最新ブログ Amazonサイバーマンデー2016おすすめ商品とジャンル別リンク集。Kindleやゲーム機や家電などセール中


ポケモンGOで大規模なCP調整!カイリューやサイドンは上方修正、ナッシーやヤドランは弱体化

ポケモンGO

ポケモンGOで大幅にCP調整のサイレントアップデートが入りました。最強CPを誇るカイリューは更に強化、サイドンは最大CPが1000増加で一気に強ポケモンに。ナッシーやヤドランなど弱体化ポケモンも多数。これどうなんでしょうね。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

ポケモンGOのアプリでCP調整のサイレントアップデート

朝起きてポケモンGOを起動したら野生のカニが強くなって出てきました。いつもはどんなに高くてもCP550とかなのにいきなり1,000越えです。どうしたカニ。

なにごとーと思って手持ちポケモンを見てみるとこんな感じ。昨日までCP3218だったカイリューは3292になっており、ギャラドスやサイドンなどCP2000クラスだったポケモンが大幅に強化されています

ポケモンGOで大規模なCP修正

今回のアップデートでポケモンのCP (総合的な強さ)の調整を行いました。フーディン、サイドン、ゲンガーなどCPが向上するポケモンもいますが、一方でCPが減少するポケモンもいます。これらの変更は、より多くのポケモンがジムバトルで活躍できるように、よりバトルをお楽しみ頂けるようにするためであり、皆様が現在捕まえて所持しているポケモンや、これから捕まえるポケモンすべてに適用されます。今後も、ゲームバランス向上のため、CPの調整は細心の注意を払いつつ、行って参ります。



 

アップデートでCP調整されたポケモンリスト

リストと言っても網羅性はなく、私の環境で変化が起きたポケモンの一覧となります。以前のデータを取ってないポケモンも多いので正確な修正値はわかりません。

ポケモンのレベルもバラバラですがなんとなくの伸び率を参考にどうぞ。

カイリュー:CP3218→CP3292、CP3216→CP3292
ギャラドス:CP2366→CP2887、CP2265→CP2786
サイドン:CP1946→CP2864(一気に強ポケモン)
シャワーズ:CP2457→CP2755
ナッシー:CP2647→CP2613
カビゴン:CP2046→2210、CP2020→CP2178
カイロス:CP1680→CP2197(ええ〜っ!)
ヤドラン:CP2296→CP2184
ラフレシア:CP2247→CP2162
ゴルダック:CP1972→CP1810
モンジャラ:CP1335→CP1703
プテラ:CP1386→CP1675
ストライク:CP1389→CP1651
シードラ:CP1247→CP1440、CP1147→CP1326
ルージュラ:CP996→CP1472
ゴルバット:CP1504→CP1433
ウツボット:CP1496→CP1340
ギャロップ:CP1284→CP1315
フシギソウ:CP1306→CP1241
ブースター:CP1108→CP1220
ゴーリキー:CP1118→CP1214
アーボック:CP1223→CP1202
リザード:CP1262→CP1202
フーディン:CP673→CP1082
サンダース:CP843→CP1077
ゴローン:CP787→CP1002
ポリゴン:CP865→CP800
ラッキー:CP351→CP793(伸び率126%)
ガーディ:CP974→CP800
バリヤード:CP586→CP780
キュウコン:CP780→CP769
ベトベター:CP719→CP711
コンパン:CP801→CP700
ピッピ:CP664→CP599
ゼニガメ:CP639→CP510
ニドラン♀:CP544→CP454
プリン:CP471→CP363
ピカチュウ:CP221→CP195

 
進化前のポケモンで修正があれば進化後のポケモンにも影響していると思われます。進化前に下がっているポケモンが進化後は上方修正されているとは考えにくいですが、手持ちのポケモンをチェックしてみて下さい。

一番CPの調整幅が大きかったのはラッキーとサイドンでしょうか。ラッキーはパーセンテージで言えば約2.26倍、サイドンは最大CPが1,000近く増えるというガバガバ調整です。

ゲンガーとフーディンについては原作では中盤〜終盤にかけての最強クラスのポケモンだったので、ポケモンGOにおけるザコっぷりはさすがに問題と言えました。どれだけ強くなっているのか。

ほぼ全てのポケモンで修正がされているように感じますがラプラスについては変化なし。CP393→CP393です。CPが低すぎて変化幅が現れていないだけかもしれませんが。

 

今後育てるべき狙い目のポケモン

一番株を上げたのがサイドン。貴重なじめん/いわタイプでHPも高いので一気に最強クラスのポケモンです。ストーンエッジはひこうタイプのカイリューにばつぐんの効果。

ブイズは全形態で上方修正されています。ブースターとサンダースは今まで活躍の機会がありませんでしたがようやく使えるようになりそう。シャワーズが強すぎるので弱体化されると思ったらこちらも強化。というかシャワーズ強すぎ。

第二世代のポケモンが追加され、かつ進化の方式が現状と変わらずアメによって行われるなら集めておくべきはストライク・シードラ・ラッキー。CPの上がり幅もそこそこなので、ハッサム・キングドラ・ハピナスへの進化で強ポケモンになる可能性は十分にあります。詳細はポケモンGOのアップデートで第二世代(ジョウト地方)が追加された時に進化用に集めておきたいポケモンをどうぞ。

ギャラドスは最大CPが大きく上がったのでコイキングを集めている人は育てれば即エースとして活躍してくれそう。でもHPまで考えるとシャワーズの下位互換という立場は変わらず。

伸び率を見るにフーディンも良さげ。ただケーシィがあんまりいないのでレベルを上げにくく、HP的にザコな点は変わらないというのがなんとも。多分運営が例に挙げているゲンガーもかなり強化されたんでしょうね。でもこっちもHPが…



広告

 

大幅なCP調整、ナイアンティックはもう少し考えてアップデートしてほしい

正直に言うとこのCP調整は褒められたものではありません。伸び率を見るに、喜ぶ人はフーディン・サイドン・ゲンガーを持っている人でしょう。あとはカイリュー・ギャラドス等々。私はサイドンを持っているので恩恵を受けられた側に入ると思います。

しかしゲームバランスの調整が目的ならばCPが低いポケモンを上方修正すれば済むわけで、他のポケモンのCPを下方修正する方向で動いたらそれまで育てていたユーザがガッカリするのは当然の話。

そうした方向性で一貫するならまだコンセプトもわかるのですが、最大CPがダントツでジムを占拠しているカイリューやカビゴンが上方修正されているんですよね。強ポケモンではシャワーズも大幅強化されています。

以前一部の技が強すぎる・弱すぎるで威力がサイレント修正された事がありましたが、あれは「その技を持っている全てのポケモンで修正」されたから妥当だったんです。正にゲームバランスの調整と言えるでしょう。

しかし無作為とも思える対象を上方修正だけでなく下方修正させるとなると意味がわかりません。何を基準にしているのかわかりませんがもう少し考えてほしいもの。

 
課金要素のあるゲームではこうしたアップデートに最新の注意を払うべきだと思いますよ。リリース内容に同じ文言が書いてはありますが、全く注意を払っているようには見えません。

かわいいから使いたかったプリンやピッピやピカチュウは全て弱体化。ふよふよしててかわいくてお気に入りのラフレシアもせっかく育ててきたのに弱体化。いくらでもやりようはあったでしょ…ガッカリ。

11月23日(水)の9:00から11月30日(水)の9:00まではPokémon GO 感謝祭でXPとほしのすなが2倍貰えます。トレーナーレベルを上げ、お気に入りのポケモンを強化しましょう。

アマゾンにクーポンがある事は意外とみんな知らない

Amazonクーポン 食料品も日用品も安い!

楽天だって毎日タイムセールをやっていますよ

楽天タイムセール 毎日19:00から。昼にチェックしておこう!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


ポケモンGO
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて