最新ブログ Amazonプライムセール2017に繋がらない、アクセスできない人は商品やカテゴリページから試そう


被災地の熊本ではソフトバンクとauの電波が繋がりづらい?ドコモは通信できている様子

通信サービス

被災地の熊本ではソフトバンクとauの電波が繋がりづらい?ドコモは通信できている様子

震災が起こっている熊本ではソフトバンクとauの電波が輻輳状態により繋がりにくかったようです。ドコモは全ての市町村役場で通信可能との事。17日15:00現在の情報なので現在は輻輳が緩和されているかもしれません。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


震災のあった熊本ではソフトバンクとauの電波が繋がらない?

14日から断続的な地震に見舞われている熊本。先ほども震度5強の揺れを観測したと速報が出ていました。東日本大震災の教訓を生かして効率的に支援したいところです。

現地では通信系のインフラはどうなっているのか気になったので調べてみたところ、首相官邸の公式HPで停波している携帯基地局の数などが公開されていました。

このデータは人的被害の数や建物被害の様子、物資や各種インフラの状況などある程度まとまっているのでぜひ目を通しておいて下さい。

● 通信(総務省 17 日 15:00)
○ 固定電話
・ 熊本エリア:300 回線不通
・ 南阿蘇村からの要請を受け、避難所への固定電話等を設置(17 日 14:00)
特設公衆電話:31 台、衛星携帯電話:141 台、無料公衆無線 LAN アクセスポイント:約 90 台、ポータブル衛星装置:16 台、携帯電話:602 台
・ NTT 西日本及び携帯電話事業者に、通信電源用に使用する燃料について資源エネルギー庁と連携し、安定供給を確保
・ NTT 西日本 合計6箇所にポータブル衛星装置(固定電話)を設置
○ 携帯電話・PHS の停波状況:合計 348 局(携帯電話 294 局、PHS54 局)
・ NTTドコモ:60 局停波(熊本 57 局、大分3局)
・ KDDI(au):50 局停波(熊本 47 局、大分3局)
・ ソフトバンク:【携帯電話】184 局停波(熊本 169 局、大分 15 局)【PHS】54 局停波
※ NTTドコモは、全ての市町村役場をカバーしている。

熊本県熊本地方を震源とする地震について 非常災害対策本部(PDF)

 

ドコモは電波の繋がりが良く、ソフトバンクは停波している基地局が目立つ

データとして注目すべき点は二つ。ソフトバンクの停波基地局がケタ違いに多い点、NTTドコモは全ての市町村役場をカバーしていると書かれている点です。

地震の被害で止まってしまっている電波発信基地局の件数はソフトバンクが他社の3倍強。これが偶然なのか基地局の建設にかけるコストの違いなのかは専門家の意見を聞きたいところ。物理的な損傷ではなく停電であれば復旧も早いと思いますが。

ドコモが市町村役場をカバーしていると表記されている部分については、平時であればauもソフトバンクもカバーしていないはずはないので震災後の現状を表しているものと思われます。

またauに関しては止まっている基地局は少ないようですが評判は良くありません。普段の繋がりやすさやユーザ数などの地力も関係してそう。少し過激なタイトルですが以下のようなまとめも出来ています。

追記:ケータイWatchが18日時点でのドコモ・au・Softbankの通信障害についてまとめています。南阿蘇村や阿蘇市を中心に各社通信障害中。ドコモは固定電話への通話が繋がらない状況との事

 

MVNOも当然繋がらない

ドコモ・auの回線を使った格安SIM会社を利用している人達は本家のドコモ・auユーザに比べてそれ以上の通信速度の遅さを体感しているはずです。基本的に格安SIMは本家の回線の下位互換と思っていいので。

MNOと呼ばれるドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアを契約している人は地域によって通信速度が違います。接続する基地局(これが今回の震災で壊れている)の混雑度が違うからです。

MVNOと呼ばれる格安SIM会社はそれにプラスして各社の混雑度が地域に関係なく影響します。A社の帯域が混雑していたら全国のA社のユーザが平等に遅くなります。

つまり基地局の混雑が原因なら格安SIMだろうと本家ドコモだろうと通信速度が落ちるのは同じであり、MVNOの混雑が原因なら格安SIMユーザの通信速度だけが遅くなると思えばOK。

格安SIMの通信は自分の環境で試した方がいい

ただこれはあくまで通信速度の話であって、実際の繋がりやすさ(スマホに表示される電波の強さ)の段階でドコモと同じく地域による違いはあります。

普段私が「格安SIMの通信速度は自分の環境で試した方がいい」と言っているのは地域的な混雑度自体ではなくそれも含めた上で自分の端末でどれくらいの実行速度が出るかという事。

アプリのスピードテストは実際の通信速度ではありませんしSIMフリー端末は機種によってLTEの対応周波数が違います。数値上の通信速度に現れない規制をかけている格安SIM会社もあります。

結論として「解約料無料のデータ通信SIMをまず試してみて納得できたなら音声通話SIMを新たに契約するのが安定感がある」という私の意見は変わりません。

広告

 

通信インフラは救助の要ともなる大事な要素

現地では単なる通信量の増大だけでなく基地局の停波も相まって通信が混雑しているようですが、電話やインターネットはもはやガスや水道以上に大切なインフラです。つい先ほどもケータイで助けを呼んで救助してもらったというニュースを見ました。

地震や災害時にLINEで電話するのはいいの?→ダメではないですが通話は控えましょうでも書きましたが、音声通話やデータ通信に関わらず現地への負荷のかかる通信はほどほどにしましょう。

さらに避難状態が続くようなら動画などエンタメ性を持つコンテンツが精神の安定に一役買う事にもなるはず。通信はすでに効率的な連絡手段というだけでなく生活に密接に関わっています。

物資を送る・寄付をすると言ったサポートだけでなく、現地のリソースを消費しないよう努めるのも外にいる人間の使命かと思います。

iPhone7やAndroidスマホの予約・購入はオンラインで素早く。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし。

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


通信サービス
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて