最新ブログ Amazonサイバーマンデー2016おすすめ商品とジャンル別リンク集。Kindleやゲーム機や家電などセール中


ドコモがポータブルSimを開発。一つのSimをかざすだけで複数端末で

docomo

ねこ

ポータブルSimという新たな仕組みをドコモが開発しました。Simカードの切り替えや複数のデバイスでの利用など活用の場面が広がるといいですね。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

ポータブルSimとは

通常はスマホやタブレットなど端末に物理的に挿入しなければ認識できないSimカードですが、ドコモが世界で初めてかざすだけで認識/認証できるデバイスを開発したとの事です。

複数の端末を持ち歩く方も増えてきた印象がありますが、Simの差し替えなど利用スタイルによっては面倒な事も。これで利便性の向上に繋がる事を期待します。

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、SIMカードが入っていないスマートフォン・タブレットにかざすだけで回線認証を実現し、電話やメール等の携帯電話機能を利用可能にする小型認証デバイス「ポータブルSIM」を世界で初めて開発いたしました。

「ポータブルSIM」は、内部にSIMカード、Bluetooth®、NFCを搭載しており、「ポータブルSIM」内のSIMカードがスマートフォン等を介して、ネットワークと相互に認証を行うことで、SIMカードが入っていないスマートフォン等でもネットワーク接続が可能になります。

ポータブルSim01

ポータブルSim02

ポータブルSim03

ドコモ

ポータブルSimのポイント

開発中という事で細かい仕様はこれから決まっていくものと思われますが、現状でわかっているポイントは以下になります。

認証はBluetoothまたはNFC

独自ではなく既存の規格であるBluetoothとNFCを採用するそうです。対応のスマホやタブレットにかざして読み取り認証。物理的にSimが入っていなくても同等の機能が使えます。

既存のスマホやタブレットはアップデートしない限り未対応

無線にて端末への道が開けたとしてもそこで認証するにはソフト的なアップデートが必要となり、これがなされていない端末は使えません。ドコモが出している機種の一部は当然アップデート対応するでしょうが、他社製スマホが対応するかはわかりません。

追記:OSのアップデートではなくアプリで対応可能との事。これは全てのスマホでいけそうですね

また対応するスマホやタブレットには特殊なハードウェアは必要なく、アプリでの対応が可能になるとのこと。

週アスPLUS

おそらく電池消費量は上がる

必ずしも常にではないでしょうが、Simへのアクセスに無線技術を使うとなると電池の消費は上がる事が予想されます。ポータブルSim自体はもちろんスマホのバッテリーも今まで以上に気を配る必要が出てくるかもしれません。

広告

海外では契約時に端末に合わせてSimをカットし大きさを変えなくてはいけませんし、それは国内でも複数のデバイスを持っていれば同じ事。

iPhoneはNano SimでAndroidはMicro Sim、なんてサイズの違いもポータブルSimなら無関係。できればガラパゴス規格にならず世界のスマホで対応してくれると便利ですね。

発売日や価格などはまだ未定。来年になりますかね。

ドコモのスマホの予約はオンラインショップなら機種変更の手数料が無料。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


docomo
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて