最新ブログ Amazonサイバーマンデー2016おすすめ商品とジャンル別リンク集。Kindleやゲーム機や家電などセール中


ドコモのiPhone5s、32GBを一括0円で。維持費3円でキャッシュバックつき

docomo

docomoのiPhone5sの32GBモデルを買いました。一括0円・最低料金の3円運用・キャッシュバックは2万円。スマホを安く買う方法はこちらをどうぞ。

広告


お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。

docomoのiPhoneが32GBで一括0円

今回はドコモのiPhone5sの案件です。iPhoneを使って丸4年、そろそろ16GBでは厳しくなってきたので32GBモデルをゲット。月額は3円、2万円のキャッシュバックつき。

スマホは少し賢い買い方をすれば2年間で10万円は浮きます。なぜそんなに安くスマホが買えるのか、その手順を全て記します。少し長いですがおトクな生活を手助けしますよ。

 

初期費用

まずは今回の買い替えで初期費用がいくらかかったのかを記します。

元の端末(au iPhone5 16GB)

解約違約金:9,975円

MNP手数料:2,100円

小計12,075円

買った端末(ドコモ iPhone5s 32GB)

端末代:一括0円

契約事務手数料:3,150円

小計3,150円

合計15,225円

 

ランニングコスト(月額)

次に月額。初月&2カ月目は高額になります。

初月・2カ月目料金

基本契約:タイプXiにねん 780円

データ接続:SPモード 315円

パケット契約:Xiパケホーダイ for iPhone 5,460円

ドコモオプション:dビデオ・おすすめパック・050PLUS 0円(無料期間中に解約)

サイトコンテンツ登録:20個(合計6,720円)

ユニバーサル料金:3円

ドコモにのりかえ割:-780円

月々サポート:-2,940円

小計9,558円

3カ月目以降の料金(基本契約以外全て解約)

基本契約:タイプXiにねん 780円

ユニバーサル料金:3円

ドコモにのりかえ割:-780円

小計3円

 

初期費用も含めた2年間の総合計額

最後に2年間の総コストです。

総合計額

初期費用:15,225円

初月&2カ月目料金:9,558円×2カ月で19,116円

3カ月目以降の料金:3円×22カ月で66円

総合計34,407円

こんな結果になりました。電話の基本契約以外を解約してものりかえ割-780円が消えないのがポイント。

今まで使っていたiPhone5はどう安く見積もっても2万円以上で売れますし、キャッシュバックの2万円も含めればむしろプラスになる計算です。

初月&2カ月の請求が高額なのはサイトコンテンツ2カ月継続がキャッシュバックの条件になっていたから。この内容は店舗・買う端末によって違うのでご自身で確認して下さい。

2カ月目まではパケット定額・SPモードも外せません。システム的に外せない事はないですが、ニコニコ動画など一部のサイトコンテンツは解約時にWi-Fiでなくドコモネットワークに繋ぐ必要があるためパケット定額を外しているとここで莫大な通信費がかかります。

今までのiPhone5も3円で運用していたため特に変わりはないです。単純にお金を貰って5sの32GBにグレードアップしたようなもの。やらない理由がありませんね。

iPhone5s-32GB

 

私はサブ機(2台持ち)なので月額3円

今回の案件はメイン機として使っても十分安いです。パケット定額・SPモード・基本料金の契約なので、月々サポート-2,940円とのりかえ割-780円を割引くと月額は3,000円以下。

しかし私はAndroidもiPhoneも触りたい人種なので2台持ち。そうすると今回のiPhoneにパケット契約は必要なく、メイン機であるXperiaZから電波を飛ばして(テザリング)運用が可能。

2台持ちにするとこんな契約ができますし単純にバッテリーも2倍に増えます。片方をなくした時ももう片方でGPS情報を追えたりと非常に便利なのでおすすめ。

この記事の最後に格安で2台目をゲットする方法が書いてあるので興味のある方はご参考にどうぞ。

 

安く買うポイントを全て教えます

月額が3,000円でも7万円で買っていれば2年間のコストは14万円。0円で買っていても月額が6,000円かかっていればやはり2年間で14万円。

ケータイを安く維持している人と何が違うのか、そのポイントの全てをお教えします。

 

ポイント1:契約方法

なぜこんなに安く最新のiPhoneを買えたか、それはMNPを使ったからです。MNPはモバイル・ナンバー・ポータビリティ、つまり「番号そのまま他社へ引っ越し」という契約。

MNPでの契約は端末が大きく値下がりします。今回は一括0円。よく「実質0円」という言葉を聞きますが間違えないように。一括0円と実質0円の違いは以下にまとめてあります。

機種変更は一番高い契約です。2番目が新規契約、そして段違いにお得な契約方法がMNP。

機種変更はキャリアメールのアドレス(docomo.ne.jpとかsoftbank.ne.jpとかです)が変わらないのがメリットですが、その為に数万円かけているのと同じ事。

端末価格が数万円引きになるのはもちろんキャッシュバックなどの特典がつく事も多く、月額も基本料金である780円が2年間無料になります。今回は「ドコモのりかえ割」ですね。

 

ポイント2:買うタイミング

ここまで好条件が出ているのは時期がいいから。ケータイは決算前の2月〜3月が一年で一番安くなります。最新のiPhone5sも一括0円で2万円キャッシュバック。

「もうすぐ2年だからあと4カ月…」なんて躊躇するのは無意味です。2年契約は勝手に延長されますし、変なタイミングで壊れてしまっては高額で買わざるを得なくなります。

2年の節目であるちょうど1カ月の間に変えなくてはまた違約金がかかります。解約料金である9,975円は必要経費と割り切り、いい条件を見つけたら即乗り換えましょう。

 

ポイント3:買うお店

そうは言っても町中の電気屋さんで好条件を見つけるのは至難の技です。現在の相場は運良く特売を見つけなければ16GBで一括0円が関の山でしょう。

32GBで2万円のキャッシュバックを見つけられたのはツイッターを使ったから。例えば「docomo iPhone5s 32GB」で検索をすると…

お店に迷惑がかかるといけないので過去のものをチョイスしていますがこんな感じで出てきます。あとは電話して条件を聞き、良ければ予約するだけ。簡単です。

今回私が契約したのは一台ですが、家族3人とも乗り換えると10万円クラスのキャッシュバックも。これは業界としてはとても健全とは言えない腐った構造なので、近々総務省が規制に乗り出すと思われます。

とは言えキャッシュバックがなくなっても端末代が十分に安いので今後もこの買い方は通用するはず。

広告

重要なのはMNP、買う時期、買うお店

よくファイナンシャルプランナーの方が「ポイントは料金プランの見直し」「格安SIM(MVNOと呼ばれています)を使ってお得に」と言っていますがそれは間違い、というより実態に即していないものです。

30秒21円という料金ばかり注目されますがスマホの通話料は今までのケータイより安いです。それはキャリア同士の無料通話はもちろんアプリで24時間無料通話ができるため。

固定電話への通話も050PLUSなんかのアプリで格安通話ができますし、今後間違いなく普及するLINE電話は世界中の電話番号へ格安通話が可能です。

また格安SIMは別に安くないです。月額980円~2,000円くらいのものが人気なようですが、そのために数万円出してSIMフリー端末を買うという本末転倒な事態になる事もしばしば。

通信速度もすぐ制限されるので動画はほぼ見られません。そこまでの手間をかけるメリットがあるかと言われると私はおすすめはしません。SIMフリー端末も含め海外によく行く人向けのもの。

重要なのは3つ。MNPで買う事、買うタイミングを見極める事、買うお店を探す事。デメリットは今のメールアドレスが変わるだけです。それで10万円節約できますよ。

キャリアメールは今後どんどん重要度が下がっていきます。スマホに変えてむしろ脱却しておいたほうが時代に取り残されずに済むかもしれません。

 

キャリアは変えたくない!でもiPhone欲しい!という人に

MNPができない、キャリアを変えられない事情は人それぞれですがそれならそれで手段はあります。それが以下のネットで買える電話番号SIM。

これを買い足して番号を手に入れれば2台目として端末をゲットできます。MNPで欲しい端末に乗り換えるわけですね。かかる費用は以下の通り

契約事務手数料:3,150円(これが端末代みたいなものです)

基本料金:1,638円(税込み)

解約違約金:8,400円

MNP手数料:3,150円

合計:16,338円

MNPの弾にするので即解約前提ですが、現状ではブラックリスト入りなどはしないようです。ただし注意点が二つ。

1:クレジットカードまたはデビットカードが登録に必要な事、現住所つきの本人確認書類の画像をアップロードする必要がある事

2:ドコモへのMNPは店によっては断られる可能性がある

後者はドコモと日本通信の関係からの事情です。システム的には問題ありませんが同じグループ会社なので店によっては断るとか。これは事前にショップに確認しましょう。

MNP番号はネット上で申請できます。My b-mobileから手続きができ、大体1日から5日くらいでMNPに必要な予約番号が案内されます。番号は15日間有効。

世の中にはこれを複数台繰り返してキャッシュバックを貰いまくり、iPhoneも売ってさらにウマウマという生活をしている人も。まぁこんな不健全なキャッシュバック祭りは早く規制するべきです。

ドコモのスマホの予約はオンラインショップなら機種変更の手数料が無料。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし

今まで使ってたスマホ・いらないスマホは全部Smarketに買い取って貰えばOK

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


docomo
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。生活や健康、マンガの話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて