最新ブログ ネタバレあり、古典部シリーズ氷菓の最新作「いまさら翼と言われても」感想・レビュー


「つながりやすさNo.1」などスマホの通信品質の調査基準を統一へ

通信サービス

ねこ

つながりやすさNo.1とか接続率No.1とかケータイ各社の騒がしいアピールに統一基準が設けられる事になりそうです。ベストエフォートもどうにかしてほしい。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

通信速度の宣伝データに基準が

スマートフォンのインターネットと書いてあるのでドコモやau、ソフトバンクなどケータイキャリアに対しての話だと思いますが、各社が都合のいいデータを使って自社の品質を良く見せる宣伝手法に待ったがかかるそうです。今更感が満載ですが。

あんまり言いたくないですけど、こういう自分を事実以上に良く見せる系ってソフトバンクが多い印象があります。。純増数とかユーザ数とか。

総務省曰く5月に指針を示すとの事なので実現にはまだまだ時間がかかりそうですが、とりあえずニュースになっていたのでご紹介。

スマートフォンのインターネットへの「つながりやすさ」について、総務省は9日、携帯電話各社の宣伝競争が過熱しているとして、通信速度を公平に測る基準を定めることを明らかにした。各社はそれぞれ「ナンバーワン」と宣伝しているが、都合の良いデータを使って、消費者に正確な品質を示していないと指摘される。同省は5月にも指針を示し、過激な広告競争を是正させたい意向だ。

時事ドットコム

 
そもそも各社それぞれナンバーワンと宣伝しているという時点で何の指標にもなっていません。同一のデータを使って違う切り口からアピールするならわかりますが、調査機関も方法も違ってグラフの種類も違うなんて実質的でない話。

広告

 

ベストエフォートもなんとかしてほしい

通信業界ではネットワークの通信速度に「最大○Mbps ※速度は理論値です」という表記をしています。

これはベストエフォートと呼ばれる規格上の最大通信速度を表しますが、特にモバイルネットワークでは何の意味も成していないのが現状。最大100Mbpsと表記されているサービスが実際に使ってみると3Mbps出ればいい方、なんてのはザラです。

固定回線は使うユーザ数がそこまで変動しない・理論値の規格自体が大きい・移動によるネットワークの切り替わりが起こらないなどスマホの通信とは事情が違いますが、実行速度はプロバイダの品質によりけりだったりするのでスペック情報としての信頼性はやはり高くないと言っていいでしょう。

最近流行りのMVNOなんかも含め、「通信スペックは全くあてにならず使ってみないと分からない」という現状から新サービスのユーザは「人柱」と呼ばれ実体験レポートをネットに上げるのが一般化しています。

恣意的で無意味なアピールがなくなるのは方向としては望ましいので、なんとかユーザ目線の使用感を伝えられる仕組みにしてほしいですね。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


通信サービス
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて