最新ブログ Amazonサイバーマンデー2016おすすめ商品とジャンル別リンク集。Kindleやゲーム機や家電などセール中


アスラテックがロボットOS「V-Sido」を発表

Softbank

アスラテックがV-Sidoというロボットソフトウェアを発表。先日のソフトバンクのPepper君と合わせて一気に活気づいてきましたね!

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

アスラテックのV-Sido OS

先日の記事ではアスラテックに動きがなさすぎたのが気になりましたが、ここにきてサイトのコンテンツも充実させてきました。一週間前は白紙のウェブサイトだったんですけどね。

ソフトバンクグループのアスラテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:土橋 康成)は、本日より、さまざまなロボットを動かすことができる、汎用性の高いロボット制御ソフトウエア「V-Sido OS(ブシドー・オーエス)」の提供とロボット開発支援を開始し、ロボット・ソフトウエア事業に本格的に参入します。

「V-Sido OS」は、リアルタイムにロボットの動きを生成でき、急な衝撃を受けたときや不安定な足場でも倒れにくい安定性を備え、さらにスマートフォンなどの入力デバイスから大まかな指示を出すだけでロボットが必要な情報を補完して動くことを可能にするロボット制御ソフトウエアです。汎用性が高く、大きさや形状、用途を問わず、多様なロボットを制御することが可能なため、「V-Sido OS」を採用することで、開発コストの削減や開発期間の大幅な短縮が可能になります。

ASRATEC

V-Sido OSとは?

アスラテックは2013年にソフトバンクによって設立されて以来、V-Sido OS以外に成果物はありません。社長はSBメディアホールディングスの土橋康成氏ですが、開発を仕切っているのは吉崎航さん。

吉崎航さんは2009年頃から個人でV-Sidoの開発を始め、同年に情報処理推進機構による特別開発支援の対象に選ばれています。

ですがV-Sidoが世に出たのはこれが初めてではありません。2012年には水道橋重工のKURATASというロボットに採用されており、文化庁メディア芸術祭のエンターテインメント部門で優秀賞を受賞しています

 
見覚えのある方もきっといるはず。今回アスラテックが発表したものはそういうものです。

広告

一般人でも買えるチップも発表

V-Sido OSは一般人でも買えるよう「V-Sido CONNECT」というチップで年内に販売されます。価格は未定。これは個人制作のロボットでニコニコ動画が賑わいそうですね。

その他コンセプトモデルのロボット「ASRA C1」も発表されましたが、こちらはプレゼン用との事で販売予定はないそうです。

ソフトバンクグループがどんどんロボット色に染まっていきますね!アルデバランとアスラテックは近い将来合併するんじゃないかなぁ。

【iPhone7も】スマホは公式のオンラインショップで予約が常識。余計なオプションをつけられる心配もないです。頭金もなし。

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


Softbank
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて