最新ブログ ポケモンGO、ミュウツーのEXレイドは9月以降から登場。ジム別のレイドバトル招待状が必須


USBメモリや外付けHDDの有効活用法

PC・Windows

大容量のUSBメモリや外付けHDDが増えてきましたが、何の設定もせずにそのまま使ってはせっかくの性能を生かせません。ファイルシステムを書き換えて、性能を上げてから使いましょう。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


USBメモリ・外付けHDDの活用法

データを記録するUSBメモリや外付けHDDには記録のルールとしてファイルシステムという概念があります。ファイルシステムには代表的なものが2種類あり、それぞれFAT32とNTFSといいます。

FAT32はWindows98以前に使われていた前時代的なものです。一度に読み書きできるデータの量も4GBが上限になるので大きいサイズのファイルを書き込む時にエラーが出る事があり、現在はNTFSが完全に主流となっています。

NTFSは4GB以上のファイルも扱える上、より細かいセキュリティの設定ができたりデータのアクセス速度が上がったりと良い事ずくめです。古いOSで扱えないというデメリットもほとんどの人が無視できるでしょう。

PC本体は全般的にNTFSが採用されていますが、USBメモリや外付けHDDはまだまだFAT32が採用されています。このFAT32をNTFSに書き換える方法を記載します。

 

FAT32からNTFSへの書き換え

外付けHDDであれば マイコンピュータを右クリック→管理→ディスクの管理 の項目からフォーマットをしなおす際にNTFSを指定すればいいのですが、USBメモリの場合はその前に以下の手順が必要になります。

マイコンピュータからUSBメモリを右クリック→プロパティ→ハードウェア→該当するUSBメモリを選択→プロパティ→設定の変更→ポリシー→パフォーマンスのために最適化する→OK

ただこの方法だとフォーマットが必要な為、中身のファイルが消えてしまいます。一度中身を全てバックアップしてからやれば問題はないのですが、大容量のデータがすでに入っているとコピーするだけでも大変です。そこで中身にデータが入ったまま、ファイルシステムだけを書き換える方法が以下になります。

広告

フォーマットせずに中身を書き換える

まず変換する記録媒体のドライブ文字を調べてください。FドライブとかHドライブとかのアルファベットですね。今回の例はHです。

USBメモリのプロパティ

 
左下のWindowsマークから「ファイル名を指定して実行」をクリック→cmdと打ち込んでOKを押します。

ファイル名を指定して実行

 
すると黒いウィンドウが開きます。この画面はコマンドプロンプトといいます。何か文字が書いてあり、最後に「C:¥Users¥ユーザの名前」とあります。

コマンドプロンプト

 

ユーザ名の後に以下の文字を打ち込み、Enterを押して下さい。

convert h: /fs:ntfs

変換実行後

 

{convert} {変更したいドライブ文字}{:} {/fs:ntfs} ですね。

これで完了です。何か作業をしているとたまにエラーが出ますが、あまり気にしなくていいようです。ですが念の為、書き換え中は他の作業はやめにしましょう。「convert」と「ドライブ文字(例はh)」の間にスペースを忘れないで下さい。

なお、実行は自己責任でお願い致します。

アマゾンにクーポンがある事は意外とみんな知らない

Amazonクーポン 食料品も日用品も安い!

楽天だって毎日タイムセールをやっていますよ

楽天タイムセール 毎日19:00から。昼にチェックしておこう!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


PC・Windows
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて