最新ブログ iOS10.3アップデート前は必ずバックアップを。不具合があるとiPhone文鎮化やデータ消失の恐れ


ドコモのiPadmini4とiPadAir2が一括0円。でもAppleストアでSIMフリー版を買って格安SIMを入れた方が安い

docomo

ドコモオンラインショップがiPadmini4とiPadAir2を一括0円で販売中。しかし月額料金を考えると私はAppleストアでSIMフリー版を買って格安SIMで運用する事をおすすめします。

広告


2017年のホットでお得な格安SIM。節約に

お父さんやお母さん、子供のスマホ選びに。


ドコモのiPadmini4・iPadAir2が一括0円で販売中

iPadminiは名機ですねー。私はオーストラリアで買ったSIMフリーのiPadmini2を使っていますが、動画やマンガなどメディアプレイヤーとしてこれほどいいタブレットはありません。iOSデバイスの特徴であるサクサクした挙動、片手で持てるギリギリのサイズに綺麗なディスプレイ。

現在ドコモオンラインショップではiPadmini4・iPadAir2が一括0円で販売されています。しかし支払い額0円でお届けされるとはいえ、2年縛りがついてSIMロックもかかっている端末は月額料金を含めると本当に安いのでしょうか?

結論を言うとApple公式ストアでSIMフリー版を買ってWi-Fi運用、必要なら格安SIMを契約して使った方が安上がりです。タブレットなんて2年縛りで買うものじゃないですよ。見返してみるとちょうど一年前も同じ記事を書いていました。

 

ドコモオンラインショップのiPadmini4・iPadAir2の端末価格

一括0円は「端末購入サポート」という条件を適用した32GBモデルの話です。端末購入サポートは簡単に言うと12ヶ月縛り。1年以内に解約すると割り引いた料金は返してもらうよーというやつです。

iPadmini4

最低容量の32GBモデルが一括0円。64GBモデル・128GBモデルの価格はこんな感じ。

ドコモ iPadmini4の端末価格
  32GB 64GB 128GB
機種代金 65,448円 75,600円 76,464円
端末購入サポート -65,448円 -69,768円 -63,504円
端末価格 0円 5,832円 12,960円

iPadAir2

iPadAir2も同様に一括0円なのは32GBモデルのみ。64GBモデル・128GBモデルの価格は以下のとおり。

ドコモ iPadAir2の端末価格
  32GB 64GB 128GB
機種代金 64,800円 75,168円 76,816円
端末購入サポート -64,800円 -69,336円 -62,856円
端末価格 0円 5,832円 12,960円

 
機種代金は若干違いますが端末購入サポートの割引を考えればiPadmini4もiPadAir2も全容量で同価格という事です。ちなみに現在は在庫がほとんどなくなっている模様

ドコモオンラインショップでiPadmini4とiPadAir2が一括0円

 
32GBモデルのシルバー以外は軒並み全滅です。入荷も未定。32GBモデルを初期費用なしで購入したい人はドコモ公式サイトを見てみて下さい。

 

ドコモオンラインショップのiPadmini4・iPadAir2の月額料金

端末が安いのはわかったけど月額料金はいくらなの?という部分はスマホ業界では超重要ポイント。以下はタブレットのパケット定額プランの月額料金で、ここに基本料金1,836円・SPモード324円がプラスされます。

つまり月間5GBパックなら7,560円が月額料金。端末代は0円でも維持費は高いですね。

ドコモのiPadmini2・iPadAir4のパケットパック料金
ウルトラデータLパック
(月間20GB)
6,480円
データMパック
(月間5GB)
5,400円
データSパック
(月間2GB)
3,780円
シェアオプション・2台目プラス
(親回線の通信量を消費)
540円

 

1年間・2年間使った時の総コスト

データ通信契約は2年縛りで自動更新、端末購入サポートは1年縛りです。つまり最低1年間、基本的には2年間使うのが前提と言える契約になります。

iPadmini4・iPadAir2の32GBモデルを一括0円で購入した場合の1年間・2年間のランニングコストは以下の通り。先述した基本料金・SPモードの料金も含んで税込みの総額です。

ドコモのiPadmini2・iPadAir4の総コスト
  1年間 2年間
ウルトラデータLパック
(月間20GB)
113,940円 207,360円
データMパック
(月間5GB)
100,980円 181,440円
データSパック
(月間2GB)
81,540円 142,560円
シェアオプション・2台目プラス
(親回線の通信量を消費)
42,660円 64,800円

 
1年間使って解約した場合と2年間使って解約した場合が単純に倍になっていないのは、1年間で解約すると2年縛りの違約金10,260円がかかってくるためです。

またキャリアで買うという事はSIMフリー版iPadではないので半年経たなくてはSIMロックは解除できません。ドコモ系の格安SIMであればそのまま使えますが、海外のSIMカードを入れる場合はSIMロック解除が必須です。

シェアオプション・2台目プラスならなしではない

例外としてシェアオプションがあります。これは親回線のパケット量を消費するサブ契約で、合計の利用可能通信量が増える契約ではなく親回線の可能通信量を消費するタイプ。月額は基本料金とSPモードを込みにして2,700円。

一人で使う場合、つまりメインのスマホ回線契約にぶら下げる形で契約するものは「2台目プラス」と呼ばれ内容も料金も同じ月額2,700円。テザリングとは違い親回線と物理的に離れていても通信可能。

これができるなら検討してみてもいいですが、親回線の通信量を食ってスマホの料金が上がっては本末転倒ですし、1年で解約した時のみSIMフリー版をアップルから買うのと比べてわずかに安いだけ。多分この運用ができる人はスマホ関係に詳しい人です。私は面倒なのでやりませんが。

 

AppleオンラインショップでSIMフリー版を購入した方が安いです

基本的にはAppleの公式ショップで32GBモデル46,224円・128GBモデル57,024円で普通に購入した方が安いですね(ただし64GBモデルはなし)。格安SIM会社のデータ通信SIMは2年縛りもなく、月間3GBで月額は1,000円もいきません。

もちろんインターネットの速度はドコモ回線の方が優秀です。格安SIMは安い代わりに昼時を中心に通信速度は落ち込みます。しかしここまで価格に差があると何にお金を払っているのかわかりません。

タブレットはSNSやテキスト入力というよりメディアプレイヤーとして使う人が多いはず。基本的にはSIMカードを入れて通信するより自宅や職場などWi-Fi環境下で使うのに適しているでしょう。電話待ち受けもしないので常時回線に繋がっている必要性が低いわけです。

必要ならメインのスマホからテザリングで電波を飛ばせばいいですし、ガラケー+タブレットだからテザリングできないのよという人は格安SIMを入れて通信すればOK。

個人的な考えとしてタブレットをドコモ・au・ソフトバンクのキャリアで買うのはおすすめできません。回線維持費が高すぎますし、スマホ契約とは別に2年縛りなんて絶対めんどくさいですよ。スマホ単体でさえいつが契約月でいつが無料解約月か忘れるのに。

 
いくら初期費用が安いとは言え、メディアプレイヤーであるタブレットを面倒な2年縛りで買うというのは私はおすすめしません。私は節約上手を自負していますが、出費というのは利用期間の合計金額で考えるのがコツです。

初期費用として端末代はかかりますが、iPadはAppleオンラインストアで普通に買いましょう。データ通信SIMが欲しい人は以下の記事で解説している通りDTI SIMがコスパ最高。

ドコモのスマホの予約はオンラインショップなら機種変更の手数料が無料。並ぶ必要もなく24時間手続き可能。頭金もなし

同じカテゴリの前後の記事や人気記事もチェック!


広告


docomo
  • 管理人のユキガミマヤです。「わからない人にわかりやすく」をモットーにiPhone7やiOS10、FacebookやポケモンGO、格安SIMやSIMフリースマホについて書いています。海外旅行・ホテル・節約の話題も。アプリ・製品のレビューや広告の相談も受け付け中。でじねこ.comについて