最新ブログ ネタバレあり、古典部シリーズ氷菓の最新作「いまさら翼と言われても」感想・レビュー


ウィルコム、1500円で通話もネットも使い放題「スーパーだれとでも定額」を開始

通信サービス

ねこ

ウィルコムが通話もネットも使い放題となるスーパー誰とでも定額を発表。安い安すぎる、と思いきや落とし穴もあるので要注意。

広告


株式会社ウィルコムおよび株式会社ウィルコム沖縄(以下、ウィルコム)は、新オプションサービス「スーパーだれとでも定額」を2014年6月1日(日)より開始いたします。

Willcom

スーパー誰とでも定額

昔から無料通話と言えばウィルコム、という知名度は割と大きく自分の中にもあります。二番手はホワイトプランが有名なソフトバンクでしょう。

そんなウィルコムが国内ならどこに何度かけても1,500円、基本料の1,381円を足した2,881円でネット代も込みという「スーパー誰とでも定額」を打ち出してきました。

しかし口当たりのいい文句には問題もたくさん。内容を見ましたが恩恵を受けられるのはわずかとなりそうです。

 

問題点1:ネットの定額は3Gではなく低速のPHS回線

3G回線が使えるなら2~3M程度の通信速度が見込めるかな、と思っていたのですが3G回線は定額の対象外です。使い放題なのは低速(400Kbps)のPHS回線のみ。

ウィルコムは基本的に通話とビジネス向けデータ通信をウリにやってきたので、モバイル単体でのネット環境は他のキャリアと比べて2枚落ちると思っていいです。そんなしわ寄せはここにも現れましたね。

 

問題点2:相変わらず魅力のない端末ばかり

今や取り扱いがほぼなくなってしまった、いわゆるガラケーと呼ばれる小さい液晶と物理ボタンのケータイがメインのウィルコム。

スマートフォンも申し訳程度に出していますがラインナップはDIGNO DUAL 2 WX10KAQUOS PHONE es WX05SHSTREAM 201HWの3つのみ。

AQUOS PHONEがいわゆるらくらくスマホのカテゴリの商品、そしてSTREAMはPHS回線に対応していないので今回のプランの対象外です。つまり実質選べる端末はDIGNO DUAL 2 WX10Kのみ。

低速のPHS回線しか使えない時点で大画面や高機能は不要ではありますが、やはり魅力的な端末がない限り客層に変化は見込めないでしょう。今後もラインナップは大きく変わりそうにありません。

広告

残念ながらインパクトなし

上記の通り新規ユーザの増加には繋がらないと思われますが、PHSをメインにしているユーザは回線速度へのこだわりが薄い層なので既存の顧客には受けがいいサービスでしょう。

それにしてもせめてケータイキャリアからのMNPが解禁されていればまた話も違ったかもしれませんが、これもなんともタイミングが悪く今年の10月の予定となっています。

LINEなどのチャットサービスに押され「通話」というサービスのあり方自体が変わってきている今、そこに注力してきたウィルコムにも方針の転換が必要かもしれません。

申し込む方は新規契約・機種変更と同時にどうぞ。6月1日(日)から。すでにウィルコムを使っていてオプションのみの追加の場合はウィルコムサービスセンター(151)へ電話すればいいですがこちらは7月以降だそうです。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


通信サービス
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて