最新ブログ Amazonプライムセール2017に繋がらない、アクセスできない人は商品やカテゴリページから試そう


Canonの単焦点レンズ「EF50 F1.8 STM」写真作例。背景ボケも簡単で初心者におすすめ

Canon EF50mm F1.8 STM

Canonの単焦点レンズ「EF50 F1.8 STM」で撮った写真の作例を紹介していきます。シャッターを切るだけで背景が簡単にボカせて描写力もバツグン。価格も安いのでKissシリーズを持っている初心者におすすめ。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


Canonの単焦点レンズ「EF50 F1.8 STM」は初心者におすすめ

少し前にCanonのKiss X7に一眼レフカメラ本体を買い替えました。詳細は10万円以内の予算で一眼レフカメラと超広角レンズ・単焦点レンズを購入。風景とスナップにをどうぞ。

広い視野で風景を撮る用の超広角レンズは写真作例を載せたのですが、50mmの単焦点レンズ「EF50 F1.8 STM」はこの記事にまとめました。

1万5千円以下で買える単焦点、描写力は折り紙付き、背景を簡単にボカせる明るいレンズ。発売されて1年が経つので今更ですがレビュー。

 

単焦点ってどんなレンズ?

単焦点レンズとはズームができないレンズの事。その分ズームレンズで同じ焦点距離で撮るよりも画質が高いと思っておけばOK。EF50 F1.8 STMの焦点距離は50mm(フルサイズ換算だと80mm)。

普通にズームキットで一眼レフカメラを買うとついてくる標準レンズやズームレンズは18-55mmや55-250mmなどの幅でズームができます。数値を見ればわかるように50mmというと中望遠くらいの焦点距離です。

交換用レンズは「マウント」と言って形が合わなければ装着できません。EF50 F1.8 STMはCanonの「EFマウント」という形なのでCanonの一眼レフカメラなら大丈夫。

ただしCanonのミラーレス一眼であるEOS Mシリーズは「EF-Mマウント」という別の形なので別売りのアダプタをかませないと装着できません。メーカーによっても違うのでマウントは自分のカメラを確認しましょう。

 

EF50 F1.8 STMの写真作例

使ったカメラはEOS Kiss X7。初心者向けのエントリーモデル、価格も一番安いやつ。一眼レフとしては世界最小最軽量という事でカメラ女子にも人気。

私は標準キットのレンズを卒業してレンズ交換を楽しみたかったのでKiss X7のボディとEF50 F1.8 STMを別で買ってマウントしています。ご飯とかこんな感じ

Canon 単焦点 EF50mm F1.8 STM f:4.5, 1:50sec

Canon Kiss X7 & EF50mm F1.8 STM f:4.5, 1:50sec

 
水族館でクラゲ。被写体が多いですが背景の黒がビシっとしていてピントが合っている個体とボケている個体がわかります

Canon 単焦点 EF50mm F1.8 STM f:1.8, 1:250sec

Canon Kiss X7 & EF50mm F1.8 STM f:1.8, 1:250sec

 
動物園でサルを激写。背景のボケ方がちょっと納得いきませんが毛並みの質感などしっかり描写できています

Canon 単焦点 EF50mm F1.8 STM f:1.8, 1:800sec

Canon Kiss X7 & EF50mm F1.8 STM f:1.8, 1:800sec

 
今度はゾウ。F値を絞ればボケは抑えられます。ズームができないのでもう少し近づきたかったのですが柵が邪魔で限界

Canon 単焦点 EF50mm F1.8 STM f:6.3, 1:80sec

Canon Kiss X7 & EF50mm F1.8 STM f:6.3, 1:80sec

 
人物のポートレートも。シャッタースピードに余裕があるのでもう少し絞って撮った方が画質は良かった

Canon 単焦点 EF50mm F1.8 STM f:3.5, 1:3200sec

Canon Kiss X7 & EF50mm F1.8 STM f:3.5, 1:3200sec

 
エイ。結構暗い場所だったのですが手ぶれ補正がついている事もありそこそこまともに写りました。ただ手持ちでは1/40くらいのシャッタースピードが限界かも

Canon 単焦点 EF50mm F1.8 STM f:4.5, 1:50sec

Canon Kiss X7 & EF50mm F1.8 STM f:4.5, 1:50sec

 

背景のボケが簡単に撮れます

初心者が一眼レフカメラでやりたい事の一つに「背景がボヤーっとボケた写真」がありますが、F値を低くすればするほどピントの合った範囲外がボケるようになります。F値を低くする事を「開放」と言い、高くする事を「絞る」と言います。

このEF50 F1.8 STMは名前の通り開放F値が1.8まで設定可能。ここまで開放するとかなりボケます。同じ場所から同じ被写体ですが、絞って撮った写真と開放F値で撮った写真の比較がこちら。まずF値13まで絞った写真

Canon 単焦点 EF50mm F1.8 STM f:13, 1:60sec

Canon Kiss X7 & EF50mm F1.8 STM f:13, 1:60sec

 
こちらがF値1.8の開放で撮った写真。シャッタースピードは同じですがピントの合っている範囲が全然違ってボケていますね

Canon 単焦点 EF50mm F1.8 STM f:1.8, 1:60sec

Canon Kiss X7 & EF50mm F1.8 STM f:1.8, 1:60sec

 

F値と明るさとシャッタースピード

ボケを追求するなら開放した方がいいですが単純な画質は数段絞った方がキレイと覚えておきましょう。さっき「シャッタースピードに余裕があるのでもう少し絞って撮った方が画質は良かった」と書いたのはこの事です。

またF値が低い方が明るく写ります。暗い場所でシャッタースピードが遅くても開放F値が優秀なレンズなら明るさを確保できるので手持ちの撮影がブレにくかったりしますね。

このレンズで晴天の太陽の下でF値を開放(1.8)で撮影すると明るすぎてシャッタスピードが1/4000とか相当ハイスピードになります。この条件でボケが必要ないなら10あたりまで絞って画質を追求しましょう。明るさは十分なので手ブレはしません。

 

50mmの単焦点はクセが強くカメラマンの雰囲気が味わえる

ただ一つ注意点として、50mmの焦点距離は結構遠いです。今一眼レフカメラを持っているならレンズを50mmにズームしてみて下さい。そこから動かせません。

ズームできない単焦点レンズは構図を決める時にカメラ本体(つまり自分の足)を動かさなくてはいけません。ファインダーを覗きながらササっと移動しましょう。

人物や食事など近めの被写体を撮る時は結構離れる必要があります。この記事に載せたご飯の写真はどれもイスから降りてやや下がって撮ったもの。

口で言ってもピンとこないと思いますがこの焦点距離は結構クセがあり、初心者の被写体との距離感の勉強用にはもってこいだと思います。

 

まとめ

ブログ掲載用にファイルサイズと写真自体のサイズを落としていますが雰囲気は伝わったでしょうか。ズームができない代わりに高画質で明るくボケが得意なレンズです。

価格を考えるとこれはもう買って良かったとしか言えません。標準のレンズキットを使っている人がステップアップで交換用の単焦点レンズに手を出すならまず買っておいていいでしょう。

単焦点レンズならではの画質・明るさ・背景ボケを体験するのにはうってつけ

50mmの焦点距離は結構クセがあり撮影に苦労する場面も。それもまたよし

Canonの一眼レフカメラを持っていて交換用レンズ・単焦点レンズに手を出したいならまず買っておくべき一本

 
ちなみに今はもう少し広角寄りの40mmの単焦点レンズ「EF40mm F2.8 STM」が気になっています。開放F値は2.8でも十分ボケるでしょうし更に薄くて軽いと言われるとKiss X7と相性は良さそう。

アマゾンにクーポンがある事は意外とみんな知らない

Amazonクーポン 食料品も日用品も安い!

楽天だって毎日タイムセールをやっていますよ

楽天タイムセール 毎日19:00から。昼にチェックしておこう!

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


デジカメ・一眼レフ
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて