

フリーザーは捕獲画面では上に移動するタイプです。ピジョンとかオニドリルとかと同じタイプですね。ただ移動頻度は結構高く、上に登ったと思ったらすぐに降りたりもしました

フリーザー・ルギアなど伝説レイドボスの倒し方。弱点を突けるポケモンを回復させて戦おう05

 
コツは「シャーッ!」となった直後にワンテンポ置いて投げる事です。シャーッていうのはアレです。たまにこちらに向かって攻撃してくるようなアクションを取るじゃないですか。その間にボールが当たっても跳ね返されるやつです。

ジャンプとか上下移動は繰り返したりしますし直後にシャーッとやってくる事もありますが、シャーッの直後は多少固まります。シャーッの時間が2秒程度だとしたら、1.5秒時点くらいで投げれば100%当たります。

これを毎回やって無駄弾を無くしましょう。できればカーブボールを投げてGreatを狙いたいところですね。フリーザーにはカーブボールが届きました。金のズリのみはもちろん毎回利用で。

追記:もう一匹出てきたので倒したら捕まりました。11人でプレイして150秒残しなので余裕。しかし黄色チームは圧倒的に不利です。人数が少ないのでバトルで活躍できず、ボールの数は大抵たった5個…

フリーザー・ルギアなど伝説レイドボスの倒し方。弱点を突けるポケモンを回復させて戦おう09

 
アメ送りにする場合、伝説のポケモンだと「本当にいいの?」ともう一回聞かれます。ここで「はい」をタップするとアメ送りに。伝説ポケモンのアメは貴重なので送る場合は必ずアメ2倍の期間にしましょう

フリーザーをアメ送りにしてみた

 

伝説ポケモン、サンダーとファイヤーとフリーザーはいつまで出るか

ポケモンGOの公式ツイッターがサンダー・ファイヤー・フリーザー・ルギアの出現スケジュールをツイートしていました。

 
ルギアは出現期間が決まっていないので焦って捕獲する必要はなさそうです。高個体値のフリーザーを厳選したい方はとにかくルギアではなくフリーザーを優先して捕まえましょう。7月いっぱい。

7/26日現在、5回挑戦して5回負けなしで倒し3体捕まえています。打率は悪くないのではないでしょうか。一番強いのが最初に捕まえたCP1655、HP115の個体です。アメが貴重なので1匹は送りました。これより強い個体が手に入ったら強化しようと思います。

ファイヤーとサンダーは一週間しかないのでプレミアムレイドパスを買わないなら7回しかチャンスはありません。バックパック拡張用のポケコインをプレミアムレイドパスに充てるべきか…

アマゾンにクーポンがある事は意外とみんな知らない

Amazonクーポン 食料品も日用品も安い!

楽天だって毎日タイムセールをやっていますよ

楽天タイムセール 毎日19:00から。昼にチェックしておこう!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


ポケモンGO
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて